くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【ANA ダイヤモンド】SQ A350-900ULR+ANA NY発券のダイヤモンド修行プラン

こんにちは、くうの親父です。

 

2月にANA プラチナステータスを達成しましたが、日に日にダイヤモンドステータスへのチャレンジ心が湧いて。

しかし、それには上さんの許しをもらわなければならず、時間、経済的負担と完璧?なプランニングが必須です。

そのためには海外発券で効率良くが必勝法であり、今回はシンガポール航空(SQ)の東京⇔ニューヨーク、ANAのニューヨーク⇔東京⇔バンコクでプランニングしてみました。

 

SQ 東京⇔シンガポール⇔ニューヨーク

f:id:qoo-mile:20190429082545p:plain

(出所 シンガポール航空 HP)

海外発券へのアクセス

海外発券の運賃が日本発券のチケットよりも割安なのは航空会社の営業戦略によるものであり、これを如何に使いこなすかが修行には重要なポイントです。

有名なのは東南アジア発券ですが、ニューヨーク発アジア方面のANAプレミアムエコノミーが割安とのdantraさんのこちらのブログを読んで「このチャンス?を生かせねば」と思った次第です。

 

www.dangan-lucky.com


しかし、こちらを利用するためにはニューヨークに飛ばねばなりません。

方法としてはまずは特典航空券となりますが、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスは予約が困難。エコノミークラスはこの搭乗時間ではきつい。直行便の有償航空券はちょっとお財布が痛い。

出来たら時間を有効に使いたいのでプレミアムポイント(PP)の獲得出来る、スターアライアンスメンバーの航空会社の有償航空券をと探していたら、「SQ東京(HND、NRT)⇔ニューヨーク(EWR)のプロモーションがあるじゃないか!」と気が付きました。

 

チケット概要

・クラス プレミアムエコノミー

・運賃 212,320円

区間マイル 25,716マイル(NRT⇔SIN 6,658マイル、SIN⇔EWR 19,058マイル) 

・獲得マイル 25,716マイル

・プレミアムポイント 27,316PP(獲得マイル+400×4回搭乗)

・旅行期間 2020年3月31日まで

・発着はニューヨークでもジョンFケネディ空港(JFK)では無く、ニューアーク(EWR)になります。

 

f:id:qoo-mile:20190429100057p:plain

 

SQ HND、NRT⇔SIN

SQの東京⇔シンガポールは羽田発が3便、成田発3便と本数が多く、出発時刻の選択肢がとても豊富です。

そのため、シンガポールで乗継時間を長めに取ってシンガポール市内観光も可能です。

また、今回のプランニングにあるSQ637便 11:10 成田発は生産中止となったものの二階建てA380-800と話題性のあるフライトになります。

f:id:qoo-mile:20190429094733p:plain

(出所 シンガポール航空 HP)

 

SQ SIN⇔EWR

こちらは2018年から再開した世界最長の航続距離約15,300キロを誇るフライトになります。

実際のフライト時間は18時間もあり、なんと1日の2/3も機内にいることになります。

そのため使用されるA350-900ULRですが通常は253人乗りのところをエコノミークラス抜きの161人乗り(ビジネスクラス 67人、プレミアムエコノミークラス 94人)と居住性を追及しています。

フライト時間から考えると少し身構えてしまいますが、親父はこれよりも少し短いシンガポール⇔ロサンゼルスのSQ37便、38便のプレミアムクラスに搭乗しましたが、よく呑み、よく食べ、よく寝ましたのでそんなには苦痛ではなかったです。

 

 

www.qoo-mile.site

 

www.qoo-mile.site

 

SQ21、22は3ルート

小ネタですが実際に使用している飛行ルートは3つあるんですね。

①太平洋北部ルート

f:id:qoo-mile:20190426165317p:plain

 

②中国、モンゴル、ロシア、北極海グリーンランドルート

f:id:qoo-mile:20190426154003p:plain

 

③大西洋、ヨーロッパ、中東、インドルート

f:id:qoo-mile:20190426154024p:plain

 

当日の天候状態(ジェット気流)で決定されると思われますが、①はSIN>EWRで使われることがほとんどのようで、SIN>LAXでもこれと途中まで同じルートで、日本列島をかすめて飛びます。

②、③はEWR>SINで使われてる感じですか。

個人的にはどうせなら③で景色を楽しみたいですね。

f:id:qoo-mile:20190429104454p:plain

(出所 U.S.A.ANA HP)

ANA ニューヨーク⇔東京⇔バンコク

運賃の安さだけでなくストップオーバーの利便性も魅力

こちらでは海外発券の安さを十分に享受できますが、最安のプレミアムエコノミークラスのPPの付与率は70%、アップグレード不可となっています。

が、100%、アップグレード可能となると運賃が倍近くに跳ね上がりますのでこの区間は我慢。

また、東京でストップオーバー(途中降機)することでTYO>SIN>EWR、JFK>TYOで旅程を一回区切り、TYO>BKK>TYO、そしてTYO>JFK、EWR>SIN>TYOと3つに旅程を分けられ三連休+有休のイメージで長期休暇が不要になります。

 

東南アジア選び放題

バンコクだけでなく、クアラルンプール、シンガポールなど東南アジア各国でも同じような運賃でのプランニングが可能です。

f:id:qoo-mile:20190426153917p:plain

f:id:qoo-mile:20190426153926p:plain

f:id:qoo-mile:20190426153935p:plain

 

東南アジアへは敢えてエコノミークラスに変更

完全にdantraさんの受け売りになってしまいますが、東南アジアへは予約クラスNのプレミアムエコノミーから予約Bのエコノミークラスに変更しましょう。

変更料金はほとんど無くて獲得マイルは3,915マイルから5,594マイル、PPは3,412Pから4,703Pと大幅にアップします。

f:id:qoo-mile:20190429112429p:plain

f:id:qoo-mile:20190429112446p:plain

 

席のクラスは落ちてしまいますが、予約クラスBはアップグレード可能運賃です。

プラチナステイタス(事前サービス期間中も含む)以上は搭乗時に空席があれば追加料金なしでプレミアムエコノミーにアップグレード、アップグレードポイント8ポイントでビジネスクラスにアップグレード、18,000マイルでビジネスクラスにアップグレードが可能です。

f:id:qoo-mile:20190429121002p:plain

(出所 タイ国政府観光庁 HP)

旅程

プラン バンコクで計算すると、

SQ分 PP 27,316P、運賃 212,320円、PP単価 @7.7円

ANA分 PP 19,618P、運賃 165,560円、PP単価 @8.4円

合計 PP46,934、運賃 377,880円、PP単価 @8.0円とまずまずのパフォーマンスです。

ANA SFC修行を始めようと考えている方にも魅力的ではないでしょうか。

f:id:qoo-mile:20190426165301p:plain

まとめ

現在、PPは60,000P強ありますのでダイヤモンドステータスは十分に達成できます。

加えて、二階建てのA380-800に世界最長フライトのA350-900ULR、そして大都会ニューヨークとバンコクの寺院群と内容充実のプランかと。

ちなみに、一回目ニューヨークは全米テニスオープンが開催中です。

やはり、ここまで来たらというのが諸先輩方と同様でして。

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ご意見、間違え等のご指摘を頂けたら、幸いです。

 

P.S.お願い

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、当ブログのグローバルナビゲーションが上手く機動しません。メニューの「エアライン」以下のURLの入力しても紐づけできません。

お分かりになる方、ご教示いただけませんか。

よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村