くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】日中貿易協議進展期待が高まり、NY株式上昇で東京もやはり、ハイテクか?

おはようございます、くうの親父です。

ラグビーW杯が閉幕しましたが、最後の最後でケチが付きましたね。

イングランドのあの行為は残念であれどうであれ。

要らなかったら返上すればと思いますがね。

 

 

 

海外オーバーナイト注文動向   

SELL 620億円、BUY 482億円只今、集計中

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度でお願いします。

 

4日のNY市場

NYダウ 27462.11ドル △114.75ドル(△0.42%)

S&P500 3078.27 △11.36(△0.37%)

NASDAQ 8433.20 △46.80(△0.56%)

SOX 1736.92 △36.99(△2.19%)

VIX 12.83 △0.53(△4.31%)

CME225 23135円(理論価格比 △280円)

米国10年国債 1.777%(△0.067)

ドル/円 108.57円(東京比 △0.63円)

WTI 56.54 △0.34ドル(△0.60%) 

f:id:qoo-mile:20191105070026p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20191105070100p:plain

 (出所 Bloomberg)

 

米中貿易協議進展期待から最高値更新

米株式市場は続伸した。

米中の貿易協議が進展するとの期待から、投資家姿勢が強気に傾き、景気敏感株中心に

幅広い銘柄に買いが入った。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は1日夕、米中が10月中旬に暫定合意した貿易

交渉の「第1弾」の署名場所について「トランプ米大統領アイオワ州を考えていると述べた」などと報じた。

署名が行われることで米中協議が進展するとの期待から、「中国関連」とされる建機のキャタピラー(+1.68%)や工業製品・事務用品のスリーエム(+2.82%)が買われた。

ブルームバーグ通信は3日、ロス米商務長官が米企業の中国通信機器大手、ファーウェイへの事実上の禁輸措置について一部の解禁は「間もなくだ」と述べたと伝えた。

インテル(+1.94%)など半導体銘柄が買われたことも指数を押し上げ、ダウ平均は上げ幅を一時170ドルまで広げた。買い一巡後は上げ幅を縮める場面もあった。

日用品大手のP&G(3.87%)などディフェンシブ銘柄には売りが出た。

CEOが退任し、経営体制への懸念が広がったマクドナルド(2.72%)株の下げも響いた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、連日で過去最高値を更新した。

半導体株やIT関連銘柄が買われた。S&P500株価指数も連日で過去最高値を更新した。

 

弾劾プロセス採決、世論次第で様変わりに

 

米国下院で弾劾調査プロセスを定めた決議案が採決された。

今後下院で公聴会が多く開かれ、世論が弾劾すべしとなり得る。そうなると共和党優勢の上院でも造反が懸念されるし、来年の選挙戦でトランプ敗戦が懸念される。

選挙を前にニクソン大統領の様に辞任もあり得る。

一方、法律違反とは別に、世間が要求する倫理レベルは属人のキャラクターにも大きく左右される。

クリントン大統領の醜聞は世論が許容し、逆に野党は議席を伸ばせず、追求した下院議長は辞任に追い込まれた。

追い込まれる懸念があるトランプ大統領は対中融和などに進むことなれば事前の株高もあり得るし、そうなると世論次第では下院が弾劾決議をためらう可能性もある。

こう見ると、世論が重要で、それは議員の造反に反映すると思う。

先週の下院採決はほぼ民主/共和の議席並みで、今のところ決定打とはなっていない。ただ、特に民主党に政権移行すると思えば、減税の縮小が懸念されるので、銀行の貸出態度が厳格化して、選挙を前に景気が悪化する可能性が高まるので注視したい。

     

くうの勝手な今日の予想

「11月に入っても強いです、NY市場。振り回されながらもなんとかですが、もう少し、強気でも良いのかもしれません。

日銀のETF買いの積み残しも山のようにありますし、押し目はすかさず拾っていかなきゃ!」 

 

今日の格言

「航海の成否を決めるのは、出航ではなく入港のときである。」
ヘンリー・ワード・ビーチャー

相場の流れに乗って含み益となってもそれを如何に利確できるかが重要かと。

買いよりも売りの方が難しいと言われる所以です。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村