くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【オーストリア航空 搭乗記】OS414便 パリ>ウィーン、OS51便 ウィーン>成田 ビジネスクラスはフライングシェフが奮闘中

こんにちは、くうの親父です。

先日行った、アルプス+全仏オープン旅行の復路はオーストリア航空にパリ発、ウィーン乗継、成田と搭乗しました。

無償特典航空券でANAの直行便の予約ができずでしたが、オーストリア航空は初フライトで楽しみに。

簡単なものになってしまいましたが、レポートします。

 

【お詫び】

今回の旅行でスマートフォンで途中から使用したマイクロSDカードが読み取りが出来なくなり、Wifiがつながらなかった復路の写真がお釈迦になってしまいました。

そのため、残念ながら写真が極端に少ないものとなってしまいました。

 

 

EUビジネスクラスは当然、なんちゃってシートです

ホテルからシャルルドゴール空港へはタクシーで。57EURとそれほど高くはありません。が、エトワール凱旋門を囲む、シャルルドゴール広場のラウンドアバウト5本の道が集まり、何車線あるかわからない状態でしかも激混みでタクシードライバーの技術に感心しました。

 

復路の1st.フライトはOS414便、パリ・シャルルドゴール(CDG)13:45>オーストリア・ウィーン(VIE)15:45、エアバス320になります。

シート配列は3-3でビジネスクラスは3のうちの真ん中使わずの「なんちゃってビジネス」でした。

まあ、2時間弱、わずか519㎞のフライトですから、しょうがないですね。

f:id:qoo-mile:20190713041240j:plain

 

オーストリア航空の客室乗務員さんはコーポレート・カラーの赤一色。

制服からストッキング、パンプスまで真っ赤です。

 

機内食ビーフラザニア(すみません、料理に疎くて名前がわかりません)でトマトソースのしっかりした味付けで美味しかったです。

オーストリア・白ワインをやたらCAさんが勧めてくれまして、酔ってしあいました。

f:id:qoo-mile:20190713041253j:plain

 

そんな間に、ウィーン郊外の田園地帯風景が見えてきました。中央ヨーロッパはのんびりとしてますね~。

環境配慮のヨーロッパらしく、あちこちに風力発電所がありました。

f:id:qoo-mile:20190713041314j:plain
f:id:qoo-mile:20190713041303j:plain

 

ドイツとスイスの国境を東に飛んいたんですね。

ヨーロッパ大陸の国の位置感は難しいです。

f:id:qoo-mile:20190712112212p:plain

 

ウィーン空港でシェンゲン協定域外となります

ブリュッセルで入ったシェンゲンエリアからウィーンで出地域(?)手続きとなります。

空港内の免税店で一番、インパクトがあったのはやはり、ウィーン古典派三大巨匠の一人ウォルフガング・アマデウスモーツァルトのチョコレートです(買いませんでしたが)。

f:id:qoo-mile:20190713041340j:plain
f:id:qoo-mile:20190713041348j:plain

 

 非シェンゲン&国際線のGエリアまで、結構あります。

なんとかビジネスラウンジに辿り着きました。

f:id:qoo-mile:20190713211911p:plain

(出所 オーストリア航空 HP) 

地ビールオーストリアワインは嬉しかったですが、フードはそんなにありません。

まあ、このあと機内でガチっとサービスされますからね。

 

長距離便にはオーストリア航空名物、フライングシェフが

復路の2ndフライトはOS51便、ウィーン(VIE)17:45>東京・成田(NRT)11:55、ボーイング777-200になります。

フライト時間は11時間10分、9,649㎞のフライトになります。

f:id:qoo-mile:20190713041400j:plain

 

親父達のシートは並びです。

f:id:qoo-mile:20190713041411j:plain

 

当然、シートはフルフラットになります。

f:id:qoo-mile:20190713041421j:plain

 

が、両サイドのシート配置は2人並び、1人、2人並び...となっています。

1人だと窓はちょっと遠いですが、王様シートです(笑)。

f:id:qoo-mile:20190712112423p:plain

小物入れにアメニティのポーチが。

装飾がオーストリアしています。

f:id:qoo-mile:20190713041431j:plain

 

搭乗して着席した乗客一人一人にフライングシェフがメニューを配ります。f:id:qoo-mile:20190713041446j:plain

 

滑走路に向かって動き初めてもシェフがメインのオーダーを取り続けていたのには驚きました。

f:id:qoo-mile:20190712112435p:plain

(出所 オーストリア航空 HP)

 

前菜はCAさんがワゴンサービスでサービスされます。

次にスープが一人一人にチューリンからサービスされます。

エンドー豆のクリーミーソースの写真だけ、上さんが撮っていました。

f:id:qoo-mile:20190713041521j:plain


メインは上さんが和食の牛肉しゃぶしゃぶ風、親父は子羊のスネ肉の蒸し焼き

子羊とは思えない、ボリューミーでしたが出されたものはすべて食べる主義なので、気絶しそうでした。

 

その後、フルーツ、チーズ、デザートがワゴンでサービスされ、いよいよ、オーストリア名物、コーヒーのサービスです。

 

親父はFIAKER(コニャックとホイップクリームを加えグラスで供される魅惑のブラックコーヒー)をオーダー。

クリームのほのかな甘さと独特のコニャックの苦みが混じり合った、絶妙なハーモニーを味わえました。

f:id:qoo-mile:20190713221108j:plain

 

到着の前に朝食がはじまりましたが、ハムとチーズのオムレツはまたもや、シェフが個別にサービス。本当に忙いしですね。

 

飛行経路はロシアの南端と一般的な欧州線とは異なります。

f:id:qoo-mile:20190712112445p:plain

 

まとめ

初めてのオーストリア航空

SKYTRAX社の格付けで7年連続「5スター」を受賞するANAも良いですが、往路のEU域内で利用したブリュッセル航空と合わせて、搭乗する機会のあまりない航空会社を利用するのは経験になってとても楽しいですね。

それにしてもフライングシェフは大忙しでした。

成田に着陸の準備に入るとビジネスクラスの乗客のシートベルトの着用のチェックまでしていましたので。ステータスは客室常務員なんでしょう。

 

今回は往復の空路がビジネスクラス。ホテルはジュネーヴもパリも五つ星のラグジュアリーなホテルと贅沢な旅行でした。

しかし、航空券はマイルので無償、ホテルはジュネーブはLINEトラベルの20%ポイント付与で実質40%オフ、パリはMARRIOTT BONVOYの一部購入だったもののポイントでと驚く程、負担は少なかったです。ポイ活のおかげですね。

 

筆不精なもので旅行から戻り、1か月半でようやくブログを書き終えました。

今回も、肝心な写真が少なめにも関わらず、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site