くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【ANA SFC修行】第1弾 「香港エクスプレス発、シンガポール航空経由、エアーアジア行」初シンガポール航空に感動

いよいよ、待ちに待ったANA SFC修行(一般の人には奇行)に行ってきました。

第1弾の旅程は 羽田(HND)→香港(HKG)→シンガポール(SIN)→クアラルンプール(KUL)→HND那覇(OKA)→HNDの全三日間です。

 

www.qoo-mile.site

 

 

www.qoo-mile.site

 

 

 

 

前泊に横浜はお勧めですが早朝の出発は注意

スタートは6:25羽田発、香港エクスプレス(UO)625便。

早朝便に間に合わせる為に前泊した横浜ベイシェラトンホテルを3時起床。身支度して出るもホテルは横浜駅西口、リムジンバスの出る横浜シティエアーターミナル(YCAT)は東口。普段の自由通路が使えず、東京寄りの迂回ルート。途中、わかりにくいところもあり、たまたま通りかかった警備員さんに助けられました。

早朝のリムジンバスを使われる方は要注意です。

京浜急行リムジンバスで羽田空港国際線ターミナルへは直行でわずか30分とこれは便利です。

 

早朝発、香港エクスプレスは寝るにはきつい

予定通り、ターミナルに到着、3階の出発フロア左手のJAL ABCにコート、スーツを預けます。1着1日200円とコインロッカーよりちょと安い、弾丸旅行の修行向きです。JALカードで割引がありました。

https://www.jalabc.com/airport_counter_service/coat_storage.html

f:id:qoo-mile:20190115222741j:plain

入口を左に行った、Kチェックインカウンターの前です

ネットでチェックインはしてあるのでそのままセキュリティチェック、自動化ゲートで出国審査(とにかく早いです。一度、登録すればOKですので。係員の方が丁寧に教えてくれます)。

保有するクレジットカード付帯サービスでSKY LOUNGEで一息。

ゲートカウンターで改めて搭乗券を頂いて搭乗、定刻通りの出発です。

機内は満席、シートはリクライニング無いし、でかい親父は辛いです。

今回は香港の出発が早いことで適当な便が無かったこと、ANAの運賃がエコノミーでも結構することで、こちらをチョイスしました。

運賃もバーゲンは時折やってますが、私の予約のタイミングが悪かったのかあまり安くありませんでした(泣)。

f:id:qoo-mile:20190115223256j:plain

香港のが沖止めだったので写真撮ってたら怒られました

 

香港の乗継はスムースに

第1ターミナルに定刻をやや早く到着。次の便も第1ターミナルなので入国不要の乗継のみ。乗継カウンターが4箇所に分かれていて少しわかりずらいですが、無事、E1のシンガポールの乗継カウンターで搭乗券を発行。

f:id:qoo-mile:20190116205307j:plain

明るいカウンターの女性でした

 

出発フロアに移動してANA上級会員でない親父は所有するプライオリテパスでPLAZA PREMIUM LOUNGEでランチをカールスバーグとともに頂きました。料理、雰囲気グッド!羽田、成田にも進出してくれないですかね~

f:id:qoo-mile:20190116201526j:plain

香港はやはり中華中心です

 

さすが五つ星のシンガポール航空

今回は香港→シンガポール→ロサンゼルス(LAX)→シンガポール→香港の往路にシンガポールでストップオーバーします。クラスはプレミアムエコノミーです。

f:id:qoo-mile:20190116203100j:plain

なぜか緊張しました

SQ863便も定刻通り出発。シートベルト着用のサインが消えたら食事のサービスでまずは、シャンパンを頂きました。料理はブック・ザ・クックで事前にネットで選択出来ます。

https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/flying-withus/dining/book-the-cook/

お皿でのサービスではありませんでしたが、ビーフシチューのお味は最高。でも、あまり、頼んでいる人はいなかったですね。

f:id:qoo-mile:20190116202019j:plain

選べるのは嬉しいです

サロンケバヤ姿のCAさんのほほえみに癒されていたらチャンギ空港にランディングしていました。

f:id:qoo-mile:20190116202122j:plain

 

 

巨大なチャンギ空港で一回入国

チャンギ国際空港はターミナルが4つあります。1~3は並んでいますが4はバスでの移動。なぜか、こちらでは一回入国してバスで移動。エアアジアはプリントアウトしたものがそのまま搭乗券でした。驚いたのはLCCの発着が多いのにターミナルの綺麗さですね。成田はあそこまでしなくても良いのにと思うくらいの質素さとは各段の違いです。大きさで有名ですがそれをカバーすべく、スカイトレイン、連絡バスなど色々と走っており、どれくらい歩くとかかるかの表示もされていて。

f:id:qoo-mile:20190116202301p:plain

スカイトレインが複数走っています

また、イミグレ、セキュリティチェック、インフォメーションあらゆる箇所にタブレットが設置され、サービスの評価が出来、サービス向上に努めています。さすが、シンガポールです。

 

 

スカイトラックス社ベストLCCエアアジアはいろんな意味ですごいです

日本にも関連会社で就航していますが本場のエアアジアは刺激的でした。地上スタッフも最小、CAさんも数名。搭乗口、機内にはポップ音楽が流れます。CAさんのユニフォームも真っ赤。1時間にも満たないフライトなのに食事のサービス。

でも、人手が足りなくてランディングまでに片づけが間に合わず、テーブル出しっぱなしには驚きました。実際のフライトは40分、シンガポールとクアラルンプールは本当に近いですね。

f:id:qoo-mile:20190116202525j:plain

 

 

クアラルンプールステイはKLエクスプレス&メリディアンホテル

KLIA2ターミナルに到着。こちらはLCC用らしく、質素感ありありでイミグレーションまで歩きました。入国後はKLエクスプレスで市内へ。ただ、人の流れについて行くと、バス乗り場に出てしまうので注意です。それくらい、こちらはポピュラーではないようで(往復100MYR、約2,600円とマレーシアにしてはちょっと高い)、おかげで、空いてます。

30分弱でKLセントラルへ。もう、0時前でしたが宿泊するホテルのメリディアンクアラルンプールは駅の上にありますので、まず、間違えません。入口がヒルトンと並んでいるのは珍しいですが…

f:id:qoo-mile:20190116202953j:plain

本当に並んでいました

 

まとめ

初シンガポーとめル航空でしたが、雰囲気、サービスに素晴らしさを感じました。第3弾での太平洋横断超ロングフライトが楽しみです。

今回、LCCも一緒の旅程でしたが、それぞれの役割があると実感しました。

価格、サービスはそれなりですが航空業界が経営の多様化に務めたことで、以前より多くの人々が気軽に旅に出れるようになったことはとても素晴らしいことだと思います。

親父は以前から場合、場合によってLCCからビジネスクラスまで利用しますが、ビジネスでも自分の満足だけで当然、偉くもなんにもないですからね。

先日、あるブログで5月に就航するANAハワイ線のA380のエコノミー席を辛辣に批評している方がいましたが、そのエコノミー席でも多くの人の夢をハワイに運んでくれる、とても素敵なことだと思いました。

 

長くなって申し訳ありません。

続きもまた、ご一読ください。