くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】NY休場で世界的閑散に でも、薄いので下方へのプレッシャーには警戒

おはようございます、くうの親父です。

2020東京オリンピック、入場券、敗者復活戦。

相変わらず、世論を気にしますね、政権は。

申し込んで全外れの人が一種目のみと。

海外からログイン出来なかった親父は救済措置なし。

 

 

海外オーバーナイト注文動向

SELL 430億円BUY 469億円(只今、集計中)

※NY独立記念日で休日のため、少なくなっています。

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考でお願いします。

 

4日のNY市場

NYダウ ドル 休場

S&P500 休場

NASDAQ 休場

SOX 休場

VIX 休場

CME225 21655円(理論価格比 △50円)

米国10年国債 休場

ドル/円 107.80円(東京比 0.00円)

WTI 休場

 

米株に対する弱気な波動計測は誤りだった可能 性濃厚。米株の水準も米好況期間も新記録に

 

米国株は4回目の高値トライだ。

チャー トの教科書にはトリプルトップを紹介するものも あるが、実際の相場ではトリプルトップに遭遇し たことはないし、クワドルプルトップと紹介する教科書もないと思う。

テクニカル面では2018年以降の保ち合い上放れの可能性が高いと考えられる。

すると、NY株式は2009年から数えて四段上げに入っていくことになり、エリオット波動論の「5波構成完成で大天井」 とのカウントが誤りであるということになる。

第5波は景気の爛熟期・インフレ期で、競争力の企業でも業績が向上し、株式相場では全面高で、騰落株線が顕著に上昇する特徴があるとされる。

しかし、2016年からの相場はFAANG中心の優良株相場で、騰落株線の上昇は目立たなかった。また、今年に入ってからの戻りがアヤ戻りのB波であるなら、一部の優良株に 物色は集中し騰落株線が上がりにくいはずだ。

だが、実際は騰落株線は上昇し、史上最高値を更新した。2016年の再現だ。

エリオット波動論を当てはめると、「2009年からのNY株は5波構成完成で大天井」との 判断が誤りだった可能性が濃厚だろう。

こうした議論は10年の設備投資循環で景気一巡との論争とも同根だ。米国は株価水準だけでなく、景気拡大期 間が今月で121ヵ月と最長記録を更新するだろう。雇用のスラックなど負の履歴効果があると、相場も経済も簡 単には過熱しない。FRBが新たな金融政策の枠組みを検討していること等とも実は整合的だ。

 

くうの勝手な今日の予想

「NY休場だけと思ったら、欧州も閑散。当然、東京も閑散だね。でも、逆にちょっと上下に力が掛っただけでもぶれやすいから警戒。ETFの分配金換金売りが来週あるので下向きに注意したいね。」

 

株投資名言

「取引上の大罪の二つは『損失に幅を与え過ぎること』それから『早々に利益を確定してしまうこと』だ。しかし、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。」(ウィリアム・エックハート)

損失は引っ張り、利益は確定を急ぐという投資心理学でいつも言われることです。これが逆だったら大儲けできるんですが...

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村