くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式投資】米中貿易協議、第一段階合意が確実になりリスクオン継続、利確の押し目には強気で向かいたい

おはようございます、くうの親父です。

 

いよいよ、明日は大学ラグビー日本一が決まります。

日経に明日の展開予想が書かれていますが、記者が早稲田出身じゃないの?みたいなトーンです。

まあ、明治が過信しなくて良いのかと。

新国立競技場の初ラグビーで6万枚のチケットも完売とのことです。 

  

 

海外オーバーナイト注文動向   

SELL 818億円、BUY 1010億円

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度でお願いします。

 

9日のNY市場

NYダウ 28956.90ドル △211.81ドル(△0.74%)

S&P500 3274.70 △21.65(△0.67%)

NASDAQ 9203.43 △74.18(△0.81%)

SOX 1878.73 △11.13(△0.60%)

VIX 12.54 ▼0.91(▼6.77%)

CME225 23750円(理論価格比 △50円)

米国10年国債 1.856%(▼0.018%)

ドル/円 109.53円(東京比 △0.19円)

WTI 59.56 ▼0.05ドル(▼0.08%) 

f:id:qoo-mile:20200110072148p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20200110072206p:plain

 (出所 Bloomberg

 

米中貿易協議、合意文書署名が見えて一層のリスクオンモードに

 

米株式相場は続伸した。

中東情勢を巡る懸念の後退や、米中の貿易協議の進展期待から買いが優勢となった。

好材料が出た銘柄が個別に買われたのも相場を押し上げた。

中国商務省の報道官が9日、貿易協議の第1段階の合意文書について、劉鶴副首相が渡米し、15日にも署名すると発表した。

中国側が具体的な日程を示したことで、米中が署名にこぎ着けるとの期待が高まった。中国での昨年12月のスマートフォンの出荷が大きく増えたと伝わったアップルが2.12%高となり、上場来高値を更新した。

アナリストが目標株価引き上げた金融のゴールドマン・サックス(+2.03%)、検索サイトのアルファベット(+1.04%)も買われた。

航空機のボーイング(+1.49%)も高い。イランで起きた小型機「737800」の墜落事故について「イランがミサイルで撃墜した」との米当局者の分析が伝わり、同社の責任が

問われないとの見方を誘った。

アップルなど主力のハイテク株が軒並み買われた。

 

トランプの「開戦望まぬ」、イランの「攻撃継続しない」発言で今後長期で米イラン臨戦態勢続く可能性は大幅後退

トランプ自身大統領はイラン向けというよりも国内有権者向けに「米国は戦争を始めることを望んでいない」という発言を記者会見、ツイッターで繰り返しており、こうした事態収拾に向けたイラン、米国双方の「不戦」姿勢の表明により「トランプ純支持率」「政権政策方向性支持率」二つの数値が双方とも7日以降改善に向かっています。

 

従って、双方の「不戦」志向が確認された以上は、中東情勢が中長期的に世界の原油/為替/株式市場に継続的に下押し圧力となる状況は暫しは回避できたと考えられます。

 

但し、日本時間今朝にも、イランによるイラク米軍施設へのロケット弾攻撃は行われていることから、「攻撃は継続しない」というザリーフ外相のメッセージは絶対的ではない、イランではハメネイ師が発言しなければ公式声明とはいえない、というのが通説です。

 

従って、今後も度々、イラン(支援するシーア派民兵による暴発を含めて)による米軍施設への攻撃は暫し続くことを念頭に株式、原油、為替市場への投資スタンスには、イランの正規軍(イスラム革命防衛隊)ではない軍事組織によるテロ的な対米攻撃による短期的な下振れへのリスクへの備えを怠らぬことが必要と思われます。

 

くうの勝手な今日の予想

昨日の大きな戻しで年末の水準に指数は戻りましたが、個別ではそれを大きく上回っているよ。

特に大型株は好調で昨日も寄り付きの外人動向が買いが1,000億円超と継続して買われてる感じです。

この強さが本物なら大幅高後の利食い売りで始まっても後場、しかも引けに掛けてしっかりという展開が続くよ。

押し目で買いたい人は依然、多そうだし。

 

今日の格言 

「歴史上起こらなかったことは、一度も書かれたことがない。」
ヘンリー・キッシンジャー (政治学者)

今、起こることはこれまでの歴史の繰り返しであるということでしょうかね。

ただ、マーケットの性質は確実に新しい方向に変化しつつあり、これまでもことに捉われてばかりいると儲からないかと。

創造力が試され、それだけに難しいです。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村