くうとマイルはお母さんと親父の鎹(かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】日経225入れ替えは織り込み済みで波乱無し

おはようございます、くうの親父です。

昨日も東京市場は円安にも関わらず、急減速。年金が売ってるとの観測でしたが、それにしてもですね。

期末要因というやつですか?

 

 

14日のNY市場

NYダウ ドル 25709.94△7.05ドル(△0.03%)

S&P500 2808.48 ▼2.44(▼0.09%)

NASDAQ 7630.91 ▼12.49(▼0.16%)

SOX 1353.06 ▼7.71(▼0.57%)

VIX 13.50 △0.09(△0.67%)

CME225 21325(理論価格 △218円)

米国10年国債 2.639% △0.011%

ドル/円 111.66円(東京比 ▼0.07円)

WTI 58.61ドル △0.35ドル(△0.60%)

f:id:qoo-mile:20190315065935p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20190315065955p:plain

(出所 Bloomberg)
 

米中首脳会談4月に延期で買い見送りに

米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続伸。

アナリストの前向きな評価が相次いだアップル(+1.11%)が上げたほか、金融株への買いも相場を支えた。ただ、米中首脳会談が4月以降に延期されたと伝わり、協議が長引くとの見方は重荷だった。

ダウ平均は前日終値を挟んでもみ合い、方向感に乏しかった。アップルを巡ってはカウエンが「買い」で投資判断を始め、モルガン・スタンレーは低迷していた「iPhone」の中国販売が安定する兆しがあると指摘した。米景気への強気の見方を背景に、JPモルガン・チェース(+0.91%)など金融株が総じて買われたことも相場の支えだった。

一方、米中貿易協議への警戒感から積極的な買いは見送られた。3月末に実施されるとみられていた米中首脳会談が4月以降にずれ込む見通しと報じられた。

ナスダック総合株価指数4営業日ぶりに小反落。

 

個人情報の流出問題で米検察当局が捜査していると報じられたフェイスブック(1.84%)が売られた。

 

売買代金が少ないのは悪いこと?

今日も売買代金は低調であった。日経新聞にもこの3月は、売買代金が1年7ヵ月ぶりの低水準だと報じられている。ところで、売買代金が低調なことは悪いことなのだろうか?証券会社にとってみれば死活問題かもしれないが、肌感覚では商いが盛り上がっている時ほど「ろくでもない」相場になっていることが多い印象である。そこで、売買代金と株価変動率の関係を調べてみた。2015年1月からこの3月までの51ヵ月を対象とした。この51ヵ月、それぞれの月の一日あたりの売買代金を計算。ただ、そこで計算された売買代金は株価水準によっても増減してしまうので、各月末のTOPIX終値を使って売買代金を補正。補正した一日あたりの売買代金の多い順に並べてみると、トップ5は16年2月、15年8月、16年1月、15年9月、18年2月となった。それぞれの月のTOPIX騰落率は全てがマイナスで9.4%、7.4%、7.4%、8.2%、3.7%である。51ヵ月は3の倍数なので、このデータを売買代金の順に3つのグループに分け、それぞれのTOPIX変化幅合計を計算してみると、売買代金が多かった月のグループは、564ポイントのマイナス。中間のグループは384ポイントのプラス。売買代金が低調だった月も364ポイントのプラスであった。やっぱり、売買代金が多い状況は「ろくでもない」相場だったのである。

マーケットがパッとしないのを一概に売買代金のせいには出来ないのが実際である。

 

 

くうの勝手な今日の予想

 「昨日こそはと思ったけど結局は小幅安に。この長い陰線、一生懸命売ってる人がいるみたいだね。期末の需給要因だったらお彼岸には終わると思うけど。下値を試すほど大勢で売ってるわけではないし、目立った不安材料も無いから。買い向かっても良いと思うけど。でも、コンサバの指値で。」

 

相場の格言「国策には逆らうな」

国家があってこそ、企業も家庭生活も成り立つのだから、正しいとか正しくないではなく、国のその時の政策には逆らうことはできない、むしろ政策に関連した銘柄は、前向きに評価して買ったほうがいいという教えです。
国策には国自体の進路を決めるような大きなものから各種産業政策などいろいろですが、80年代後半から90年初めの土地本位制を鮮明にしたバブル政策や、2000年前後のIT育成などは代表的国策といえるでしょう。

 

本日昼には日銀会合が終了します。まさか、追加緩和はないとは思いますが、出てきたらサプライズですので乗るべきだと。国策には逆らえませんので。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村