くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】7月利下げ観測強まり、NYダウ27000ドル乗せ

おはようございます、くうの親父です。

 

TGIFです!

明日から久しぶりの三連休ですが天気は生憎のようで。

明日は福岡にポイント→マイル交換に弾丸、明後日は塩原でゴルフと入っていますが、イマイチですね。

 

 

海外オーバーナイト注文動向

SELL 441億円BUY 836億円

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考でお願いします。

 

11日のNY市場

NYダウ ドル 27088.08ドル △227.88ドル(△0.85%)

S&P500 2999.91 △6.84(△0.23%)

NASDAQ 8196.04 ▼6.49(▼0.08%)

SOX 1476.28 △4.77(△0.32%)

VIX 12.93 ▼0.10(▼0.77%)

CME225 21610円(理論価格比 0円)

米国10年国債 2.138% △0.076%

ドル/円 108.47円(東京比 ▼0.42円)

WTI 60.20 ▼0.23ドル(▼0.38%) 

f:id:qoo-mile:20190712065455p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20190712065521p:plain

(出所 Bloomberg)

 

7月利下げ観測が強まり、幅広く買いが入るツヨマr

米株式市場でダウ工業株30種平均が続伸した。

5営業日ぶりに過去最高値を更新し、初めて27000ドルの大台に乗せた。

10~11日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受けて7月の利下げ観測が強まり、買い安心感につながった。

パウエル議長が10日の下院での議会証言で早期の利下げを示唆し、11日の上院での議会証言でも「金融政策は我々が考えていたほど緩和的ではなかった」と利下げに前向きな姿勢を示した。

緩和期待から投資家心理が上向き、幅広い銘柄に買いが入った。

ユナイテッドヘルス・グループ(+5.52%)が大きく上げ、1銘柄でダウ平均を90ドルあまり押し上げた。トランプ米政権が薬価設定に関する政策方針を撤回したことが明らかになり、当面は米医療保険や医薬品業界の仕組みに大きな変更がないとの見方が広がった。

朝方発表の6月の米CPIやエネルギー・食品を除くコア指数が市場予想を上回る伸びとなった。米長期金利が大幅に上昇したこともあって、アップル(0.72%)アマゾン・ドット・コム(0.80%)など主力株の一角が売られた。

 

米利下げ転換時の 検証、日本株の出遅れ修正は眼前と考えられる

 

パウエルFRB議長の議会証言で、7月末のFOMCでの0.5%の利下げ確率が高まるなど、少なくとも0.25%の利下げはほ ぼ確定的になった。

そこで過去の利下げ転換時の各マ ーケットを確認す ると、NYダウは一貫して堅調だ。次に利下げ1ヵ月前頃からドル円レートが堅調になった今は少なくともこのフェーズ には入っていると考えられる。

一昨日は、米株の上昇が限定的でドル円は軟化したが、トレンドはリスクオン方向と考えるべきだ。

そして過去のケースでは、次に利下げ2週間前頃から日経平均が反発し、最後に利下げ前後に米債利回りが反発した。

今回は継続的な利下げでない可能性が高いし、一方で相当に利下げを市場に織り込ませたので、日経平均や米債利回りが反発するフェーズが早くてもおかしくない。例えば、過去の利下げ日を一昨日に当てはめて考えても良いかも知れない。

相場格言では「FEDと喧嘩するな」「政策に売り無し」と言われる。日本株の出遅れ修正場面は目前と考えるべきだろう。

 

くうの勝手な今日の予想

「NYの上昇が止まらないけど、日本の出遅れが本当に目立ちます。ただ、米国利下げ濃厚なのに10年債金利反発、ドル円もいったんの108円割れでボトムと環境は良くなってるんじゃないかな。勝負どころだね。」

 

株投資名言

「市場で自らを鍛え、何かを学び取りたいと念じるなら、身銭を投じて、自らの手口を注視し、失敗から教訓をえることだ。」(ジェシー・リバモア)

実際に投資して、自らの投資行動を分析し、損失を被ったらそこから学べということですね。

 

 今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村