くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





エアライン

PCR検査条件付きハワイ州事前検査プログラムが日本人向け開始で観光目的海外渡航が実質再開

ハワイ州事前検査プログラムが11月6日より日本時にも適用。PCR検査で陰性でハワイでの自己隔離が免除され、実質、観光目的海外渡航が再開されます。ただ、スロースタートになるものと思われ実情をまとめました。

【エアラインラウンジ】半年ぶりのANA SUITE LOUNGEを福岡空港で、サプライズも

Withコロナで長距離旅行も儘ならないですが久しぶりに福岡に日帰り旅行に。復路便の長い待ち時間に久しぶりにANAダイヤモンドサービスメンバーでANA SUITE LOUNGEを利用しました。内容の素晴らしさもよかったですが。女タイガーと呼ばれる笹生…

【ANA国際線特典航空券】 東京ーニューヨーク、ビジネス・ファーストクラスで予約の基本から実践まで

一向に終息しない新型コロナ。大坂なおみ選手の優勝を見逃した悔しさをバネに2021年の全米オープンテニス観戦を計画。ANA特典航空券の東京ーニューヨークのファーストクラス&ビジネスクラスをリベンジ予約しました。

【国際線乗りたい症候群の方への耳より情報】いったい、いつになったら海外旅行はできるのか?旧正月の中国との状況が鍵!

新型コロナ感染も国、地域で爬行色が見えてきており、経済再開のためにも日本政府は海外渡航制限の緩和に舵を取りました。中国、オースラリア他、一律の入国制限緩和や別枠緩和などで協議をしています。でも、ビジネス渡航の話で観光渡航はいつになるのか、…

【ANA国際線特典航空券】 東京ーロンドン ファーストクラスでリベンジ予約でポイントを解説

コロナ禍でせっかくのANAニューヨーク線ファーストクラス国際特典航空券をキャンセル。リベンジで来夏のロンドン線ファーストクラスのTHE Suiteを予約。その模様を実況して予約、発券のポイントをまとめました。

【ANA国際特典航空券】全米オープンテニス無観客開催に決定でファーストクラスは幻に

新型コロナウィルスに襲われたニューヨーク。全米オープンテニスの開催が危ぶまれましたが、無観客での開催に。そのため、ANAファースト、セントレジス、JWマリオットの宿泊は残念ながら幻になってしまいました。

【2015 イタリア&ロンドン 旅行記】「ローマは一日してならず」、見どころ満載で「ローマ観光は一日では足らず」

昔の旅行シリーズ第二弾、イタリア&ロンドン+ウィンブルドン観戦です。今回はコロッセオに始まり真実の口、トレビの泉、スペイン広場からヴァチカン博物館、サン・ピエトロ大聖堂とローマを色々と歩いて来ました。

【2018シドニー&メルボルン 旅行記】真夏の全豪オープンテニス観戦、錦織 圭欠場も初、大坂 なおみに熱狂

シドニー&メルボルン旅行記も今回が最後。メルボルンで開催された全豪オープンテニス。大坂なおみ選手を初観戦、他にもフェデラー、ナダルも。真夏の炎天下、朝から夜まで三日間、とことん楽しんで来ました。

【ANA】果たして、この夏のニューヨーク発ファーストクラスは実現するのか、冷静に考えてみました

新型コロナウィルスに襲われた米国も経済再開の動きに。8月にニューヨーク行きを予定していますが果たして実現できるか。ANAの運航状況、日米の入国措置、ニューヨークの感染状況、IATAの要請などをチェックした結果は赤色点滅と。

【2018シドニー&メルボルン 旅行記】メルボルン、トラム(路面電車)レストランで本格ディナー

シドニー&メルボルン旅行記三日目。シドニーからメルボルンに初カンタス航空で移動。シェラトンメルボルンにチェックインしてすぐに市内観光へ。歴史を感じる街並みでした。夜はトラムレストランで本格的なオーストラリア料理とローカルワインで大満足しました。

【2018シドニー&メルボルン 旅行記】ブルーマウンテンズ、ジェノランケーブでオーストラリアの大自然を感じる

シドニー&メルボルン旅行記二日目。ツアーで雄大な自然ブルーマウンテンズと悠久の自然のジェノランケーブへ。特に様々な種類の鍾乳石が観ることが出来る後者は200㎞と近くはないですがおすすめです。

【2018シドニー&メルボルン 旅行記】真っ青の空と海のシドニー、フィッシュ・マーケットでシーフード三昧

ステイホームでネタも切れたので2018年のシドニー&メルボルンの旅行記です。久々のJALビジネス、シャングリラホテル。そして初めてのシドニーはBIG BUSで市内観光。オペラハウス、ハーバーブリッジを周り、フィッシュ・マーケットでシーフードを堪能しました。

【頑張れ、ANA!】投資の神様、バフェット氏は米航空4社をすべて売却、新型コロナ禍後の航空ビジネスは

新型コロナウイルス禍で経営危機に見舞われている航空各社。その中、著名投資家ウォーレン・バフェット氏が保有する米国大手航空4社の株式を売却したと発表しました。他社の状況と合わせて航空業界のビジネスの変わる可能性を簡単に。

【頑張れ、ANA!】オーストラリア政府の引導でヴァージン・オーストラリアは経営破綻、大荒れの航空業界でANA、JALは

パンデミックとなった新型コロナウィルス。人の移動が制限され、航空会社は旅客が激減。豪州第2位のヴァージン・オーストラリアが経営破綻となりました。外資系という判断が政府に働いたものと思われ、特殊とは思われますが。米国、日本の航空会社の経営状況と合わせ…

【頑張れ、ANA!】プレミアム特別倍率での積算に続き、2019年達成ステイタスの延長をANAも発表

ANAは新型コロナウィルス禍の措置としてプレミアムポイントの特別倍率の積算の措置を早くに実施したが、既存のプレミアムサービスメンバーに対してステイタスの1年間延長を発表しましたので速報します。

【頑張れ、ANA!】緊急事態宣言発出下、「ANAプレミアムポイント特別倍率での積算」に修行することについて考えてみました

全国に発出された新型コロナウィルス感染拡大に対する非常事態宣言。そんな中でANAは6月30日までプレミアムポイントの2倍の措置をとっており、人の移動は自粛されるべき時期に逆行しているのではとの指摘もあります。現状についてまとめてみました。

【ANAマイル】外出自粛な今こそ「ANAのふるさと納税」で日本全国味めぐりを

新型コロナウィルスの感染拡大防止で発出された7都府県の緊急事態宣言。それを受けて外出自粛、休校となり巣ごもり状態に。もちろん、旅行にも行けませんが、そんなときこそふるさと納税で名産品を家族みんなで選んで旅行気分はどうですか。マイルも貯まるA…

【頑張れ、ANA!】新型コロナウィルス禍対策の資金確保にメドで破綻リスクは極めて限定的

ANAホールディングスが日本政策投資銀行と民間銀行に1兆3,000億円の政府保証付き融資枠を求めるとの報道が。政府保証については別にして新型コロナウィルス禍が長期化した場合の資金対策で巨額なために、破たんリスクが頭をよぎりますが、これにより最悪な事態…

【頑張れ、チャンギ空港!】シンガポール・チャンギ空港第2ターミナルが長期閉鎖もピンチはチャンス戦略

止まることを知らない、新型コロナウィルスの感染拡大。移動が困難になり、旅客数が大幅に減少。航空会社の経営に大打撃を与えています。発着回数も減少して空港にもダメージを。スカイトラックスで世界 第1位のシンガポール・チャンギ 国際空港ターミナル…

【ANA国際線】羽田空港の第2ターミナル、第3ターミナルの分け方に特徴は?

3月29日、羽田空港のANA国際線の一部が第2旅客ターミナルへお引越し。同時にANA SUITE LOUNGE、ANA LOUGE、ANA ARRAIVAL LOUNGEもオープンします。新型コロナ禍の中、終息後に行けるのを楽しみにしています。

【ANA ダイヤモンド】那覇空港、オープン1年のANA SUITE LOUNGEで沖縄を感じてきました

コロナウィルス禍の中での沖縄。観光施設の閉鎖が多く、時間を持て余し気味に。そんな中で帰路に那覇空港のANA SUITE LOUNGEを訪れましたが、沖縄を感じながらゆったりとした時間を過ごせました。

【頑張れ、ANA!】「新型コロナの影響でANA、客室乗務員5,000人休業へ」のヘッド・ラインはミスリードを招きませんか?

新型コロナウィルスの経営への影響でANAが客室乗務員5,000人を休業と報道されていますが、実態はそれほどではないようです。しかし、ANAのみならず、航空業界全体が厳しいことは間違いありませんが、会社によって置かれている状況はちょっと違うようです。

【ANA ダイヤモンド】ホノルルーダニエル・K・イノウエ国際空港、ANA SUITE LOUNGE & ANA LOUNGEにロング・ステイ

A380、フライング・ホヌ就航を機にオープンしたホノルルーダニエル・K・イノウエ国際空港のANA SUITE LOUNGE とANA LOUNGEに一番乗り。残り少ない、ハワイでの滞在時間を真新しく、フードも充実のラウンジでゆっくりと過ごせました。

【ハワイアン航空搭乗記】HA278&HA197ホノルルーカイルア・コナ、ハワイに行ったら足を伸ばして離島へも

ANAフライングホヌでホノルルへ。そのまま、ハワイアン航空でハワイ島カイルア・コナに足を伸ばしました。以前に比べ乗り継ぎも便利となり、気軽に離島に行けるようになっています。

【ANA搭乗記】NH182 フライングホヌはホノルルまで多くの夢を運んで飛びます

ANAフライングホヌに初搭乗。A380は3度目ですがビジネスクラスのシートも新しく、快適でした。ちょっとハワイ感はありませんでしたがプレミアムエコノミーは感じました。いずれにしてもフライングホヌはたくさんの夢を乗せて空を飛びます。

【ANA ダイヤモンド】成田空港のSUITE CHECK-IN、SUITE LOUNGEを初体験

初ANAダイヤモンドメンバーサービスin成田。通称ZカウンターのANA SUITE CHECK-INのゆとりの空間、ANA SUITE LOUNGEの料理群と搭乗前に充実の時間を過ごせました。

羽田エアポートガーデンはチャンギのJEWELのように大人気となるか

2020年春、羽田国際空港第三旅客ターミナルビル前に羽田エアポートガーデンが開業。二つにヴィラフォンテーヌブランドのホテルを核にの複合商業施設です。シンガポールのチャンギ国際空港にある、JEWELのRain Vortexのような目玉施設はありませんが楽しみです。

【ANA国際線特典航空券】 シカゴ・ビジネスクラス&ニューヨーク・ファーストクラス予約で悪戦苦闘、でも、やさしく解説

ANAの国際特典航空券は予約の取りずらいのが難点。しかも、往復同時ですので予約にはちょっとしたテクニックが必要です。今回、しかぼ・ビジネスクラス、ニューヨーク・ファーストクラスの予約に悪戦苦闘しながらも成功しましたので、テクニックと合わせてご案内しま…

【2019 ANA SFC&ダイヤモンド修行+プライベート 後編】ANAダイヤモンド修行解脱シンガポール航空21時間フライトが印象ナンバー1

2019年39レグ114,136マイルと地球4周半分も飛びました。シンガポール航空の世界最長フライトANAダイヤモンド修行解脱が印象に最も残ったフライトに。他にも色々と体験できてとても有意義な1年でした。

【2019 ANA SFC&ダイヤモンド修行+プライベート 前編】全39レグを振り返って、印象に残るフライトトップ5を選んでみました

2019年の全39レグを振り返って。特に印象に残るフライトをピックアップ。香港エクスプレス、エアーアジア、ANAにシンガポール航空。LCCにエコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスと。とても貴重な体験が出来ました。