くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】NY株式の好調は日本三連休中も変化なし、東京が追随出来るか?

おはようございます、くうの親父です。

しかし、鬱陶しい梅雨ですね。これだけ太陽を見ないと調子がおかしくなってるのは私だけでしょうか?特に連休明けは.... 

 

 

 

海外オーバーナイト注文動向

SELL 529億円BUY 672億円

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考でお願いします。

 

15日のNY市場

NYダウ ドル 27359.16ドル △27.13ドル(△0.10%)

S&P500 3014.30 △0.53(△0.02%)

NASDAQ 8258.19 △14.04(△0.17%)

SOX 1515.92 △11.64(△0.77%)

VIX 12.68 △0.29(△2.34%)

CME225 21595円(理論価格比 ▼55円)

米国10年国債 2.089% ▼0.033%

ドル/円 107.84円(東京比 △0.50円)

WTI 60.21 △0.01ドル(△0.02%) 

f:id:qoo-mile:20190716065713p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20190716065734p:plain

(出所 Bloomberg)

 

7月利下げ観測が強まり、幅広く買いが入るツヨマr

米株式市場で4日続伸した。

米利下げ観測が引き続き相場を支えた。

米主要企業の四半期決算の発表シーズンが始まり、業績を見極めたいとの雰囲気も根強く、前週末終値を挟んでもみ合う場面が目立った。

FRBのパウエル議長が前週の議会証言で7月末の利下げに前向きな姿勢を示し、株式市場に資金が流入しやすい地合いが続くと見込んだ買いが続いた。

米中貿易交渉の不透明感から出遅れていた化学のダウや建機のキャタピラーなどへの買いが続き、ダウ平均を押し上げた。

米主要企業の四半期決算の発表が今週から本格化する。調査会社リフィニティブによると米主要500社の利益は前年同期比0.3%減る見通し。

ただ、「期待値が低いため、予想を上回る内容が多ければ業績回復期待につながる」との声もあった。

結果を見極めようと、上値を追う動きは限られた。

 

米国では業績に対 する不透明感後退 で上値が軽くなる 可能性あり

企業業績に不安感はあるのは米国株も日本株と同じだ。

米国の決算発表は7月15日から8月初にかけての3週間がメイ ンで、業績ウォーニングは業績発表の2週間前までに発表することが通例なので、 今週はウォーニングが集中しても おかしくはない。

今のところウォーニングは目立っていないが、ウォーニング時期にタイミングを合わせ企業アナリストがレーティングの引き下げを盛んに行っており、 株価の圧迫要因となっている。

ただし、そうした悪材料は今週で一巡すると期待できる

過去の業績ウォーニング時期に下落したケースでは、決算発表時期は反騰することが多い

業績懸念がある銘柄は事前のウォーニングで出尽くしとなり、実際の決算発表では悪くない銘柄しか残らないからだ。今回 は利下げを材料に米国株価指数は堅調だが、業績に対しては警戒感が強いので、今週本格化する実際の決算発表では上値が軽くなる可能性があるだろう。

 

 

くうの勝手な今日の予想

「日本が三連休中もNYは上昇と益々、引き離されてます。円高が気になるけど、世界的なムードを考えると105円とかに行くとも思えず。日本株もいい加減、上がるんじゃないかな?まだはもうなりにかけたいね。」

 

株投資名言

「 買うから株価が上がる、上がるから買われるという循環です。私たちが売りに回るのは根拠のないウォール街の期待感が理由であって、その銘柄が会社としての質が劣っていると考えているわけではありません。証券投資ビジネスでの収益は、素晴らしい会社に投資することからではなく、株価の非効率性を突くことから生まれるのです。」
(マイケル・ラウアー)

その会社が良いから買う、悪いから売るではなく、実態と株価が乖離(非効率性)を売り買いするということです。

 

 今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村