くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】NY上昇、新元号発表、名実ともに新年度入りも慎重に対応

おはようございます、くうの親父です。

本日より名実ともに新年度入り。

新年号の発表も場中にありますが、少しはお祭りムードで賑わうんでしょうかね?

 

 

 

29日のNY市場

NYダウ ドル 25928.68ドル△211.22ドル(△0.82%)

S&P500 2834.40 △18.96(△0.67%)

NASDAQ 7729.32 △60.15(△0.78%)

SOX 1395.51 △21.71(△1.58%)

VIX 13.71 ▼0.72(▼4.99%)

CME225 21295(理論価格 △90円)

米国10年国債 240% △0.010%

ドル/円 110.95円(東京比 ▼0.20円)

WTI 59.30ドル ▼0.11ドル(▼0.19%)

f:id:qoo-mile:20190401063645p:plain

(出所 Bloomberg)

  

f:id:qoo-mile:20190401063708p:plain

(出所 Bloomberg)
 

米中貿易交渉、前進観測を好感して上昇

米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。

今週北京で開いた閣僚級の米中貿易交渉が順調だったとの見方が広がった。

投資家心理が改善し、中国売上高比率が高い企業を中心に幅広い銘柄が買われた。ムニューシン米財務長官は29日、「USTRと私は北京での貿易交渉を建設的に終えた」とツイッターに投稿、来週ワシントンで継続する協議にも楽観的な見方を示した。

米中が合意に向けて前進しているとの期待が強まり、キャタピラー(+2.35)ボーイング(+1.86%)、ダウ・デュポン(+1.11%)など中国関連銘柄が上げた。
 
ナスダック総合株価指数ではマイクロソフト(+0.86%)フェイスブック(+0.68%)、アップル(+0.65%)などの主力株が総じて上昇した。
 
マイクロン・テクノロジー(+5.05%)とウエスタンデジタル(+5.04%)など、半導体関連株の上げが目立った。

バイオ製薬株も総じて高い。半導体、バイオとも主力ハイテク株に比べ直近の上昇が鈍かった。

「投資家心理の改善を背景に、出遅れ株を買う動きが出た」との指摘があった。
 

29日にナスダックに上場した配車サービス大手のリフトは78.29ドルで初日の取引を終えた。公開価格(72ドル)8.7%上回ったが、初値(87.24ドル)からは下げた。

 

 

3月下落で今年は厳しいか

 

株式市場には多くのアノマリーがありますが、終わった3月の上げ下げが今年1年を占うというものも。親父はあまり、アノマリーに絶対は無いので信じませんが、どういったものだったのか。

 

アノマリーとは

理論的には説明のつかない証券価格の変則性。明確な理論や根拠があるわけではないが当たっているかもしれないとされる相場の経験則や事象である場合が多い。

「なぜそう動くのかはわからないけど、なぜかその時が来ると株式市場が前もって決められたように動く傾向」といったこと。

 

 

2月末の日経平均は21385円で3月末は21205円でしたので下落。

これで1月からの星取りは○○●となりました。1966年以降、1,2月連続高の○○は20回。そのうち、こういった星取りは5回ありましたが、すべて、年間は下落の0勝5敗。1998年が▼9.3%安で他はすべて二ケタのマイナス。5回平均で▼12.1%安ですので、その通りだと今年の年末は17500円レベルに撃沈です。

ちなみに、今月も上昇で○○○だったら年間は14勝1敗と圧勝。11回は二ケタ上昇で、2割を超えるのも8回。15回平均で△24.6%高。もしそうだったら25000円。ずいぶんと差があります。

あくまでアノマリーですので、説明は出来ませんが、頭の片隅位には置いておいた方が良いかも知れません。

 

 くうの勝手な今日の予想

  「先週末のNY株式は米中貿易交渉の前進を好感して上昇。ドル円も111円近辺と円安から東京株式は上昇してスタート。新元号の発表はプラスとは思わないけど、なんとなくサポート要因かな?でも、やはり、今月は10連休。あまり、調子には乗らず堅くいきたいね。」

 

相場の格言「相場師は日柄を大切にする」

 

相場師といわれる人はいなくなりましたが、現在でも相場経験の豊かな人ほど相場の上昇、下降日数など日柄を大切にします。
人の噂も75日といわれるように時間が経過するほど好材料であれ悪材料であれ消化され新鮮味が薄れてきます。
値段(株価)にこだわりすぎないように、という一般投資家へのアドバイスです。 

 
今日もお読み頂き、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村