くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【ANA国際線特典航空券】 運休の知らせも災い転じて福となす!でも、果たしてオーストラリアには行けるのか?

こんにちは、くうの親父です。

年初にハワイには滑り込みで行けたもののその後はコロナ禍でことごとく海外旅行が中止となり年末を迎えます。

新年早々に久しぶりに家族揃って全豪オープンテニス観戦を計画していますが、実現の可能性も定かではありません。

手始めに10月のある日のANAから1本のメールの顛末を書いてみました。

極めて大した内容ではありませんが、ご笑読下さい。

f:id:qoo-mile:20201105175807j:plain

ハワイ行ってことなんて遠い昔の話だね(笑)

 

 

ツギハギだらけの予約状況

今回計画した旅行の目的はメルボルンで2021全豪オープンテニスを観戦する、インド洋に面する「世界の住みやすい街トップ10」常連のパースを観光する、の二つ。

あとはシドニー乗換の時に出来る人はシドニーを観光するというものでオーストラリアを時計回りに周遊することになります。

f:id:qoo-mile:20201106051350p:plain

当初の計画は壮大だったんだね

 

予約開始に出遅れもビジネスクラス確保

思い立ったのが1月下旬にしていたハワイ旅行中。

旅行が終わりに近づくと寂しくなリ、次の企画を考えたくなるという、お決まりのパターンです。

全豪オープンテニスの開催は1月中旬。ANA国際線特典航空券の搭乗日の355日前からになりますので予約レースはすでに始まっていました。

オセアニア線はビジネスクラスの特典航空券のプラチナメンバー枠は2席というのが通説。

この時点でのこのツアーの参加表明者は上さんと娘と親父。

誰か一人がプレミアムエコノミークラスとなることがダイヤモンドメンバーデスクにした電話で確認されて。問題は誰がそこになるか。

娘がなることはいろいろ考えるといかず、上さん一人がなんてこともあり得ず、親父がなんてことも嫌で。

結局、上さんと娘が先行の昼のNH889便、親父が夜のNH879便のそれぞれビジネスクラスが予約出来ました。

f:id:qoo-mile:20201106224540p:plain

便ずらしでビジネスクラス確保出来たのはラッキーだね

 

急遽参加の息子はプレミアムエコノミー

新型コロナ感染拡大に衰えが見えた5月、大阪に居る息子も参加を表明。

すぐにANAの特典航空券の空席をチェックしましたが時すでに遅し。

空席は昼のNH889便のプレミアムエコノミーにしかなく、止む無くこちらを予約。

支払マイル数は少なくて済みますが、マイルの効率は大きく見劣りします。

座席クラス 必要マイル数 運賃 1マイルあたり
プレミアムエコノミー 54,000マイル 296,020円 5.4円
ビジネス 65,000マイル 631,020円 9.7円

どの路線も運賃の割にはプレミアムエコノミークラスの必要マイル数は多いんだよね

 

運休を受けての積極交渉

10月27日、一本のメールがANAから。

前日発表された、「新型コロナウイルスの影響に伴う国際線 路線・便数計画の一部変更について(追加分51)」により、予約便の運休のお知らせでした。

f:id:qoo-mile:20201110191637p:plain

 

シドニー行きの新規就航のNH889便は2月1日まで開設延期で運休。

パース便は当面、運休のためオーストラリア周遊は断念です。

(日本ーオーストラリア往復)×4人=8フライトのうち、予約が生きていたのは親父の東京→シドニーの1フライトだけで、すでに、ANAのHP予約の一覧からは他の3人の予約は消去されていました。

この時点で3ヵ月を切っていて家庭内はすでに厭戦ムード充満でした。

みんなのフライトのほとんどが運休になるとは本当についてないね

 

神対応の便変更

GIVE UPするか、旅程を組みなおすか。

諦めきれず旅程を変更することにしました。

何にしてもダイヤモンドサービスデスクに電話

メールを受信して数日後、ダイヤモンドサービスデスクに電話をして状況を確認します。

このままなら取消となってチャージ無しで引き去られたマイルが返却されますが、難しいと思いながらも唯一、運航しているNH879、NH880便への振替を希望することに。

親父の復路はNH880便で同じビジネスクラスで用意できるとのことで取り敢えず、確保しました。

f:id:qoo-mile:20201115175450p:plain

 

同時に残り3名は空席待ちをお願いしましたが、もしも、空席が落ちて来なければ親父単独でも行けないので、キャンセルすることになりますが取消手数料は?

 

f:id:qoo-mile:20201110195236p:plain


この期間はすでに航空券の払い戻しの特別対応対象となっており、その心配は無いようです。

しかし、新たにNH879便、NH880便のビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスの空席をHPでチェックすると空席待ちでしたが、特典航空券の担当デスクに預けて貰うことになりました。

取り敢えず親父は特典航空券を確保出来たが他の3人はどうなることやら

 

まさかの「お座席がご用意できました」の連発

電話を切って30分もしないうちにANAから電話が。

聞くと息子の往復のプレミアムエコノミーの席が確保できますと。

運航計画の関係でショートステイになってしまうので果たして本人が行くかわかりませんが、「特別対応」がありますので発券して貰いました。

すると、翌日、再びANAから電話が。

上さんと娘のビジネスクラスの2席も確保できましたと。

こちらはビジネスクラスで競争も激しいですし、2席ですので気長に待とうかと思っていたところで往復があっさりと確保でき拍子抜けしてしまいました。

そんなタイミング良く、空席が出るわけもなく、推測ですが有償席が開放されたんでしょうかね?

f:id:qoo-mile:20201115175610j:plain

これで一安心だけど本当に行けるんかい?

 

果たしてオーストラリアへは行けるのか

何とか、家族4人分の東京ーシドニー間のANA国際線特典航空券が発券出来ました。

が、「果たしてオーストラリアへは行けるのか?」をもう一度考えてみました。

オーストラリアは厳しい新型コロナウィルス対策を取り続けたことから感染者数の抑え込みに成功していて11月18日の新規感染者数はわずか17人です。

10月30日、外務省が発令している「海外安全情報(オーストラリア)」の危険レベルが、「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」⇒「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に引き下げられました。

ただし、オーストラリア入国時の14日間の隔離規制及び日本に帰国後の公共交通機関不使用/14日間の隔離規制は解除されていない為、現状ではまだ「一般的な観光ツアー」の実施は難しい状況です。

オーストラリアは長い間、外国人の入国を禁止していました。しかし、10月30日、外務省が発令している「海外安全情報(オーストラリア)」の危険レベルが、「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」⇒「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に引き下げられました。

ただし、オーストラリア入国時の14日間の隔離規制及び日本に帰国後の公共交通機関不使用/14日間の隔離規制は解除されていない為、現状ではまだ一般的な観光による渡航は難しい状況です。

観光目的での渡航はレベル1への引き下げと渡航国における入国後の隔離の解除がなければ現実的ではないでしょう。

また、全豪オープンテニスのチケットは開幕まで2ヵ月を切った今でも具体的な開催方法が決定していないという理由で販売見合わせとなっています。

f:id:qoo-mile:20201121204602j:plain

オーストラリアは検疫からして厳しいから日本がこの状態では緩和されないんじゃないの?

 

まとめ

旅程の一部変更が強いられたものの全豪オープンテニス観戦旅行が実現出来れば1年ぶりの海外旅行になります。

しかし、オーストラリアの入国制限も緩和に向けて動きだしたものの日本国内で第三波の感染拡大が続く現状では新型コロナウィルスに厳しいスタンスのオーストラリアが踏み込んでくることは望み薄かと思われます。

今のところ信号機は赤の点滅(一旦停止)というところではないでしょうか。

 

本日も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村