くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【ANA ダイヤモンド修行 NH848便 BKK>HND 搭乗記】ビジネスへのアップグレード果たせず、その傾向と対策

こんにちは、くうの親父です。

ANA ダイヤモンド修行、第二旅程、東京で途中降機になっている続きのバンコクに1泊2日の弾丸で行ってきました。

往路はエコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードに成功。

しかし、残念ながら復路は果たせませんでした。

その復路をご報告するとともに、今回の顛末をおさらいします。

 

 

フライト概要

便名 NH848

出発 09:35 バンコクスワンナプーム国際空港発

到着 17:55 東京・羽田国際空港着

機種 ボーイング787-9

飛行距離 2,869マイル

飛行時間 6時間20分

 

淡い期待が消え去った、チェックインカウンターで「満席です」

搭乗日1ヵ月以上前、往路は簡単にアップグレード成功

今回のアップグレードは18,000マイルを使用してのもので申込んだのは3ヵ月以上前。

往路のNH877便については深夜便のうちの一本で、クレドールシートで不人気か、早々に承認のメールが来ました。

その時のNH877便のビジネスクラス空席が20席弱、NH848便も同じ程度だったので、大丈夫だろうと楽観していました。

 

搭乗日1ヵ月切って、オペレーターさんから嬉しいお言葉が

搭乗日1ヵ月を切っても連絡は何もなし。

一度、別件でANAプラチナサービスデスクに電話をすることがあったので、状況を訊くと「この空席数ならそのうちご連絡が行くと思いますよ。」とのオペレーターさんの嬉しい言葉。その時の空席が15席程度

気分はスタッガードシートの中で夢心地です。

 

搭乗2週間前、着実に空席数が減っていき

搭乗日まで2週間。二日に1席ずつ空席が減って来て、この時点で8席

窓側は満席となり「まあ、いいか、窓が無くても。」とまだ座れるつもり。

根っからの楽観主義者なもので。

まだ、バンコク線の怖さを知るすべもなく....

 

往路の羽田のチェックインカウンターでようやくやばいとの認識に

NH877便のチェックイン。

預ける荷物もないので必要ないのに、アップグレードの状況を訊くためにカウンターへ。

グランドスタッフさんは「最初はこちらでは。」との対応でしたが、端末を叩いて貰って説明頂きました。

要点は

①「現在、空席が4席、アップグレード申込が6名です。」

②「お客様の順番が何番目かはは申し上げられません。」

③「今後、一番強いのは有償航空券を買われる方です。」

④「次に強いのはダイヤモンドメンバー様。現在、6名の中にダイヤモンドメンバー様がいるかどうかは....」

⑤「お客様のアップグレードの可能性は半々かと。」

ここでようやく、黄色信号が点り、一路バンコクへと。

 

復路、バンコクチェックインカウンターで冷たい一言が

搭乗日の朝。

結局、吉報は無く。

諦めはしていたのですが、性懲りにもなくチェックインカウンターへ。

現地スタッフさんに訊いたら「今日は満席なので、アップグレードはできません。」とキッパリ。

半々の可能性でビジネスクラスの外側に落ちてしまいました(泣)。

ショックを忘れようとラウンジホッピングをしましたが、最後のゲートピンポン!と臨みましたが、何事もなく通過となりました…

 

ダイヤモンドメンバーの優先搭乗に30人くらい並んでいて。

親父はプラチナメンバーの優先搭乗でそのあと乗り込んだら、エコノミークラスに10人以上座っていましたので。

この方々に敵うわけがありません。

f:id:qoo-mile:20191003171015j:plain

 

窓側確保も勝手は悪く

ボーイング787-9は消沈気味の親父でも暖かく迎え入れてくれます。

f:id:qoo-mile:20191003171159j:plain

 

35Kと窓側のシートは予約してあったものの、隣の現地のカップルさんが…

しかも、隣に座った男性の体格も良くて。

ラウンジで飲み過ぎた影響も。

いい加減、大人の席選びをしなくてはいけないですね。

 

しばらく寝ていましたが、二週間前に行ったり、来たりした石垣島も無事通過。

f:id:qoo-mile:20191003172356j:plain

 

とっくに食事は終わっていたのですが、CAさんに言ったら、快く出して頂きました。
この辺の対応はやはり、ANAデスネ。

チキンのトマト煮だったような…

f:id:qoo-mile:20191003172910j:plain

 

ウトウトしていたら着陸態勢に。

夕方の房総半島が見えて来ました。

f:id:qoo-mile:20191003173720j:plain

 

往路をなぞったような復路のルートでした。

f:id:qoo-mile:20191003173909j:plain

 

今回のアップグレードおさらい

このフライトはニューヨーク・ラガーディア(LGA)-ワシントンD.C.・ダレス(IAD)ー東京・成田(NRT)/東京・羽田ーバンコクスワンナプーム(BKK)の一部。

基本のプランではシートクラスがプレミアムエコノミー、予約クラスN(プレミアムポイント 区間マイル×70%)でした。

ニューヨークー東京は距離も長いですし、積算率は70%と良くないものの若くない体への負担の少なさから、そのままのプレミアムエコノミーで。

しかし、東京ーバンコクシートクラスをエコノミークラスに落として、しかし、積算率100%の予約クラスBに。

ここでの運賃の増額は数十円

これで、積算率30%アップですので6,762マイル(区間マイル)×(100%-70%)(積算率)=2,028プレミアムポイント増額、往復で4,057プレミアムポイント増額となります。(結局、ダイヤモンドメンバーの100,000プレミアムポイントを7,000オーバーしたので意味はありませんでしたが…)。

しかし、それ以上に大きいのがビジネスクラスへのアップグレードが18,000マイルで可能になることです。

全て、dantraさんのこちらのブログからアイデアを頂戴しました。

www.dangan-lucky.com

 まさしく、損(シートのダウングレード)して得(アップグレードの可能性)取れです。

 

シートクラスに加えて予約クラスの検討も

修行にはシートクラスも大切だけど積算率はもっと重要

ANA SFC修行、ダイヤモンド修行ではプレミアムポイントをいかに、効率的に獲得するのかが重要なのはご存知の通りです。その算式でキモなのがクラス・運賃倍率(積算率)で、ここが何%になるかです。

他にも路線倍率プレミアムステイタス利用カードと色々とあります。

f:id:qoo-mile:20191001141304p:plain

 

同じプレミアムポイントで手堅くプレエコかアップグレードに掛けてビジネスか

下表はクアラルンプール発券のクアラルンプールー東京・成田の予約クラス別のチャートです。

予約クラスは運賃、アップグレードの可否、キャンセル・変更の可否などで細分されています。

赤枠は今回の東京・羽田ーバンコクのフライトの予約クラスの経緯ですが、こちらの区間では設定が無いようです。しかし、積算率の違いはお分かりになると思います。

f:id:qoo-mile:20191004071137p:plain

ここでは予約クラスNで積算率70%でプレミアムエコノミーで飛ぶか、同じ積算率でエコノミー、予約クラスHでビジネスクラスへのアップグレードに掛け、成功してグッと快適に飛ぶか、判断が分かれるところです。

※アップグレードに成功しても予約クラスはHのままで積算率70%は変わりません。ちなみにアップグレードには18,000マイルが必要になります。

f:id:qoo-mile:20191003230631p:plain

 

まとめ 

今回のフライトでは残念ながらビジネスクラスへのアップグレードはなりませんでしたが、予約クラスとプレミアムポイント、アップグレードの組み合わせの妙がおぼろげながら分かったのは大きかったです。まるで、パズルを解くがごとく、予約クラスを運賃他で選択し、ベストなフライトを組み立てる。修行でなくては出来ない、貴重な体験でした。

 

次回はいよいよ、ANAダイヤモンド修行仕上げの第三旅程、ニューヨーク行きです。

 

本日も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この修行については順次、アップしていきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site