くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】米中貿易協議合意期待減速も基調は変わらず、東京も円安受けて今週も堅調に

おはようございます、くうの親父です。

女子ゴルフ、米国LPGA公式戦、TOTOジャパンクラシックで鈴木愛完全優勝

これで賞金トップの申ジエに700万円弱差に。

あと3戦、目が離せなくなりました。

シブ子もいるし!

  

 

海外オーバーナイト注文動向   

SELL 424億円、BUY 586億円

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度でお願いします。

 

8日のNY市場

NYダウ 27681.24ドル △6.44ドル(△0.02%)

S&P500 3093.08  △7.90(△0.26%)

NASDAQ 8475.31 △40.80(△0.48%)

SOX 1736.78 △9.10(△0.53%)

VIX 12.07 ▼0.66(▼5.18%)

CME225 23470円(理論価格比 △70円)

米国10年国債 1.942%(△0.024)

ドル/円 109.22円(東京比 ▼0.06円)

WTI 57.24 △0.09ドル(△0.16%) 

f:id:qoo-mile:20191111065351p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20191111065410p:plain

 (出所 Bloomberg)

 

中合意期待後退も引けに掛けてはしっかりと依然、堅調

米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続伸し、連日で過去最高値を更新した。

トランプ米大統領8日朝、追加関税の段階的撤廃で米中が合意したとの中国政府の発表を否定し、貿易協議の不透明感を警戒した売りが先行した。

ダウ平均はマイナス圏で推移する時間帯が多かったが、米中合意への期待感は根強く、引けにかけて上げに転じた。

ダウ平均は午前に95ドル安となる場面があった。

前日は中国政府が「米中は発動済みの追加関税を段階的に撤廃する方針で一致した」と発表していたが、トランプ氏は「合意していない」と否定した。

発言を受けて売りが優勢になった。

日中は小幅安で推移する場面が多かったが、引けにかけて買いが優勢になった。

市場では「米中が何らかの合意にこぎ着けるとの楽観論がなお上回っている」(ヒンズデール・アソシエイツのビル・リンチ氏)との声が聞かれた。

発表がほぼ終了した米主要企業の7~9月期決算は市場予想を上回る内容が相次ぎ、株式の買い安心感につながっている。

個別では映画・娯楽のウォルト・ディズニー(+3.76%) が上昇し、ダウ平均を支えた。

前日夕に発表した20197~9月期決算で1株利益が市場予想を上回った。来週始める動画配信サービスへの期待も高まった。

一方、航空機のボーイング(1.76%)が安い。米空運のサウスウエスト航空(0.10%)ボーイングの小型機「737MAX」の運航停止を来年3月まで延長する方針を8日に発表し、嫌気した売りが出た。

ナスダック総合

株価指数は続伸し、3日ぶりに過去最高値を更新した。

半導体クアルコム(+4.50%)が上げたのが目立った。S&P500株価指数は連日で過去最高値を更新した。

 

未だ差引マイナスの裁定残高 

日中上昇幅を大きく削ってしまった週末の日本株であるが、それでも1ヶ月半も経たずして日経平均株価で3000円以上の上昇が実現している。

株価水準を見ると市場参加者の多くが強気に転じたのではと勘繰りたくもなるが、現状に大きな変化はない。個人投資家が主役となっている超弱気ETFのダブルインバース型ETFの発行口数は依然として増加傾向となっているし、信用買い残高は2兆円という低位のまま膨らむ兆しすらない。

地域金融機関も同様のようで、日銀保有分を除いたノーマル型の日経平均連動ETFの発行口数はアベノミクス以降で最低水準に止まっている。

 

その中で、一応ボトムアウトと評価出来るのが裁定残高である。

9月9日に差引で-7.8億株となっていた裁定残高は11月5日現在で-2.3億株と、売り裁定残高の減少が続いている。

先物主導の買いが株価上昇を促していることを裏付けるデータと言えるだろう。

ただ、この裁定残日経平均株価がほぼ24000円だった昨年10月4日には9.9億株まで積み上がっていたのだ。

当時の株価に700円程度の差まで近づいているが、裁定残高だと依然として12.2億株もの差がある。

今回、裁定残高のマイナスが5.5億株分減ったことで、日経平均株価は約2000円上がった。

仮に裁定残高が昨年10月水準にまで戻らなくとも、今年のピークである3月27日の2.8億株程度まで戻るだけで計算上は25000円をトライすることとなるのだ。

 

くうの勝手な今日の予想

「上昇を続けるNY株式市場。ドル円も堅調ですから今週も強そうです。

ただ、相当強気に傾いているので、反転のきっかけが何か出てこないかには注意を払わないと。」

 

今日の格言

「努力の量が、運の量を左右する。」
サミュエル・ゴールドウィン

運=実力ですから努力することで実力が身に付き、運を引き寄せるということでしょう。

努力しないと儲けられない、マーケットでまさしく言えることではないでしょうか?

  

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村