くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





PCR検査条件付きハワイ州事前検査プログラムが日本人向け開始で観光目的海外渡航が実質再開

こんにちは、くうの親父です。 

足元、新型コロナ感染の第三波が欧州を襲い、米国でも再び、感染者は増加傾向にあります。

また、ANAは年間5,000億円の損失見込みを発表し本格的なリストラをスタートしました。

一方で発生源の中国は国慶節で国内大移動があったものの平静を保っており、日本も今のところ新規感染者は横ばいの状態です。

そんな中、観光業がメインの産業である米国ハワイ州がPCR検査条件で入国後の14日間の自己隔離を免除することを発表しました。

これにより、観光での海外渡航制限に風穴が開くことになりましたので簡単にまとめてみました。

f:id:qoo-mile:20201029135715j:plain

日常海外旅行への第一歩だね

 

  

フライト72時間前のPCR検査が必須

今回、発表された「ハワイ州事前検査プログラム」では日本を出発する72時間以内に契約を締結した日本国内の21ヶ所の指定医療機関新型コロナウイルス感染症の検査を受け、ハワイ入国時にハワイ州指定の陰性証明書を提示すれば、ハワイ到着後の14日間の自己隔離が免除されます。

これにより、ハワイ到着後、体調に問題がなければその日から観光が可能となります。

f:id:qoo-mile:20201029104539j:plain

 (出所 HAWAI‘I TOURISM JAPAN)

 

絶対条件は以下の指定医療機関で出発の72時間以内にPCR検査を受けて陰性の結果を得ることです。

検査料はおおよそ2万円程度で自己負担です。

 

医療機関 所在地 ウェブサイト
札幌東徳洲会病院  北海道札幌市  https://www.higashi-tokushukai.or.jp/ 
亀田メディカルセンター  千葉県鴨川市  http://www.kameda.com/ja/general/ 
CLINIC FOR 大手町  東京都千代田区  https://www.clinicfor.life/otemachi/ 
亀田京橋クリニック  東京都中央区  http://www.kameda-kyobashi.com/ja/ 
聖路加国際病院  東京都中央区  http://hospital.luke.ac.jp/ 
CLINIC FOR 田町  東京都港区  https://www.clinicfor.life/tamachi/ 
Tケアクリニック浜松町  東京都港区  https://www.tcclinic.jp/pc/ 
芝国際クリニック  東京都港区  http://shibakoku-clinic.com/ 
西新橋クリニック  東京都港区  https://www.tramedic.com/ 
三田国際ビルクニリック  東京都港区  https://www.mkb-clinic.jp/ 
国立国際医療研究センター病院  東京都新宿区  http://travelclinic.ncgm.go.jp/index.html 
東京医科大学病院  東京都新宿区  https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/ 
KARADA内科クリニック  東京都品川区  https://karada-naika.com/ 
ロコクリニック中目黒  東京都目黒区  https://loco-clinic.com/ 
湘南鎌倉総合病院  神奈川県鎌倉市  https://www.skgh.jp/ 
トラベルクリニック新横浜  神奈川県横浜市  https://travelclinics.jp/ 
藤田医科大学病院  愛知県豊明市  https://hospital.fujita-hu.ac.jp/ 
藤田医科大学岡崎医療センター  愛知県岡崎市  https://okazaki.fujita-hu.ac.jp/ 
藤田医科大学ばんたね病院  愛知県名古屋市  https://bantane.fujita-hu.ac.jp/ 
野崎徳洲会病院  大阪府大東市  https://nozaki.tokushukai.or.jp/ 
やまさきファミリークリニック  兵庫県尼崎市  https://yamasaki-family-clinic.com/ 

 

下の事前検査プログラムの3が現行にあたるものです。

検査の結果が陰性であっても出発72時間以上前のものだと無効です。

検査結果が出発まで間に合わなかった場合は検査結果が得られるまで自己隔離となります。

因みに米国における自己隔離は日本の自主待機と違って強制力がありますので、これに違反すると罰金や禁固刑が課せられるとのことです。

f:id:qoo-mile:20201029170536j:plain

 (出所 HAWAI‘I TOURISM JAPAN)

実際にハワイでは規則を破るとポリスに連行されるからね

 

緩和が期待される帰国後の自主待機 

一方、日本への帰国者については滞在先が「入管法に基づく入国制限対象地域」(現在は全世界の国、地域がこれに該当)の場合、空港にて全員にPCR検査が義務付けられています。

そして健康状態に異常のない場合も含め、検疫所長の指定する場所(自宅など)で入国の次の日から起算して14日間待機し、空港等からの移動も含め公共交通機関を使用が制限されます。

つまり、帰国者は14日間の自主待機が求められ、通常の社会生活を送ることが困難であり、ここが緩和されないと旅行日程(例えば7日間)+自主待機(14日間)=21日間、会社(在宅勤務は除かれる?)、学校を休まなければなりません。

行きはよいよい、帰りは怖いといったところで、ハワイからの帰国者だけを特別扱いはされません。

帰国後14日間自主待機が緩和されないと現実にはまだ、ハワイも難しいね

 

ハワイ路線の運航状況は

ハワイ州事前検査プログラムは2020年11月6日(金)のフライトから開始されますのでANAのNH186から適用となります。

 

ただ、11月はANA、JALが隔週往復1便、ハワイアン航空が週往復1便となっており、いずれも臨時便での運航。12月はANAはそのペースを継続、JALとハワイアン航空は未定となっています。

ANA、JALだとハワイに二週間は滞在しなければならないことに。

先ほどの計算にもう7日プラスされ28日間になりますので有休では足りません。

航空会社 便名 日本発 ハワイ発
ANA NH186・NH185 11/6、21、12/11、25 11/7、22、12/12、26
JAL JL8782・JL8781 11/10、23 11/11、24
ハワイアン航空 HA822・HA821 11/7、14、21、28 11/12、19、26

 

定期便についてはANAは2021年1月31日まで運休がすでに決定していますが、JAL、ハワイアン航空は未定となっています。

航空会社 日本 ハワイ 定期便運航状況
ANA・NH 成田/羽田 ホノルル 1/31まで運休
JAL・JL 成田/羽田/関空/名古屋 ホノルル/コナ 11/30まで運休
ハワイアン航空・HA 成田/羽田/関空/札幌/福岡 ホノルル/コナ 11/30まで運休
大韓航空・KE 成田 ホノルル 12/31まで運休
デルタ航空・DL 羽田/関空/名古屋 ホノルル 1/19まで運休
ユナイテッド航空UA 成田 ホノルル 12/16まで運休

 

ホヌの里帰りはしばらく先のようです。

f:id:qoo-mile:20201029103146j:plain

航空各社は今回のプログラムのスタートでANAを含め運航計画を見直し、決定するんだって

 

まとめ

ハワイ州事前検査プログラムはすでに、10月15日から本土米国人向けにスタートしています。

ユナイテッド航空はサンフランシスコ空港でPCR検査の判明が15分で可能なシステムを設置、ハワイアン航空も本土ーハワイ間の増便を発表などの積極的な対応することでプログラムの開始早々から1日当たり6,000人がハワイを訪れ、ロイヤルハワイアンセンターもほぼ、全店が営業を開始したそうです。

観光業はハワイ州の最大の産業で新型コロナ感染の影響を大きく受けており、観光客の受入れ再開、回復は喫緊の課題であります。

外国人の受入れの先陣を切った日本ですが航空各社の運航計画や帰国後の自主待機から静かなスタートとなるものと思われますが、観光目的の海外渡航の再開の意義は大きいと思われます。

当面はハワイに行く日本人は限定的ですが4つの予防習慣を守られて楽しんで来てもら対象国拡大や帰国時対応の緩和に繋がってほしいものです。

ハワイに住む親父の友達によるとハワイの人は日本人や中国人よりもメインランド(本土)人の方が怖いんだって

本日も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。
にほんブログ村 小遣いブログへ

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村