くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【ANA国際線特典航空券】 シカゴ・ビジネスクラス&ニューヨーク・ファーストクラス予約で悪戦苦闘、でも、やさしく解説

こんにちは、くうの親父です。

 

この夏に観戦グランドスラム達成の全米オープンテニス観戦&ナイアガラの滝観光を計画。

それを実現のために必ずパスしなければならないのがANA国際特典航空券の予約。

しかも、距離と年齢からビジネスクラス以上の上級クラスは必須。

特に上さんには一度はファーストクラスを楽しんで貰いたくて。

特典航空券の予約が難しいとの評判のANA

その悪戦苦闘の模様を特典航空券の予約方法を解説しながらご報告します。

f:id:qoo-mile:20191005161649j:plain

 

  

 

ANA国際特典航空券の予約の必須ポイント 

ANA国際特典航空券の予約に当たっては何点かの重要なポイントがあります。

 

申込開始は復路便の355日前午前9時から

旅程の復路搭乗日の355日前(出発日を含まず)午前9時(日本時間)から。

ANAの場合は往復での同時申込、発券が必要です。

(JALは往路、復路それぞれの発券が可能です)

 

(例)

ANAは東京-ニューヨーク間には1日2往復就航しています。

例えば東京を12月14日(出国日)に出発するとニューヨークには時差の関係で同日の12月14日に到着。

当然のこと、翌日の12月15日(出国日+1)にはNH009NH109のいずれの便でも東京に戻れます。

 

 ホームページでも特典航空券も往路、復路とも2便ずつ表示され、往路便、復路便の組み合わせは自由です。

しかし、これだと12月15日の復路便の予約開始日12月26日まで往路便も予約が出来ず、先約が入ってしまう可能性が大きいです。

f:id:qoo-mile:20200107194320p:plain

 

次に12月14日の出発(出国日)ではニューヨークに到着するのが、同日の12月14日のNH110が09:00、NH010が15:10ですので早いNH110でも到着からNH009の出発まで1時間45分ので搭乗は実際、不可能。NH010だと到着とNH009は空の上ですし、NH109にも時間の余裕がありません。

したがって、HPではNH110とNH109の超弾丸の組み合わせしか表示されていません。

f:id:qoo-mile:20200107194502p:plain

 一旦、これで予約して復路便を目的の日まで変更していくことになります。

 

空席待ちは片道につき1便のみ

預かりになる空席待ちは片道1便のみで、複数便は出来ません。

空席待ちをするなら人気のある便、そうでもない便を見極める必要があります。

 

既に座席が確保できている便がある場合は空席待ちができません

取り敢えず席を確保しておいて、出来たらこちらがといったように空席待ちはできません。

 

変更ではなくキャンセル扱いとなる場合

発券後、以下のような場合には全行程がキャンセルの扱い(払戻手数料 3,000マイル)が取られ、のちに再予約となります。尚、キャンセル時に空席待ちがあった場合にはそちらが優先されます。

・搭乗者およびマイル提供者の名義変更

・航空会社・搭乗者・区間・経由地・クラスの変更

 

連日、毎朝9時にコツコツと予約変更の繰り返し

まずはルートを確定

取り敢えず、「ナイアガラの滝観光と全米オープンテニス観戦をファーストクラスで」をテーマとして2020年8月24日(月)、全米オープンテニス開幕の予定なのでその前の東京発で旅程を組みました。

f:id:qoo-mile:20200107195734p:plain

 (出所 MARRIOTT  BONVOY HP)

 

まず、訪れるのはナイアガラの滝。

ナイアガラの滝の最寄りの都市トロントには二つ空港がありますが、メインはトロント・ピアソン国際空港(YYZ)になります。

こちらにはスターアライアンスメンバーのエア・カナダが羽田から直行便を就航していますが、ビジネスクラスや直行便での特典航空券の設定はありません。

ANAシカゴ・オヘア国際空港(ORD)まで、そこで乗り継いでトロントに。

ナイアガラの滝観光後、トロントからニューヨークに飛び、テニス観戦が終わったらニューヨークからANAのファーストクラスで帰国というプランを決定しました。

 

予約の戦略を策定

東京→シカゴ、ニューヨーク→東京の運航スケジュールは以下の通りでです。

f:id:qoo-mile:20200106152138p:plain

 

国際線の特典航空券確保の段取りはこちらです。

【予約・発券戦略】

①予約開始日に往路便はNH012・東京→シカゴ、復路便は出国日と同日のNH109・ニューヨーク→東京で予約、発券。

②翌日にNH109を出国日+1のNH009かNH109に変更。

③翌々日以降、これを繰り返す。

 

予約開始日の数日前から予約開始の9時にインターネットで東京(HND/NRT)→シカゴ(ORD)、ニューヨーク(JFK)→HND/NRTのファーストクラスとビジネスクラス争奪合戦の状況をチェック。

そこでわかったのが、HND/NRT→ORDのファーストクラスの特典航空券の枠はおそらく1席だということ。

これで行きはビジネスクラス、帰りはファーストクラスでトライすることを決定。

予約開始当日に備えます。

 

【必要マイルの計算】

8月24日出発ははR(レギュラーシーズン)になります。

シカゴ、ニューヨークは北米(ZONE6)

往復でC(ビジネスクラス)が85,000マイル、F(ファーストクラス)が150,000マイルとなりますので、往路がビジネスクラス、復路がファーストクラスだと、

85,000マイル/2+150,000マイル/2=117,500マイル

二人ですので合計235,000マイルと往復ファーストクラス300,000マイルよりは心持ち、気分が楽です。

f:id:qoo-mile:20200107200658p:plain

 

 

予約当日、実践!! 

当日、ホームページで複数都市・クラス混在から行き、帰り同日でNH012(ビジネスクラス)、NH109(ファーストクラス)を暫定的に予約します。

NH012のシカゴ到着が14:55ですのでニューヨーク10:45発のNH009は予約できず、18:15発のNH109のみが予約可能(これでも果たしてこの便に搭乗出来るかわかりませんが)ですので帰国便に選択肢はありません。

 

1.ホープページにログインしてから予約を開始

ANAマイレージバンクANA国際線③特典航空券予約を選択。

f:id:qoo-mile:20200107202735p:plain

 

2-1.フライト検索

④複数都市・クラス混在を選択。

f:id:qoo-mile:20200107204627p:plain

 

2-2.フライト検索

⑤日程、旅程⑥人数を選択して検索

f:id:qoo-mile:20200107205105p:plain

 

2-3.フライト検索

区間1はビジネスクラスを選択

f:id:qoo-mile:20200107205503p:plain

 

2-4.フライト検索

区間2はファーストクラスを選択

f:id:qoo-mile:20200107210125p:plain

 

これで予約できましたので、あとは3.お客様情報4.お支払い情報を入力して5.完了します。

f:id:qoo-mile:20200107210319p:plain

 

コツコツ、復路(帰国便)をずらしていきます 

次のステップは帰国便を1日ずつ伸ばしていきます。

翌日、9時の予約開始時間にホームページで区間2を次の日のフライトに変更します。

 

1.ホープページにログインしてから変更を開始

ANAマイレージバンクANA国際線③予約確認・変更を選択。

f:id:qoo-mile:20200107211046p:plain

 

2.予約の一覧からフライトを詳細で選択

f:id:qoo-mile:20200107212704p:plain

f:id:qoo-mile:20200107213525p:plain

 

3.フライトで予約変更を選択

f:id:qoo-mile:20200107214344p:plain

 

4.フライト検索で区間2を選択して出発日を入力し検索する

f:id:qoo-mile:20200107215306p:plain

 

5.フライトを選択します

このあとは支払い情報を入力して完了します。

f:id:qoo-mile:20200107220021p:plain


困ったときにはプラチナメンバー専用サービスデスクのオペレーターさんいに相談

これを数日続けて、予定した日程を確保して満足していましたが、とんでもないことに。

 

全米オープンテニスの開催日程が変わっていて努力も水の泡で急遽、ワシントン便に

数日後、何気なくATP(米国テニス協会)のホームページを見たら全米オープンの日程がなんと一週間ずれているではないですか。

変更か訂正が有ったのか、はたまた、親父が見間違えたのか(おそらくこっち)。どちらかわかりませんが目の前が真っ暗に。

でも、動揺している暇はありません。

 

ホームページをチェックするも予約開始日を過ぎているので往路のシカゴ便・ビジネスクラスに空きは有るもの復路のニューヨーク便・ファーストクラスに空席がありません(ビジネスクラスにはありましたが)。

 

しかし、ワシントン発ファーストクラスに空きが2席空いていたのでそちらに変更しようとしましたが、プラチナメンバー専用サービスデスクのオペレーターさんに電話をして相談したら区間変更はキャンセルとなります。」と。

そのまま、オペレーターさんに東京→シカゴ・ビジネスクラス、ワシントン→東京・ファーストクラスを予約、すでに予約してある航空券をキャンセルして貰いました。

尚、キャンセルには1人3,000マイル(特典航空券4円換算で12,000円の価値)のチャージが発生してしまいました。

ちなみにJALは3,000マイルか3,000円の選択になります。

 

結局、ニューヨーク便に戻すことに

数回、復路のワシントン便の日程変更をしましたが、ニューヨーク便のファーストクラスに空席を発見。

 

再度、プラチナメンバー専用サービスデスクに電話してオペレーターさんに往路のシカゴ便をそのままにニューヨーク便を予約出来ないかと相談したところ、

「全行程をキャンセルして再予約となりので、行きのシカゴ便もキャンセルとなり、空席待ちの方がいるとそちらに席が流れてしまいます。」と。

状況を認識しながらの進めなければならないため、オペレーターさんと相談しながら手続きを進めます。

幸いにしてキャンセル持ちの方がいませんでしたので、シカゴIN、ニューヨークOUTに無事に逆戻りすることが出来ました。

 

ただ、キャンセルになりますので1人あたり3,000マイルのキャンセルチャージがまた、発生。合計12,000マイルと痛かったです。

 

まとめ

ドタバタしてキャンセルチャージも発生したことで割高となってしまいましたが、夢のファーストクラスをゲット。

しかも、ニューヨク線には昨年から一部の便に新212席のB777-300ERが投入され、ファーストクラスも最新のTHE Suiteに。

順次、使用する便を拡大していくとのことですのでとても楽しみです。

f:id:qoo-mile:20200107222120p:plain

 

区間2の帰国便のファーストクラスだけでも50万円以上ととても自分の財布では搭乗出来ない金額。

これを無償特典航空券で搭乗出来てしまうので陸マイラー活動に感謝です。

 

本日も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この修行については順次、アップしていきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村