くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】NY連銀総裁のハト派発言で急速に値を戻し、SOXは上昇

おはようございます、くうの親父です。

昨日の東京市場は思いの外下げましたが、買い手不在が効いてますね。

昨日、全英オープンゴルフ開幕。松山他、日本勢健闘してますが、@金谷くんに特に注目です!!

 

 

海外オーバーナイト注文動向

SELL 342億円BUY 428億円

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考でお願いします。

 

18日のNY市場

NYダウ ドル 27222.97ドル △3.12ドル(△0.01%)

S&P500 2995.11 △10.69(△0.36%)

NASDAQ 8207.24 △22.04(△0.27%)

SOX 1526.97 △23.10(△1.54%)

VIX 13.53 ▼0.44(▼3.15%)

CME225 21195円(理論価格比 △180円)

米国10年国債 2.024% ▼0.021%

ドル/円 107.55円(東京比 △0.21円)

WTI 55.30 ▼1.48ドル(▼2.61%) 

f:id:qoo-mile:20190719065806p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20190719065829p:plain

(出所 Bloomberg)

 

米中貿易交渉の先行きに暗雲で続落

米株式相場は3日ぶりに反発した。

前日のネットフリックスの低調な決算が嫌気されハイテク株中心に売りが先行し、一時は150ドル安まで下げた。

午後にニューヨーク連銀総裁が講演で早期利下げを強く示唆すると、株式市場への資金流入期待が高まり急速に下げ渋った。NY連銀のウィリアムズ総裁は18日の講演で「中央銀行は経済状態の悪化に直面した場合、速やかに行動すべきだ」と早期利下げに積極的な姿勢を見せた。

金融緩和的な環境が続くことで投資家が運用リスクを取りやすくなるとの思惑から、株式市場で幅広い銘柄に買いが入った。

堅調な決算を発表した銘柄への買いも指数を押し上げた。17日夕に発表した20194~6月期決算で純利益が前年同期を上回ったIBM+4.58%。午前中は売りが先行した。

17日夕発表した194~6月期の契約者数の伸びが市場予想を大きく下回ったネットフリックス(10.27%)が急落。「これまで上昇の勢いが強かった銘柄が大きく下げ、株式市場の先行き不透明感を強めた」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)といい、

フェイスブック(0.50%)アマゾン・ドット・コム(0.70%)など大型ハイテク株に売りが広がった。

CNBC18日、米中の貿易交渉について「複雑な問題が残っている」とするムニューシン米財務長官の発言を伝えた。

投資家が米中協議の先行きへの懸念を強めたことも相場の重荷だった。
 
半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)(+0.79%)18日の決算発表で先行きの業績に前向きな見方を示したことを受け、半導体製造装置株が買われた。

 

買い手不在に先物のテクニカルの売りが継続 

昨日は特段の悪材料も見当たらないのに日経で400円安と大きく下落しました。

明確な要因なしに「日経だけ」がこれだけアンダーパフォームするのも珍しいかと思います。

特に今週に入ってからは米国株が上値が重たくなったと言っても顕著です。

f:id:qoo-mile:20190718155556j:plain

(出所 Bloomberg

 

動きとしては明らかに先物が主導しています。

昨日も下落幅の割には売買代金は2兆1,000億円と低調なままです。

以下はシンプルに先物/現物の売買代金比率。本日のレシオは今年最高に近い水準で、先物の売りが主導していることを表しています。

f:id:qoo-mile:20190718155603p:plain

 

では売りの主体は?

考えられるのはCTA系かと思います。日経の50日平均線を割っていることがテクニカルに影響したかもしれません。

f:id:qoo-mile:20190718155619j:plain

(出所 Bloomberg

 

CTAといえば、一昨日の手口ではクレディスイス(一般にCTA系が多い)が日経を1180枚売り越していました。

 

再度、同社の年初来からの手口(立会内のみ)を累積して傾向を探ってみました

・一度売りか買いのトレンドがつくと短くて2週、長くて2か月程度トレンドが継続することが多い

・年初来でTOPIXはほぼフラット。日経は売り越し。

・3月までは日経とTOPIX両方で同じようなトレンドがみられたが、4月以降は徐々に乖離がみられ、主に日経で売りが目立つようになった (→CSの背後のCTA主体は複数いて、4月以降は新たに日経だけをトレードする主体が売りで入ってきた?)

f:id:qoo-mile:20190718155611p:plain

 

先週末時点で既に米国や欧州はMAXロングのトレンドスコアvs日経(と韓国中国)のみマイナスという状況になっており、日経はマイナス3.25bnとの推定。

これ以上に日経ショートが入ると、益々乖離が広がる状況です。

かなり極に近いところまできているようにも思えます。

 

くうの勝手な今日の予想

「東京株式は指数は先物の売りで下げたけど個別はさほど売られず。大幅下方修正のNOKも6%安と、拾ってくる向きも。ポートフォリオのシクリカルへの入れ替えを進めたいね。」

 

株投資名言

「トレーダーが立て続けに損を出すのは自己欺瞞が達者なためでもある。自分がどこでどう間違ったかを知るのが怖いのだ。私がブレイクイーブン(損益がとんとん)のトレーダーから堅実に稼ぐトレーダーへと変身したのは、取引を一件ずつ精密に分析した結果なのだ。

(ゲイリー・スミス

分散投資はリスク低減で理にかなっているけど、リスクはリターンの源泉だから分散し過ぎは良くないかと。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村