くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【ANA SFC修行】アウトライン編

明けましておめでとうございます。くうの親父です。

一昨年、取引先の証券マンに教えられて、眼がハートになった「SFC修行」をいよいよ、実行します。

親父なりのスタイルでの修行となりますが、ご一読頂けたらと思います。

f:id:qoo-mile:20190101204513p:plain

 

  

なぜ、親父はANA SFC修行にトライするのか?

ANAの飛行機にたくさん搭乗して、プレミアムポイント(PP)を獲得して、プラチナやダイヤモンドのステータスを得て、ANAのクレジットカードにSFC(スーパーフライヤーズ)申請すること、これが俗に言われる「SFC修行」で<JALと合わせて最近、テレビ番組でも取り上げられています。

では、何の為に時間もお金も使ってそんなことをするのか。それは得られる特典がとても魅力的だからです。特典は数々あるのですが、親父を修行に向かわせた特典金メダル、銀メダル、銅メダルを紹介します。

 

金メダル 「国際線特典航空券優先予約」

以前はJALで普通にマイルを集めて、特典航空券をゲットとしていましたが、訳あってANAのマイルに宗旨替え、しかも、陸マイル活動に。

ただ、マイルも溜まり、国際線の特典航空券を予約しようにも一般のマイレージ会員ではハワイ、欧米の人気路線、しかもビジネスクラスはほとんど予約が出来ません。来年のGWのシンガポール、5月のテニス全仏オープンのパリも予約開始すぐにトライしてもジャカルタ経由だ、ブリュッセル経由だ、スターアライアンスの他社便だしか取れませんでした。

そこで、先輩の方々のブログを読むとSFCなど上級会員になると、一般会員以上の予約枠があるとのこと。

元気なうちは海外旅行に連れて行くと上さんに約束してしまったので、これはメリット大きいと思った次第です。

 

銀メダル 「航空会社ラウンジの利用」

搭乗前の時間、ワクワク感を胸にゆったりとラウウンジでビールを一杯、これは格別です。

空港ターミナルの出発階の地面にシートを敷いてビバーク?も平気にするのですが、いつも、ラウンジが利用出来る時は早めに空港に行ってしまいます。最近はJALANAともにラウンジのサービス内容が充実、テレビ番組で放映されたりして、混雑がひどいと言われますがこの辺はちょっと我慢ですね。 

 

銅メダル 「ANAカードの家族会員もSFCに」

SFCのステータスはANAカードの家族会員にも付与される、とても太っ腹です。

上さんと娘が旅行に行く機会も多いので、私が留守番でも特典を利用できるのは大きいですね。当然、娘からはカード利用した代金を徴収しておいますが、カード利用のマイルが合算、約6,000円の家族カード年会費でSFCステータスを手にすることが出来るのは大きいようで、修行については二人から快諾されています(笑)

 

鉄メダル? 「手荷物受取優先(プライオリティータグ)」

手荷物を預けると到着地の空港でラーンテーブルの前で待つことになります。ビジネス、プレミアム席の利用者の手荷物にはオレンジ色のタグが付けられ、最初に出てきます。エコノミーはそのあとで、出て来る順番はチェックインの早さに関係なく?、順不同です。親父はこれが大変苦手でいつも最後の方になってしまいます。上さんと一緒にチェックインしたのに、全然、遅いとか。遅くてリムジンバスに乗り遅れたり。しまいには出て来ないで、違う国に行ってしまったり。とにかく、ダメなんです。

メリットというよりも安心感だけなんですけどね。

  

修行をするうえでのポイント

修行にあたり、第一に考えたのはせっかくなので、行先でいといろと楽しみたいと考えました。

ゴルフトーナメントのボランティアをしているので、春先は沖縄、九州、四国で試合が続きます。当初はそれを中心にと考え、獲得PPを計算すると、GW明けの解脱が見えました。

しかし、8月のスーパーバリューの予約が開始後、メインの東京-那覇のプレミアム席が瞬間蒸発、なんだか値段も高いなどで踏みだせないでいました。

すると、大先輩マイラーのdantraさんのブログでシンガポール航空(SQ)の香港-ロサンゼルスのプレミアムエコノミーが就航キャンペーンでお得とのブログを読んで、「これだ!」とひらめきました。

www.dangan-lucky.com

 

色々と調べたところ、修行の新たな潮流はANAのクアラルンプール発券を組み合わせられること、ちょうど2月の連休にロサンゼルスのリビエラカントリークラブで本場PGAGENESISオープンが開催されることがわかり、舵は海外にきられました。 

www.pgatour.com

 

ただ、海外となると数日自宅を明けることになるので上さんにお伺いをたてたところ、毎週末何度も留守にするより、ちょっと長めに数度の方が良いとのお許しを貰い、DONEとなりました(土日祝の朝夕のくうの散歩は親父の当番でそれをされないよりはマシというのが主な理由です….)

f:id:qoo-mile:20190101205757p:plain

 

まとめ

これでほぼ、SFC修行の概観は決定。

後は旅程をどう、組み立てるかです。今の時代、ネットで簡単にフライトの検索、予約、支払、発券と出来てしまうので航空会社が異なるので乗継時間に気をつけてプランニングするだけです。40年以上前、時刻表で机上旅行をしていた親父としては得意で最も楽しめるところです。

次回、プランニングについて書きます。