くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【ハワイアン航空搭乗記】HA278&HA197ホノルルーカイルア・コナ、ハワイに行ったら足を伸ばして離島へも

こんにちは、くうの親父です。

家族3人でのハワイ旅行。

 

大自然のハワイ島とワイキキの旅、6泊8日】

第1日

成田空港、ANA SUITE CHECK-INとANA SUITE LOUNGE

【ANA搭乗記】NH182 フライングホヌ ビジネスクラス&プレミアムエコノミークラス

【ハワイアン航空搭乗記】ホノルルーカイルア・コナ ◀今回はこちらです

【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】ワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ 前編~部屋はプチ・アップグレード

【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】ワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ 後編 ~ウェルカムギフトは朝食をチョイス

【食べ歩記】ワイコロア・ビーチ「LAVA LAVA BEACH CLUB」

 

第2日

【旅行記】マウナケア山、星空観測と頂上からのサンライズ

【食べ歩記】ワイコロア・ビーチ、クイーンズマーケット・プレイス「Charley's Thai Cuisine」

 

第3日

【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】マウナケア・ビーチ・ホテル 前編~オーシャンビューに部屋はアップグレード

〇【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】マウナケア・ビーチ・ホテル 後編~ウェルカムギフトは「MANTA」の朝食をチョイス

〇【旅行記】はるばるドライブでキラウエア火山

 

第4日

〇【名門ゴルフコース】マウナケア・ケア・ゴルフ・コース

 

第5日

〇【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】ロイヤルハワイアン,ラグジュアリーコレクションリゾート,ワイキキ~上さん憧れのピンクパレスでマイラニ・タワーにアップグレード 前編

〇【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】ロイヤルハワイアン,ラグジュアリーコレクションリゾート,ワイキキ 後編

〇【食べ歩記】「Chart House WAIKIKI」

 

第6日

〇【ゴルフ名門コース】「Waialae Country Club」

 

第7日

〇ホノルル空港、ANA SUITE LOUNGE&ANA LOUNGE 

今回は行ったことのないハワイ島への遠征を企画。

ANA特典航空券ではホノルルまでしか行けませんので、その先はハワイアン航空の利用となります。


ホノルル・ダニエル・K・イノウエ国際空港での乗り継ぎの方法をメインにレポートします。

 

 

ハワイアン航空とは

www.hawaiianairlines.co.jp

日本へのアクセス多数

2010年10月にホノルルー羽田線を就航して日本に初進出。

現在はホノルルー羽田成田関西新千歳福岡コナー羽田を結び、すっかり日本人のハワイへの足となっています。

過去にはANAと提携していましたが2018年にJALと業務提携。したがって、スターアライアンスメンバーのANAの特典航空券に加えてということはできません。

 

ハワイではバス感覚のハワイアン航空 

ハワイアン航空は子会社のオハナ航空とハワイ6島を隈なく結んでいます。

f:id:qoo-mile:20200128055400p:plain

(出所 ハワイアン航空 HP)

 

ホノルル国際空港からカイルア・コナ国際空港へは朝の5時から夜の20時まで合計18便、1時間当たり1本以上飛んでいます。

時間帯 5時~ 6時~ 7時~ 8時~ 9時~ 10時~ 11時~ 12時~
便数 1 2 1 1 2 1 1 1
時間帯 13時~ 14時~ 15時~ 16時~ 17時~ 18時~ 19時~ 20時~
便数 1 1 1 1 1 1 1 1

 

25年前にマウイ島に行く時に初めて搭乗したときは搭乗券だけ受け取って搭乗する便は未定。

搭乗口に並んで乗れる便に乗るという感じで、バスの停留所のようでした。

 

ちなみに昔は丸の内のハワイアン航空の事務所で発券していましたが、今はネットで完結。

運賃は往復で1万円半ば、便によっては1万円を切るものも。とてもお手頃です。

f:id:qoo-mile:20200129044342j:plain

 

成田のANAのチェックインで搭乗券が発券されます

成田のANA SUITE CHECK-INでのチェックイン時にカウンターの方に「ホノルルから先の乗り継ぎはございますか?」と。

ハワイアン航空のEチケットを提示したところハワイアン航空分の搭乗券も発券して頂けました。

ANAハワイアン航空はアライアンスを組んではいませんが、予約データは共有しているでしょうね。便利な世の中になったもんです。

f:id:qoo-mile:20200125012155j:plain

 

今回は往路のホノルル乗り継ぎで3時間のインターバルを置きました。

【旅程】 

  便名 出発 到着
往路 NH182 成田 21:30 ホノルル 09:20
HA278 ホノルル 12:21 カイルア・コナ 13:12
復路 HA197 カイルア・コナ 10:49 ホノルル 11:35
NH183 ホノルル 11:30 成田 15:55

 

ホノルル空港での乗り継ぎは至って簡単

ホノルルには予定時刻よりも早くに到着。

(すみません、写真が無くて)

 

①到着のターミナル2のエバーコンコースC4ゲートから入国審査まで10分以上掛けて歩いて行きます。

f:id:qoo-mile:20200128055336p:plain

(出所 ANA HP)

 

②入国審査を受けます。以前は到着の集中もあって1時間近くは掛かりましたが、機械化も進み30分弱で済みました。

 

③バッゲージクレイムで預け入り荷物を受け取ります。

待つこと5~6分でダイヤモンドメンバーサービスの預け入れ手荷物の優先受け取りの威力発揮で真っ先にターンテーブルに現れました。

 

④申告するものもありませんので税関をスルーします。

止められることはまあ、ないですね。時間は掛りません。

 

⑤出口に向かって左側にハワイアン航空の手荷物カウンターがあるので預け入れます。こちらも数分で終了です。

但し、すでにハワイアン航空の搭乗券が発券されていることが必要です。

 

⑥ターミナルの外に出て2階に上がり、左手に見えるターミナル1に歩いて向かいます。

歩道を進んで暑いですがわずか2~3分です。

 

ターミナル1に着くとハワイアン航空のチェックインカウンターに並ぶ列がありますが、右にスルーするとセキュリティチェックをするカウンターに並ぶ列があります。

こはちょっと時間が掛かり20分位要しました。

 

⑧すぐに保安検査場があり、手荷物検査と身体検査で5分も掛からず、無事に制下エリアに入れました。

 

乗り継ぎに要した時間はトータルで1時間程度。

多少の日本からのフライトの遅延を勘案して余裕を持っても2時間程度で乗り継ぎは完了です。

但し、成田(羽田)でハワイアン航空分の搭乗券の発券を済ませることですが必須です。

 

ハワイアン航空搭乗で気軽にハワイ島にアプローチ

The Plumeria Loungeでゆっくり

余裕を見過ぎたために搭乗時間まで2時間近くはありました。

ここで役立つのがプライオリティパス

ハワイアン航空での座席はエコノミークラスでしたがビジネスクラスThe Plumeria Loungeを利用することが出来ました。

f:id:qoo-mile:20200129044641j:plain

 

スペースはそれほどには大きくありませんが、便の間隔が狭いので利用者の回転が早く、全ての席が埋まることはありませんでした。

f:id:qoo-mile:20200129044737j:plain

 

食事はクロワッサンサンドイッチ、キムチ風カップラーメン。

サンドイッチはきちんと調理してみずみずしく、美味しかったです。

f:id:qoo-mile:20200129044823j:plain

 

ドリンクはソフトドリンクの他にも冷蔵庫にローカルビール、テーブルの上に赤白ワインのアルコールも。

f:id:qoo-mile:20200129044854j:plain

 

実は運転免許証を日本に忘れ、不携帯で運転をしなければならない可能性もあったので、こちらでは飲酒は自粛しました。

 

時間を持て余して早目に搭乗口へ。

待合室内は雀たちがわがもの顔でお菓子のクズなどを狙い、完全に住みついています。

搭乗案内の掲示板の上が鳥が留まれないようになっています。

f:id:qoo-mile:20200129044920j:plain

(写真がボケててこちらもすみません)

 

フライト概要

便名 HA278

出発 12:21 ホノルル・ダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)着

到着 13:34 エリソン・オニヅカ・コナ国際空港(KOA)

機種 ボーイング717-200(B712)

飛行距離 174マイル(280㎞)

飛行時間 51分

 

定刻通りにHA278便に搭乗。

ワイ島へは280㎞(東京ー名古屋間と同程度)50分のフライトです。

f:id:qoo-mile:20200129045103j:plain

 

晴天の空港は極めて開放的なのに驚き

定刻通りにハワイ島、コナ国際空港に到着。

ワイ島西側のこの地方は晴天率が高く、ターミナルも要所要所には屋根がありますが、オープンエアーになっています。

バッゲージクレイムのエリアもオープンエアー。外部とも低い柵だけで出入り自由なのには物騒な米国ですが大らかさを感じました(笑)

f:id:qoo-mile:20200129045541j:plain

 

モニュメントが歓迎のフラを踊ってくれていました。

それにしても空が青いです。

f:id:qoo-mile:20200129045600j:plain

 

チェックインもさほど時間は掛かりません

雨が少ないエリアだからできるオープンエアーなターミナル

到着時に感じましたが、開放感に溢れたいい感じのターミナルです。

 

米国の空港はテロ防止のために国際線より国内線の方がチェックインが厳しい傾向があるので、復路の空港には2時間弱前に到着。

 

発券機で搭乗券を発券。

預け入れ手荷物が有料の航空券のため、25㎏まで25USDで3枚のタッグを購入。

f:id:qoo-mile:20200129045707j:plain

 

預け入れ手荷物の検査の前に計量したらスーツケースは3つとも25㎏を軽くオーバー。

一つは50㎏も超えていましたが「Heavy」のシールを貼られただけで、スルー。スタッフさんも大らかです。

f:id:qoo-mile:20200129045749j:plain

 

そしてセキュリティチェックを受けましたが、こちらも検査官はとてもフレンドリー。

米国本土のまるで、犯罪者を見るかのような態度ではありません。

f:id:qoo-mile:20200129045813j:plain

 

ここまで30分も掛からず、搭乗時刻まで1時間も待つことに。

ここでも時間を待て余してしまいましたが、湿気が少ないので日陰にいれば暑さはそう感じません。

f:id:qoo-mile:20200129045901j:plain

 

尚、グロッサリーショップがあってバーコーナーがありますが、店外へのアルコールの持ち出しは禁止されています。 

 

このタイプのタラップは初めて。

f:id:qoo-mile:20200129045957j:plain

 

フライト概要

便名 HA197

出発 10:49 エリソン・オニヅカ・コナ国際空港(KOA)

到着 11:35 ホノルル・ダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)着

機種 ボーイング717-200(B712)

飛行距離 174マイル(280㎞)

飛行時間 46分

 

ホノルルまで43分で運んでくれました。

f:id:qoo-mile:20200129045920j:plain

 

まとめ

ハワイにはワイキキのあるオアフ島以外にカウアイ島モロカイ島ラナイ島マウイ島ワイ島が観光が出来ます。

それぞれに個性的でワイキキとは違い、ハワイの大自然を感じられます。

これらの島を結ぶのがハワイアン航空とその子会社のエンパイア航空です。

旅行に日程の長さに寄りますが、思ったより気軽に訪れることが出来ます。

ワイキキのホテルで15時のチェックインを待っている間に他の島のホテルのフロントに辿り着くことが出来ますので、思い切って離島に足を伸ばして見てはいかがでしょうか?

ワイキキでは感じられない世界を体験できます。

 

親父の行ってないのは、あと、モロカイ島とラナイ島だけですが、今回、ハワイ島を訪れその良さに魅せられてしまったので、次回もハワイアン航空でひとっ飛びしたいです。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

下のバナーをポチして頂けたら、大変、嬉しいです! 

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site