くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】NY市場の半導体高が東京にも波及

おはようございます、くうの親父です。

昨日も東京市場は円安にも関わらず、急減速。年金が売ってるとの観測でしたが、それにしてもですね。

期末要因というやつですか?

 

 

15日のNY市場

NYダウ ドル 25848.87△138.93ドル(△0.54%)

S&P500 2822.48 △14.00(△0.50%)

NASDAQ 7688.53  △57.62(△0.76%)

SOX 1392.36 △39.29(△2.90%)

VIX 12.88 ▼0.62(▼4.59%)

CME225 21330(理論価格 △63円)

米国10年国債 2.587% ▼0.043%

ドル/円 111.48円(東京比 △0.17円)

WTI 58.52ドル ▼0.09ドル(▼0.15%)

f:id:qoo-mile:20190318065222p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20190318065245p:plain

(出所 Bloomberg)
 

ブロードコム急反発で半導体関連が確りに

米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸した。

米中貿易協議が合意に向けて進展しているとの見方が強まり、投資家心理が上向いた。半導体関連株を中心にハイテク株が上昇したのも相場を押し上げた。

中国・新華社通信が15日、同国の劉鶴副首相がUSTRのライトハイザー代表やムニューシン米財務長官と電話で協議し「(貿易交渉で)実質的な進展があった」と報じた。米中が合意に向けて前進していると受け止められ、株式の買い安心感につながった。

前日夕の決算発表で「半導体事業は底入れしつつある」との見方を示したブロードコム(+8.23%)が急反発し、インテル(+1.66%)など他の半導体関連株に買いが波及した。マイクロソフト(+1.15%)やアップル(+1.30%)といった主力ハイテク株も買われ、相場上昇をけん引した。

ボーイング(+1.52%)株の上昇もダウ平均を押し上げた。10日の墜落事故を受け、事故機と同型機に搭載しているソフトウエアを早期に修正する見通しだと報道された。事故への対応が早いとの見方が買いを誘った。
 
ナスダック総合株価指数は反発、昨年10月上旬以来ほぼ5カ月ぶりの高値で終えた。

アナリストが投資判断を引き上げたアマゾン・ドット・コム(+1.55%)が上昇。半導体関連株とバイオ製薬株も買いが優勢だった。フェイスブック(2.46%)は売りが目立った。前日夕にサービス全体を統括する主要幹部らの退社を発表し、経営の不透明感を意識した売りが出た。

今週は個人情報管理を巡り米検察が捜査しているとも伝わり、売り材料が相次いだ。

 

 

東証市場構造のあり方等の検討は拍子抜け?

日経によると、「市場構造のあり方等の検討」について新たな動きが出てきているようだ。当初の報道と違う話もあり、全体的には緩やかな変更に留まるイメージだ。

まず、一番の注目である上場維持の時価総額基準であるが、当初500億円との報道が多かったのだが、土曜日の日経では250億円を軸に検討となっている。これにより東証第1部の半分以上の銘柄が降格となってしまうと考えられていたものが、3割超の720銘柄の降格に減る

また、四半期決算の英文開示義務化がルール化される模様。ただ、社外取締役等、ガバナンスに関するルール策定は今日の報道には盛り込まれていない。

東証は新たな基準の適用に3年以上の猶予期間を設けるとのことで、TOPIXの浮動株指数導入時よりも1年程度猶予期間を延ばしている。

そもそも、取引所主導でこの「市場構造のあり方等の検討」が行われていると思っていたのだが、政府の成長戦略の枠組みの一つだったようである。

今日の報道を見た率直な印象は「拍子抜け」である。

 

 

 

くうの勝手な今日の予想

 「先週は上昇したけど、日々の動きは振らされていて、方向性が掴めなかったね。今週も北朝鮮ミサイル問題や米中貿易問題とかで細かく揺れそうだね。先週末のNYは半導体関連が力強く上昇していて、足元の見方は厳しいけど、この辺を丁寧に拾っていきたいところ。でも、10連休を前にしてはポジションも取りづらいし、細かいポジショニングで行くしか無さそうデス。」

 

相場の格言「見ざる、言わざる、聞かざる」

相場師・本間宗久の相場極意、「三猿金銭録」の中心的格言。
日光東照宮の有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」の3匹の猿で表した世渡りの術は、株式投資にも大いに役立つというもの。
株式投資には情報収集は大切ですが、集めることだけに熱を上げて、あっちに行ってペチャクチャ、こっちに来てもペチャクチャやっていては、何が重要な情報であるかが分からなくなります。
また、他人の意見ばかり聞いていては人気につられて天井を掴んでしまいます。
人生も株式投資も最後のところは自己の確立が大切といえるようです。

 

現代は情報が溢れてますのでそれに流されないようにしないと、利益は挙げられません。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村