くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【緊急事態】新型コロナウィルス禍でポイ・マイル・ホテル活ですべきこと、したいことを考えてみました

こんにちは、くうの親父です。

27日、政府は春休みまでの小中高の休校を要請。

28日にはついにディズニーランド・ディズニーシーも3月15日まで休園となりました。

政府の対応については様々な意見が出ていますが、危機的な状況であることは間違いなく、経済への影響も避けられない状況です。

そんな中、ポイ活、マイル活にも支障がきたしておりますが、緊急事態ですので損失回避ということを主眼に防衛策とこんな時だからできる攻略策を何点かまとめてみました。

 

 

ポイントはなるべく安全な場所に避難

新型コロナウィルスの影響は経済に著しい影響を及ぼしています。

インバウンドに留まらず、自粛ムードで縮む消費活動、先行き不透明による企業の設備投資の削減などあらゆる方面にですが、親父の趣味のポイ活、マイル活にも影響を及ぼしており、対策を講じた方が良いような状況になりつつあります。

 

厳しくなるポイント活動

 ポイントサイトで様々な案件をクリアしてポイントを獲得。

それを航空会社のマイルや現金化することをポイ活というのはご存じの通りです。

そのポイントの源泉は企業の広告・宣伝費でありますが、景気後退となると財布のひもがきつくなり、案件の減少、付与ポイントの低減などが考えられます。

また、親父の主戦場である飲食店の覆面モニターでも外食自体に友人を誘いずらくなり、ポイントのこれまでのような積み上げは難しくなっています。

また、飲食店は売上減少も顕著で、こちらも水商売と言われるくらいなので、こちらの方がより厳しいかも知れません。

 

ポイントサイトの体力は様々

ポイントの獲得の影響はプラスが減るだけですが、貯めてあるポイントにはマイナスや交換ポイントの制限、交換ルートの閉鎖のリスクがあります。

ポイントサイトは多数有りますが、それぞれの財務体質は千差万別です。

上場企業が運営している大手サイトから中小サイトまでと色々ですが、体力には差が有ります。

ポイントサイトの収益の源泉はポイ活をしている、私達と同じく、企業になります。

一方、そこからポイントをユーザーに付与していますが、そのサイトに滞留している時は負債になります。

健全な経営をしていればその負債の分の資産は確保されて問題はありませんが、企業からこれから入る収益を当てにする、いわゆる、自転車操業をしているサイトも無いとは言えません。

その収益が減少すると負債の裏付けが失われ、ポイントが払い出されると資金がショートする可能性もあります。

煽るわけでは有りませんが、上場企業とは言え、そのリスクがゼロではありません。

 

リアライズ出来るところ近くにこまめに避難

では、そのリスクを少しでも減らすためにはどうしたら良いか?

現預金にするのであれば時間はさほど、掛かりませんが、航空会社のマイルにするとなるとその交換に時間が掛かります。

ルートに乗せて交換をするうちに騒ぎが収束するかも知れませんが、なるべく、ANAのマイルの場合、東急ルートでしたら、ANAマイレージクラブ手前のTOKYU POINTに、Pexルートでしたら三井住友VISAワールドプレゼントなどリアライズ出来るサイトのなるべく近くに交換を進めるのが得策です。

f:id:qoo-mile:20200303111712p:plain

  

ポイント、マイルは最悪の場合には保全されないとの認識を

避難先として前述の両ポイントプログラムの財務リスクは極めて低いと思われます。

しかし、そこでもポイントやマイルは企業が破たんした場合には保護される順位は劣位にあることは頭の片隅には置いておいてください。

日本航空が経営破たんしたときは事業は継続されることが前提でしたのでマイルは保護されましたが、されないケースも多々あります。

債務整理では同じ負債でも借金などの返済を優先されるためです。

すでに保有しているポイント、マイルを無理して消費する必要が高まっているとは毛頭思いませんが、バイ・ポイント、バイ・マイルなどを金銭の対価として購入するのは、万が一のために相当に有利な案件でない限りは控えておいた方が懸命かもしれません。

f:id:qoo-mile:20200303124021p:plain

 

株式優待銘柄の押し目はチャンスも慎重に

コロナ騒ぎでは経済へのダメージばかりが頭に思い浮かびますがただ一つ、チャンスなのが株式購入です。

株は下がるもの、危険なものというのは間違っておらず、今回もリーマン・ショック、東日本大震災後並みに下落しています。

ですが、そういう認識が株式投資に二の足を踏んでいる方にはそれをスタートする絶好の機会であります。

「じゃあ、落ち着いたら何が最も戻るんだ?」ということになりますが、今後のことも考えると株主優待銘柄が良いと思います。

 

証券会社の口座開設でポイント・ゲット

不要不急の外出を控えることで旅行や外食産業はすでに厳しい状況に追い込まれているのが数字に現れており、株価も大きく下落しています。

株式投資が初めての方にはそれらの航空会社やレストラン・居酒屋チェーンの銘柄の方が馴染みがあり、エントリーしやすいと思われます。

株主優待銘柄には絶大な人気があるのが日本の株式市場の特徴でこの騒ぎが収まれば、見直し買いが入る可能性はとても高いです。

また、証券会社の口座が持っていないという方はポイントサイト経由でネット証券会社の口座開設をするだけでポイントが獲得できますので一挙両得であるとも言えます。

 

大手サイトのハピタスではネット証券最大手のSBI証券の新規口座開設+50,000円の入金で4,000ポイント(4,000円相当)が獲得出来ます。

f:id:qoo-mile:20200303132349p:plain

 

航空会社の株主優待割引は利便性大です

株主優待と言えば真っ先に思い浮かぶのが航空会社の株主優待割引制度です。

金券ショップで最も力を入れて販売されている、あれですね。

 

例えば2020年7月31日(金)、夏休みで人気の東京(羽田)→沖縄(那覇)で見てみます。

株主優待割引での運賃は普通運賃とされるフレックスの約半額となっていて、価格水準としてはスーパーバリューと大きくは変わりません。

 

f:id:qoo-mile:20200301043211p:plain

 

しかし、スーパーバリューは予約の予約便の変更が不可、取消(キャンセル)手数料のパーセンテージも出発前2週間を切ると60%と非常に厳しいです。

一方の株主優待割引は予約便の変更が可、取消手数料は出発の直前まで無料と使い勝手がとてもよく、それを知っている方はそのメリットを享受しています。

超繁忙期のお盆休みあたりでは半年前に関わらず、株主優待割引運賃はすでに満席となっています。

 

根強い人気の9202 ANAホールディングス

先週の株式市場は新型コロナ感染拡大懸念で世界的に大荒れでした。

そんな中で9202 ANAホールディングスも乗客数減少を嫌気して急落、直近5年間の安値の2016年8月の水準に近づいています。

インバウンド関連としての評価が完全に剥落したといったところでしょうか。

f:id:qoo-mile:20200228131205p:plain

 

株主優待銘柄の投資で重要なのがその内容です。

以下にANAホールディングスの優待内容を抜粋しました。

【9202 ANAホールディングス 株主優待

◇権利確定 3月、9月

〇100株保有

株主優待番号ご案内書(株主優待割引券) 1枚

(以下、400株まで100株ごとに1枚増)

※有効期間・発行時期

3月株主:6月~翌年15月末(5月末発行)

9月発行:12月~翌年11月末(11月末発行)

 

・自社グループ優待券1冊

(IHG・ANA・ホテルズグループ割引券、自社ツアー割引券、自社ゴルフ場割引券、ANA FESTA割引券等)

※有効期間・発行時期

3月株主:6月~11月末(5月末発行)

9月発行:12月~翌年5月末(11月末発行)

 要するに「3月末に株を100株持っていると5月末に11月末まで使える株主優待割引券が1枚貰える。400株なら4枚。」ということです。

 

最低売買単位の288,100円(株式売買委託手数料含まず)を投資した場合の年間のリターンを見てみます。

年間に付与される配当金が7,500円(税金が20%発生します)株主優待割引券が夏と秋に合わせて2枚です。

株主優待割引券を使わず、金券ショップでの買取価格は1枚約2,600円ですので年間で5,200円になりリターンの合計は12,700円年間利回りは約4.40%になります。

逆に使うとなると金券ショップでは3,900円で売られていますので年間フローは15,300円、年間利回りは5.31%という見方も出来ます。

 

銀行預金の金利が皆無の時代にこの利回りは大きいのではないでしょうか?

ただ、年間配当金は業績に応じて変動、株主優待割引券の金券ショップでの価格も変動することはご承知おきください。 

銘柄コード 銘柄名 最低売買単位 28日終値 最低投資金額 年間配当金 株主優待価値 年間フロー 年間利回り
9202 ANA HD 100株 2,881円 288,100円 7,500円 2,600円×2枚 12,700円 4.40%

 

では、どのタイミングで買うのが良いでしょうか。

新型コロナのネガティブニュースは今しばらくは続くと思われますが、同じく、ANAホールディングス自体も同様です。

おそらく、そういったものが出ると株価は悪い方に反応することが多いと思われますので、底がチャンスと個人的には考えております。

まずは2月の搭乗率が発表される段階、次は業績下方修正が行われると段階、この二つの悪材料で株価はそれを嫌気して下落するものと思われ、買い場と思われます。

 

また、400株まではこの付与率ですが、決して一度に買わず、時間分散の観点から四回に分けて買入れるのをお勧めします。

株式投資のセオリーでは最安値で買うということはとても難しいと言われてますので。

 

4人家族なので往復で株主優待割引券が8枚必要だという方は奥さんなどの名義でも投資すれば8枚手に入りますし、証券会社の口座開設でポイントも獲得出来ます。

f:id:qoo-mile:20191207152435j:plain

 

株価水準ではより魅力的な9201 日本航空

国内メガキャリアのもう一社、9201 日本航空はより大きく下げて、2016年の安値を大幅に割り込んでいます。

f:id:qoo-mile:20200228131542p:plain

 

株主優待ANAホールディングスに比べて見劣りします。

 

【9201 日本航空 株主優待

◇権利確定 3月

〇100株保有

・株主割引券 1枚

・自社ツアー割引券 2枚

有効期間:6月~翌年5月末(5月末発行)

◇権利確定 9月

〇200株保有

・株主割引券 1枚

・自社ツアー割引券 2枚

有効期間:12月~翌年11月末(11月末発行)

株主割引券で普通運賃が半額になることは同様ですが3月の100株保有の株主に付与されるのは年間1枚のみ。

9月末に株主割引券を付与されるためには200株の保有が必要などハードルは上がります。

 

 最低売買単位は100株で最低投資金額は267,800円。これによる年間の配当金はANAホールディングより多い11,000円株主優待の価値は3,100円年間フローは14,100円利回りは5.26%ANAホールディングスよりも有利ではあります。

 

が、株主優待割引券を自分と使うとなると絶対枚数が少ないので勝手は良くないですね。

銘柄コード 銘柄名 最低売買単位 28日終値 最低投資金額 年間配当金 株主優待価値 年間フロー 年間利回り
9201 日本航空 100株 2,678円 267,800円 11,000円 3,100円×1枚 14,100円 5.26%

 

ちなみに長期株主に対する優遇がありますが、300株以上が条件と最低売買単位株主にはメリットはありません。 

f:id:qoo-mile:20191030151826j:plain

 

利用できるレストラン、居酒屋は2,500店以上の7412 アトム

名古屋を本拠地とする7412 アトムですが、大手飲食店チェーンの7616 コロワイドの傘下で株主優待で割当てられるポイントが相互利用が出来、2,500店以上の様々なレストラン、居酒屋で楽しめるのが魅力的です。

 

保有株式数によってポイントが付与されますが、100株、500株、1,000株と付与率は一緒と貴重です。

【7212 アトム 株主優待

◇権利確定

3月、9月

〇100株以上 2,000ポイント

〇500株以上 10,000ポイント

〇1,000株以上 20,000ポイント

 

株価は御多分に漏れず、2017年以前の水準まで大きく下落しています。

f:id:qoo-mile:20200228131556p:plain

 

この銘柄の良さの第一は最低投資金額が格安でわずか、約9万円で株主になれます。

f:id:qoo-mile:20200302044627j:plain

 

株主優待としては年間4,000ポイント(4,000円相当の代金として利用が可能)が株主優待カードに割当てられ、年間配当金と合わせて利回りは4.67%となります。

銘柄コード 銘柄名 最低売買単位 28日終値 最低投資金額 年間配当金 株主優待価値 年間フロー 年間利回り
7412 アトム 100株 899円 89,900円 200円 4,000円 4,200円 4.67%

 

ステーキ・ハンバーグから回転寿司、居酒屋そしてカラオケ、イタリアンまでアトムの経営する飲食店だけでも選択肢は豊富です。

f:id:qoo-mile:20200303125235p:plain

 

マリオット・ボンヴォイ、プラチナ・チャレンジのチャンス

マリオット系列のホテルに16泊することでプラチナ・エリートのステイタスを獲得することが出来る、プラチナ・チャレンジ。

とても、魅力的な特典が付与されます。

【プラチナ・エリート特典】

〇一部スイートルームを含む、部屋のアップ・グレード

〇ウェルカム・ギフトでの朝食の選択

〇エグゼクティブ・ラウンジへのアクセス

〇最長16時までのレイト・チェックアウト

〇ご利用金額に応じたポイントの50%のボーナス

 

16泊をどうやって達成するかが問題です。

旅行やANA SFC修行の並行トライなど、自然体で16泊出来れば良いですが、なかなか難しく、モクシー錦糸町に親父はお世話になりました。

www.qoo-mile.site

 

そこで巷で言われるのが現在、国内に展開するマリオット・ホテル・チェーンで最安値水準のフォーポイントバイシェラトン函館での16泊ステイ。

チェック・イン時とチェック・アウト時にのみ函館に行き、「中抜き宿泊」をするという荒行です。

f:id:qoo-mile:20200302224257p:plain

 

その宿泊料金が新型コロナウィルスの影響で下落しており、3月8日チェック・インから24日のチェック・アウトの16泊の総額が114,335円と10万円ちょっとでプラチナ・エリートのステイタスが獲得できます。

f:id:qoo-mile:20200302224330p:plain

 

こういうステイが果たして良いのか、厳戒態勢が続く、北海道にそういった動機で行って良いものか。

考えるところはありますが、後者については自らのリスク管理はしながらも北海道支援という観点では許されると思います。

 

まとめ 

中国・武漢に発生した新型コロナウィルスがこんなに大騒ぎになるとは思ってもいなかったですが、今は、それから身を守るのが大切な局面です。

家計にも大きなダメージを与えていますが、加えて、ポイント・サイトのプログラム、航空会社のマイル・プログラム、そしてホテル・チェーンのポイント・プログラムにもじわじわ、ボディー・ブローを食らわしています。

当然、それに対する防衛は最優先させるべきですが、一方で、株式が安く買える、ホテルに安く泊れるなどのチャンスも有ります。

周りの動揺に惑わされることなく、冷静に状況判断をして落ち着いた後の準備をしてはどうでしょうか。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村