くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】重苦しい雰囲気でNYは小幅続落 半導体関連が厳しい

おはようございます、くうの親父です。

NY株式は小幅続落。材料無く、静まりかえってますが、次はどう転ぶか伺ってる感じです。

香港が荒れてますが、大ごとにならなければ良いですが。

  

 

12日のNY市場

NYダウ ドル 26004ド83ル ▼43.68ドル(▼0.17%)

S&P500 2879.84 ▼5.88(▼0.20%)

NASDAQ 7792.72 ▼29.85(▼0.01%)

SOX 1384.95 ▼33.07(▼2.33%)

VIX 15.91 ▼0.08(▼0.50%)

CME225 21030円(理論価格 ▼100円)

米国10年国債 2.121% ▼0.023%

ドル/円 108.48円(東京比 ▼0.17円)

WTI 51.14 ▼2.13ドル(▼4.00%) 

f:id:qoo-mile:20190613065557p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20190613065615p:plain

(出所 Bloomberg)

 

目立ったマイナス材料は無いもののどことなく重たい雰囲気で続落

米株式相場は続落した。

半導体関連株など個別に売り材料が出た銘柄が下げ、ゴールドマン・サックス(2.31%)など金融株の下落も相場の重荷となった。

米利下げ観測が強まったため、相場全体の下値は限られた。

エバコアISI半導体モリーの需給改善が遅れると指摘し、ラムリサーチ(5.28%)マイクロン・テクノロジー(5.39%)が大幅に下げた。

前日にニューヨークで開かれた金融業界の会合で、シティグループ(1.57%)モルガン・スタンレー(2.40%)などが4~6月期のトレーディング収入が低迷したと明らかにした。金融株が軒並み下げたことも相場の重荷だった。

米中の貿易摩擦が長期化するとの警戒感もくすぶったままだった。

トランプ米大統領11日、中国が最大5つの「重要な点」に合意しない限り中国との貿易協定の締結には関心がないとの考えを示した。

ボーイング(0.65%)キャタピラー(0.14%)など中国事業の比率の高い銘柄の一角が売られた。

商品市場で原油先物相場が大幅に下落し、エクソンモービル(1.08%)シェブロン(0.80%)が売られたのも相場の重荷だった。

一方、FRBが早期に利下げするとの観測が強まったのが相場の支えになった。

労働省が発表した5月のCPIの上昇率は前年同月比1.8%と前月から0.2ポイント縮小し、1.9%程度の市場予想も下回った。

物価上昇圧力の鈍化でFRBが利下げしやすくなるとの見方が広がった。

 

G20で日本も景気対策発表か。年金改革 が消費増税景気対策になる可能性

骨太の方針の原案が一昨日発表され た。

要約すると、当面の経済財政運営では、 通商問題など海外発の下方リスクが顕在化 する場合には、機動的なマクロ経済政策を 躊躇なく実行する方向が示された。

第一章 では、G20に関し、経済成長にコミット メントし、その実行を日本がリードするこ とが重要とされた。既に、中国では相次い で景気刺激策が発表され、欧米豪印などで も金融政策での景気サポート姿勢が打ち出 されている。

日本も対応が必要になってい ると思う。 同時に、骨太では「在職老齢年金制度に ついて、公平性に留意した上で、就労意欲 を阻害しない観点から、将来的な制度の廃 止も展望しつつ、社会保障審議会での議論 を経て、制度の見直しを行う。」とされた。

現在、現役世代の平均並みと厚労省が定め る賃金(444万円)を超えると、 65歳以降でも年金が減額される(減額総計は約1.1兆円)。「年金支給開始年齢の引上げは行わない」とも明記 されたので、まずは、フルに働いても減額されにくい制度に見直される可能性が高い

例えば、年金が減額される 賃金所得を、59歳の平均的な年収に引き上げるなどだ。働く意欲が刺激されるだろうし、人手不足対策 となり得る。そして、いずれ70歳まで働くことが一般的となれば、年金受給開始年齢も自ずと引き上がろう。

通常、制度変更には時間がかかる。しかし、前記のように場合によってはG20で景気刺激策を打ち出す必要も あるかも知れない。アクティブシニアは消費増税の痛税感が強い世代だろうし、選挙を見据えて早期の年金減額所得額の引き上げ等の議論があるかも知れない。

現役世代には実感がなく見落とされがちだが、在職老齢年金改革は景気・選挙に影響するので、今後の議論の成 り行きに注目したい。

 

くうの勝手な今日の予想

「昨日の東京市場大引けで300億円の売りと国内金融機関に降りる動きと相変わらず短期筋が牛耳ってるね。ポジションも小休止かな?」

 

株投資名言

「偉大なトレーダーは、負けることがトレードにおいては本質的な要素である、ということをよく認識している。」(作者不詳)

これもまた難しいですね。負けから学ぶということぐらいしか発想できませんが(笑)。

 

 今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村