くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

テニス好きには是非とも行って欲しい!海外テニストーナメントのポイント!

 

 

こんにちは、くうの親父です。

今年は1月の全豪オープンと10月の上海ロレックス・マスターズを観に行って来ました。

3年前にはウィンブルドン選手権にも。

 

海外のテニストーナメントなんて高いんじゃない、チケット取れないんじゃないと思われるテニスファンの方が多いと思いますがこれが結構、敷居は高くないんです。観光もすれば一粒で二度美味しいです。

 

一人でも多くの人に体験して欲しいので、これから書いて行きます。

今日はまず、良かったヨ~という所と、☟ちょっとね~という所をポイントで!

 

ィンブルドンテニス選手権

皆さんもご存知のグランドスラムの最高峰です。

毎年、6月下旬にイギリスのロンドン郊外で行われます。2015年に行って来ました。

 

☝良かったヨ~

・一晩、キャンピングすればセンターコートの前列で(前売りよりも良い席です。親父はコートサイド6列目でした\(^o^)/)観戦できます!テントは道路挟んでのウィンブルドンパーク。下は芝生で食事も売店やスーパーがあって困りません。

・チケットはセンターコードコートでも1万円半ば(当時)っとそんなに高くありません。

ウィンブルドンパークにはテニスコートもたくさんあり、やろうと思えばオールイングランド・ローンテニス・アンド・クロケー・クラブの向かいでテニスができます(やってる人はいませんでしたが。

・日没が遅いので(22時くらい)、ナイトセッションがないので、センターコートが割安です。

 

☟ちょっとな~

・グランドチケット以外のコートの指定席はまず、前売りで取れません。

・天気が不安定です。行った年は晴天に恵まれましたが、朝はメチャ冷え込みます。さすが、一日で四季がある国です。

・一晩並べばセンターコートで観戦できますが、一日おきになるので、巡り合わせが悪いとお目当ての選手の応援が出来ません。

・物価が高いです。

・日本から遠いです✈

f:id:qoo-mile:20181123213933j:plain

 

 

全豪オープンテニス

今年の1月に行ってきました。

オーストラリア第二の都市、メルボルンで行われます。

この大会はとにかく、エンジョイできます。

 

☝良かったヨ~

・時差が日本と一時間しかなく、しかも、そんなに遠くないのでからだが楽です。親父も楽でした(笑)

・チケットが発売開始間もなくなら、HPで簡単に予約できます!

メルボルンの市内から歩いてでも行けます。夜遅くなってもそんなに危なくありません。

・物価もそんなに高くなく、開催されるメルボルン・パークへの路面電車も大会中は無料です。

 

☟ちょっとな~

・南半球なので真夏です。席によっては地獄です(親父も焼けましたがビールが進みます)。夜は冷え込みますが。チケット予約サイトではシートマップが日向か日陰かわかるようになっていて、料金も違ったような。

売店は多いのですが、観客がとにかく多くて、長時間並びます。

・ナイトセッションの終わりが0時を過ぎることがあります(まあ、安全ですが)。

f:id:qoo-mile:20181123213509j:plain

 

 

上海ロレックス・マスターズ

今年の10月に行ってきました。

グランドスラム(四大大会)の次にランクする、9試合のATPワールドツアー・マスターズ1000の8戦目です。

 

☝良かったヨ~

・前半はメチャクチャ空いてます。メインコートで試合の終わった選手と交われます。(負けた選手は難しいですが...)親父はチチパス(ギリシャ)が撮れました。

・沖縄の先で約3時間のフライトで近くて肉体的にとても楽です。

・今回お世話になった代理店、CHINA8のサービスが最高です!

 

☟ちょっとな~

・さすが中国。メインコートでロー・ランキングの中国人選手同士の組み合わせをやります(帰りましたが...)。

・コートの周りに何もなく、市内に帰るのが一苦労です(ハイヤーを頼みました。怪しかったですが)。

・観客のマナーがちょっと。プレー中に携帯で話す人も。でも、それも一部で言われてているほどではなかったですね。

試合会場に入る前のダフ屋の数が半端ありません。まあ、相手にしなけらば良いだけですが。40年前の後楽園球場の比じゃないですね。

f:id:qoo-mile:20181123221030j:plain

 

 

ちなみに2019年は5月の全仏オープン(パリ)、10月のWTAツアー・ファイナルズ(中国・深圳)に行く予定です。

 

まずは直近に行った、上海ロレックス・マスターズからレポートしますのでご一読頂けたら幸いです。では。