くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【ANA ダイヤモンド】2020年選択式特典、どれを選ぶべきか親父なりによ~く考えてみました

こんにちは、くうの親父です。

9月にプラチナから勢いで解脱して得られたダイヤモンドサービスメンバーのステイタス。

11月終わりの宮崎へのフライトでダイヤモンドサービス特典を初体験しましたが、選択式特典の案内が来ました。

選択肢は9コースですが候補は3つに。

候補に入らないコースも含めて考えてみました。

 

 

ANAダイヤモンドサービスメンバーとは

毎年1月から12月に獲得したプレミアムポイント(PP)数に応じて翌年度のステイタスが決定。

ダイヤモンドサービスメンバーとなるためにはプレミアムポイント100,000PP(内、50,000PP以上はANAグループ運航便)の獲得が条件となります。

尚、JALマイレージバンクのように搭乗回数を加味した獲得条件はありません。

f:id:qoo-mile:20191221061903j:plain

(出所 ANA HP)

 

100,000PP達成すると翌年度を前にして一部の特典を除いたものが事前サービスとしてが開始されます。

f:id:qoo-mile:20191221214041j:plain

(ANA HPより親父作成 ボケててすみません)

 

通常のフライトで嬉しい特典は①優先チェックインカウンター、②手荷物優先受け取り、③専用検査場の利用、④ANA LOUNGE、⑤優先搭乗ですね。

それがダイヤモンドサービスですと①がANA SUITE CHECK-IN(国内線)、ファーストクラスチェックインカウンター(国際線)に、②がFIRSTのタグで一番に荷物が出て来て、④はANA SUITE LOUNGEが利用できます。

 

選択式特典とは

師走も半ば、一本のメールが送られて来ました。

f:id:qoo-mile:20191221221253j:plain

 

すでに2020年の内容はホームページで発表されていましたが、実際に案内されると20時間以上も飛行機に乗った荒行が思い出されます。

www.qoo-mile.site

 

特典は「選択式特典」「ネームタグ」

ネームタグは1,000マイルの選択肢もありますが、二度とチャンスがないかも知れませんのでネームタグに文句なし決定です。

f:id:qoo-mile:20191221221711j:plain

 

問題は選択式特典。

選択肢は9つです、選ぶとなると難しいですので、今一度、内容を確認してみます。

全体はこちらです。

f:id:qoo-mile:20191221223709j:plain

ANA SKY コインコース

ANAウェブサイト(日本サイト)で国内線・国際線航空券や旅行商品のお支払いに利用いただける電子クーポンを60,000コイン(60,000円分)。

有効期限は2021年3月31日までの発券。

会員本人と特典利用者登録(会員の配偶者・同性パートナーおよび2親等以内の家族)となりますので、友達の航空券を購入する時には使用できないので注意です。

 

アップグレードコース

国内線、国際線の座席のアップグレードやラウンジの利用が可能になるアップグレードポイントが12アップグレードポイント

アップグレードはANA SKY コインと同じく、会員本人と特典利用者登録(会員の配偶者・同性パートナーおよび2親等以内の家族)が利用できます。

f:id:qoo-mile:20191222155848j:plain

(出所 ANA HP)

 

ラウンジはダイヤモンドサービスメンバーの場合、本人と同行者はANA LOUNGEANA SUITE LOUNGEが利用可能ですが、同行者2~4名についてはANA SUITE LOUNGE1名につき4アップグレードポイント、ANA LOUNGE3アップグレードポイントで利用が可能になります。

尚、特典利用登録済みであってもダイヤモンドサービスメンバー本人の同行がないと利用できません。

 

IHG・ANA・ホテルグループ宿泊・お食事コース

国内のANAインターコンチネンタル系、ANAクラウンプラザ系他のホテルの宿泊・食事に利用できるクーポン券が40,000円分。

ダイヤモンドサービスメンバー本人以外も利用できます。

 

上質なレストランコース

ミシュラン星獲得レストランなど国内外のレストランにペアで招待。

特別料理なのでわかりませんがペアで30,000~50,000円といったところでしょうか。

 

ギフトセレクションコース

WEB専用カタログのビジネス&トラベルコース、リビングコースは1品、グルメコースは3品のチョイスできます。

商品のラインアップは広いですがお値段にバラつきあるような。

ただ、カタログは見てるだけでも楽しいですね。

 

ANA SUITE LOUNGE」ご利用券コース

ANA SUITE LOUNGE利用券が6枚。

ダイヤモンドサービスメンバーの同行が無くても利用できます。

尚、以前は転売サイトでの出品が出来ましたが、記名式となったためそれが不可能となり、おかげでANA SUITE LOUNGEは静寂を取り戻しているようです。

羽田空港の国内線ANA SUITE LOUNGEだけしかまだ、利用していませんが確かに空いていました。

f:id:qoo-mile:20191207143119j:plain
f:id:qoo-mile:20191207142930j:plain

 

機内販売コース

ANAグループ運航便の機内販売から空港内ANA店舗の支払いで利用できるクーポン40,000円分。

ちなみに券面は5,000円で8枚で使い勝手は良さそうです。

 

自然再生コース

沖縄・恩納村の海にサンゴ20本の植え付け。

素晴らしいです。こういうことに貢献できるのは大切ですが、まだ、ちょっと…

 

コンシェルジュコース

「クラブ・コンシェルジュ」の会員資格が1年間+誕生日に厳選ギフト。

入会金20万円+年会費18万円=38万円相当のバリュー。

普段の生活では得られない貴重な体験が可能ですがあまりにも上流過ぎて、スポーツ観戦しか興味がない親父には高尚すぎますね。

 

バリューが最大なのはアップグレードコース

国内、国際航空券のアップグレードが最もバリューはあります。

有償航空券でもアップグレードの対象になるクラスとないクラスが。

f:id:qoo-mile:20191206135150p:plain

(出所 ANA HP)

 

例として海外型修行僧のゴールデンルート、クアラルンプールーニューヨークのプレミアムエコノミークラスで考えてみました。

旅程は6/14(日)にクアラルンプールから東京に戻り、ちょっと日を開けて7/4(土)ニューヨーク二発ち、7/5(日)にニューヨークを発つ弾丸旅行を決行。翌週の7/11(土)にクアラルンプールへ出発。

〇プレミアムエコノミークラス オール「N」クラス、ビジネスへのアップグレード不可

運賃 215,400円

プレミアムポイント 18,020PP

PP単価@11.9円

f:id:qoo-mile:20191224195453p:plain

(出所 ANA HP)

 

〇プレミアムエコノミークラス「E」クラス、ビジネスへのアップグレード可

運賃 262,800円

プレミアムポイント 25,060PP

PP単価@10.4円

f:id:qoo-mile:20191223165912p:plain

(出所 ANA HP)

 

この時点で「E」は出費は大きいものの、PP単価は「N」を上回っています。

ここで登場するのがアップグレードポイント。

仮に全てをアップグレードしたとして東南アジア路線が8ポイント、欧米路線が10ポイントですので(8ポイント+10ポイント)×2(往復)=36ポイント(選択式特典ではこんなにもらえませんが)必要に。

f:id:qoo-mile:20191224195943j:plain

 (出所 ANA HP)

 

で、肝心のターゲットのビジネスクラスの運賃は、514,440円。

f:id:qoo-mile:20191224200553p:plain

(出所 ANA HP)

 

(514,440円-262,880円)÷36ポイント=6,987円

ざっくり1ポイントが7,000円の働きをしてくれるので12ポイント付与なので

7,000円×12ポイント=84,000円のバリューがあるということで、バリューとしてはこれが一番です、一応。

でも、これはアップグレードポイントにフルに働いてくれた時の話。

 

ちょっと、見方を変えると同じアップグレードをマイルでした場合。

クアラルンプールー東京は区間区間基本マイレージ5,007マイルなので25,000マイル必要。

東京ーニューヨークは同マイレージ10,084マイルなので28,000マイル必要。

区間(25,000マイル+28,000マイル)×2(往復)=106,000マイルが必要。

マイルを無償特典航空券に交換した時は1マイル=4円の価値があるとすると106,000円×4円=424,000円のバリューが36ポイントに。

f:id:qoo-mile:20191224211542p:plain

 (出所ANA HP)

 

まあ、この計算はマイルでアップグレードするよりアップグレードポイントでした方が良いということだけですが。


ただ、このコースを選択して、結局はラウンジに使ったり、キャンペーンでANA SKY コイン(1ポイント=1,000ANA SKY コイン)への交換するということは避けたいですね。

あくまでもアップグレードに利用するという計画があってのチョイス。

 

ちなみに、ダイヤモンドサービスメンバーに達成するためにはANAグループ運航便で50,000PP以上は獲得しているので20アップグレードポイント付与されますので、ここを選択する優先度合いは高くないですね。

でも、アップグレードは空席状態によりますから、思惑通りにいくかどうかはわかりませんが…

 

羽田空港国際線で使いたい、ANA SUITE LOUNGE利用券

ANA SUITE LOUNGE利用券が6枚付与。

羽田空港国際線SUITE LOUNGEでは最高の雰囲気の中でメニューからオーダーしてサービスという、至福の時間が過ごせるとのこと。

f:id:qoo-mile:20191224203042p:plain
f:id:qoo-mile:20191224203318p:plain


昨年まではこの利用券を使わないメンバーがーフリマサイトに5,000円で出品しいたので劇混みだったとのこと。

そりゃ、これだけの料理で食べ放題、美味い酒も飲み放題で5,000円ならね~。

でも、今年から記名式で転売禁止にしたらゆったりとしたとのこと。

でも、最近はそのサイトでの利用券の値段が需給の関係で10,000円以上に高騰して出品が再開され、また、混み始めたと。

会社もどれをプレゼントでどれをサイトと見極めるのは難しいと思いますが、毅然とした対応をしないと大切にすべきお客様を失いかねないので頑張って欲しいものです。

 

本題に帰りますが、上さんとの旅行が前提の親父ですのでANA SUITE LOUNGEには同行者枠で上さんOKですのでお世話になった方へのプレゼントとして有効に使えるかですね。

ん~~?

 

やはり手堅いのはANA SKY コインコース

ANA SKY コイン 60,000円分。

国内線・国際線航空券に利用できます。

2020年はダイヤモンド修行をしませんが、隔年ダイヤモンド修行はちょっと考えていて。

それよりも女子プロゴルフのボランティアは参戦数を増やそうと思っていますので、有償で航空券を買うことも多いかと。

やはり、ここになっちゃいますかね。

ただ、コインの有効期限が2021年3月31日なので隔年ダイヤモンド修行をするのならそれまでにプランニングをしなくてはなりません。

そうなると上さんの説得がもっと大きな課題となりますが。

f:id:qoo-mile:20191224205803j:plain

各コースにはANA SKY コイン、又はアップグレードポイントの付録つきも

全部で9コースありますが、自然再生コースとコンシェルジュコース以外にはANA SKY コインが20,000円分、もしくはアップグレードポイント4ポイント付与されます。

ANA SKY コインコースを選択すると合計で80,000円分に。

結構、修行の軍資金としては大きいです。

 

まとめ

よく考えると大したことじゃない選択。

でも、こういう風に「どうぞ、お選びください」みたいにされると構えてしますのが小市民たる親父のスタンス。

本当の2021年に隔年ダイヤモンド修行するならANA  SKY コインコース

お世話になっている方へのプレゼント(ANAグループ便、スターアライアンス便の搭乗が必要ですが)とするならANA SUITE LOUNGE」ご利用券コース

正月休みに良く考えたいと思います。

締め切りは2020年1月31日23:59分。

どちらにするかよりこのタイムリミットを忘れることの方が怖いですが。

 

本日も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この修行については順次、アップしていきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site