くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】貿易協議の中国スタンスが懸念され小幅下落もドルが買われる?迷走気味の展開に

おはようございます、くうの親父です。

タイガース、クライマックスシリーズ・ファイナルステージ進出!

なんと効率の良いこと。

ここまで来たら、トコトン行ってもらいたいものです!

 

 

海外オーバーナイト注文動向  

SELL 370億円、BUY 400億円

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度でお願いします。

 

7日のNY市場

NYダウ 26478.02ドル ▼95.70ドル(▼0.36%)

S&P500 2938.79 ▼13.22(▼0.45%)

NASDAQ 7956.29 ▼26.18(▼0.33%)

SOX 1563.17 ▼11.23(▼0.71%)

VIX 17.86 △0.82(△4.81%)

CME225 21475円(理論価格比 △100円)

米国10年国債 1.558% △0.029%

ドル/円 107.22円(東京比 △0.38円)

WTI 52.75 ▼0.06ドル(▼0.11%) 

f:id:qoo-mile:20191008065802p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20191008065824p:plain

 (出所 Bloomberg)

 

米中貿易協議、難航予想で小幅反落

 米株式相場は3営業日ぶりに反落した。

週後半に開かれる米中貿易協議の不透明感から、運用リスクを回避する動きが広がった。

ただ、米中が部分的に合意するとの観測から買いが優勢となる場面もあり、方向感に乏しかった。

中国の劉鶴副首相が10~11日に予定される米中協議について「中国の産業政策や国有企業への補助金削減など構造改革は提案しない」と述べたと6日にブルームバーグ通信が報じた。

協議が難航するとの見方から売りが先行し、ダウ平均は朝方に一時149ドル下げた。

ただ「中国は米国産の農産物やエネルギーの輸入交渉に集中する」とも伝わっており、内容を見極めたいとして積極的に売り込む動きは限られた。

両国が農産物輸入などで部分的に合意し「一段の報復関税を回避できれば世界景気の減速に歯止めがかかる」(スウォーズモア・グループのカート・ブランナー氏)との期待から買われる場面もあり、ダウ平均は一時82ドル高となった。

 

令和ベビーに期待

 昨日の日本経済新聞一面には出生率の伸び悩みが大々的に報じられている。

たしかに、ここ一年間の出生数は前年差を大きく下回っている。婚姻数も同様だ。

しかし、5月は婚姻数が急増した。5月1日に籍を入れる令和婚が主因だ。

改元が国民行動に大きな影響を与えていることが判る。

そして、ここもとの累計を数値で見ると、婚姻数は前年よりも増えている。

肌感覚では、東京では一層婚姻が増えているように感じる。よって、本日の報道のニュアンスと異なり、今後は令和ベビーが期待できると思う

過去にも天皇陛下のご結婚で祝賀ムードが広がった翌年(1994年)に出生率は改善した。今月の祝賀パレードも明るいムードを後押ししよう。その他にもミレニアム(2000 年)にも出生率は改善した。

前回の消費増税翌年(2015 年)には住宅取得の契機になったためかやはり出生率が改善した。

これらの要因の再現も今後のベビーブームに寄与する可能性があるだろう。

何よりも若者の経済情勢は改善している。シニア消費だけでなく、全世代の経済活性化が期待できると筆者は思う。

  

くうの勝手な今日の予想

「昨日は中国の貿易協議発言で下げたけど、いつもの悪材料に対する東京市場の過剰反応だったようだね。でも、どこを見ても懸念材料だらけで強気にはなれないね。

今しばらく、大人しめのスタンス継続だね。」

 

今日の格言 

「ダイヤモンドとは、やるべきことをやり遂げた一片の石炭である。」
トーマス・エジソン (発明家)

最初は平凡なものでも努力して成し遂げれば素晴らしい成果が得られるということですかね。

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村