くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】米中貿易交渉進展期待と金利上昇でNY続伸もポジション乗せは控えたい

おそようございます、くうの親父です。

 昨晩はやってしまい、遅くなってしまいました(酔&謝)

 

 

海外オーバーナイト注文動向 

SELL 465億円、BUY 677億円

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度でお願いします。

 

5日のNY市場

NYダウ 26728.15ドル △372.68ドル(△1.41%)

S&P500 2976.00 △38.22(△1.30%)

NASDAQ 8116.83 △139.95(△1.75%)

SOX 1566.21 △46.66(△3.07%)

VIX 16.27 ▼1.06(▼6.12%)

CME225 21150円(理論価格比 △70円)

米国10年国債 1.559% △0.093%

ドル/円 107.02円(東京比 ▼0.52円)

WTI 56.30 △0.04ドル(△0.07%) 

f:id:qoo-mile:20190906074937p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20190906074956p:plain

(出所 Bloomberg)

 

米中貿易交渉、進展期待で大幅続伸

米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続伸した。

731日以来、約1カ月ぶりの高値で終えた。

5日に米中10月初めに閣僚級の貿易協議をワシントンで開くことで合意したのを受け、米中摩擦が和らぐとの期待感が広がった

中国の劉鶴副首相が米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表やムニューシン米財務長官との電話協議で合意した。

中国商務省の声明によると、9月に事務レベルで協議し、10月に備えるという。中国共産党系メディアが相次いで交渉進展の可能性を示唆したことも貿易協議前進への期待につながった。

ダウ平均は480ドル高まで上げ幅を広げる場面があった。米中摩擦が和らぐとの期待感から中国関連の売上高の大きい建機のキャタピラー(+3.26%)やアップル(+1.95%)

IBM(+3.41%)半導体インテル(+2.41%)などに買いが優勢になった。

同日発表の8月のADP全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数(政府部門除く)が前月比195000人増と市場予想(14万人前後の増加)以上に伸びた。

8月のISM非製造業景況感指数も56.4と市場予想を上回った。米景気の減速に対する過度な警戒感が後退したのも投資家心理を支えた。

金利が上昇し、米債券市場では10年債利回りが2年債利回りを下回る「逆イールド」が解消した状態が続いている。金融機関の利ざやが改善するとの見方からJPモルガン・チェース(+2.27%)ゴールドマン・サックス(+2.63%)など金融株の上げも目立った。 

 

信用期日明けとなるJASDAQ平均や5G関連株に期待

 

最近日経JASDAQ平均が7営業日続落となるなどフロンティア市場は出遅れている。

JASDAQ平均はザラ場高値が3月5日であり本日が6ヵ月間の制度信用の高値期日なので、ここまでは重かった。TOPIXの高値は4月17日なので、今後は日経JASDAQ平均の方が上値が軽くなることが期待できる。

実際、個々の銘柄では1月高値や2月高値銘柄は順次底入れた動きとなってきた。

順次値動きが良くなることが期待できる。

また、そうした値動きが確認できると、4月に高値をつけた日本株全体も10月からは本格的に動意付くことが期待できることになる

まずは3月高値の日経JASDAQ平均や5G関連株のリバウンドに期待したい。

  

くうの勝手な今日の予想

 

「予想に反して21000円をあっさりクリアしてしまいました。見誤ったことをお詫びしますが、ここからドテンはしにくいかと。でも、そう考えるともう一段も。粛々とポジション少なくします。」

 

今日の格言  

「革命は些細なことではない。しかし、些細なことから起こる」
アリストテレス (哲学者)

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村