くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式投資】新型コロナで右往左往のマーケットだが、今日は配当再投資で意外に効くかも

おはようございます、くうの親父です。

 

東京都週末外出自粛要請は隣接4県と連携。

とかく叩かれて来た小池百合子知事ですが有事の際にはその実行力が機能します!

一方で安〇首相は記者会見も音沙汰と。あのトランプでも毎日やっているらしいですから。一言、国民に呼びかけることぐらいしても良いのではと皆さん、思いませんか?

 

 

海外オーバーナイト注文動向   

SELL929億円、BUY918億円只今、集計中

トントンといったところでしょうか

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度でお願いします。

 

26日のNY市場

NYダウ 22552.17ドル △1351.62ドル(△6.38%)

S&P500 2630.07 △154.51(△6.24%)

NASDAQ 7797.54 △413.24(△5.60%)

SOX 1572.67 △100.04(△6.79%)

VIX 61.00 ▼2.95(▼4.61%)

CME225 19130円(理論価格比 △640円)

米国10年国債 0.845% ▼0.023%

ドル/円 109.45円(東京比 ▼1.02円)

WTI 22.60ドル ▼1.89ドル(▼7.72%)

 

【NYダウ】

f:id:qoo-mile:20200327070549p:plain
(出所 Bloomberg)

 

NASDAQ

f:id:qoo-mile:20200327070605p:plain
(出所 Bloomberg)

 

G20、総額550兆円支援を好感、新型コロナ禍後の経済の反転に期待

米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、13日以来ほぼ2週ぶりの高値で終えた。3日続伸は2月6日までの4日続伸以来、ほぼ1カ月半ぶり。

新型コロナウイルスに対処する大型経済対策が早期に実現するとの期待から、幅広い銘柄に買いが優勢となった。

ダウ平均は引けにかけ上げ幅を広げ、この日の高値圏で終えた。

ダウ平均は足元の3日続伸で、23日に付けた約3年4カ月ぶりの安値(1万8591ドル)から21%戻した。
米議会上院は25日、2008年の金融危機後の経済支援策を大きく上回る2兆ドルの経済対策法案を賛成多数で可決した。

家計向けの現金支給や中小企業向けの事実上の給与補填制度、飲食や航空会社などの支援が組み込まれる。

成立には下院での法案可決とトランプ米大統領の署名が必要だが、週内にも成立すると見込まれている。

パウエルFRB議長は26日、「政策手段に限界はない」と述べたと伝わった。

大規模な経済対策に加えて、FRBによる緩和的な金融政策や金融市場などへの資金供給が景気を支えるとの期待を誘い、投資家心理を上向けた。

経済対策の恩恵を受けるとの見方からボーイング(+13.74%)が上昇。1銘柄でダウ平均を約147ドル押し上げた。

原油価格の急落などを背景に足元で売り込まれていたシェブロン(+10.26%)など石油株も買われた。

前日夕に発表した四半期決算で収益が市場が警戒したほど悪化しなかったマイクロン・テクノロジー(+5.38%)が大きく上昇。インテル(+8.34%)やエヌビディア(+4.73%)など半導体株全般に買いが波及した。

ダウ平均は一時1394ドル高まで上げた。ダウ平均の構成銘柄は29銘柄が上げ、業種別S&P500種株価指数の全11種が上昇した。

ナスダック総合株価指数は反発。アップル(+5.26%)やマイクロソフト(+6.25%)など主力株が軒並み上げた。

 

半導体関連株は決算発表頃に安心できるセクターに

さて、テレワークが拡大している。

機関投資家ファンドマネージャーのには周囲の同僚、証券マンの話が耳に入ること重要な情報源かもしれないが、今回のテレワークは世界的な規模で拡大している。

結果、データーセンターやサーバー需要は金融界の感覚以上に急拡大する可能性があると思う。

実際、DRAM価格は1月のWindows7サポート切れ特需での上昇が3月も継続傾向だ。
これとは別に、5G特需で台湾TSMC(2330 TT)は積極的な設備投資計画を維持しており、米半導体株(SOX)指数の3年サイクル(同ピンク弧)の買いサインは点灯中だ。

ややタイミングが早いかも知れないが、4~5月の決算発表時に安心できるのは半導体関連株と考えている。

 

くうの勝手な予想

上にも下にも大荒れなマーケット情勢が継続しているけど欧米の新型コロナ感染のピーク・アウト期待でしっかりの印象も。

ただ、VIXは高止まりしているので警戒は解けないね。

問題は崖っぷちの日本だけど、感染者数の推移と今週末の首都圏の人の出方に注目。

また、脳天気な姿が海外に報道されることになったらさすがのロングの外国人も売ってきそうな?

後、今日は配当の再投資。

それどころではないというヘッジファンドも多そうだから、意外に効くかも?

 

今日の格言  

「チャンピオンは負けることを恐れ、その他の人々は勝つことを恐れる。」
ビリー・ジーン・キング (テニス選手)

現下のマーケットは良い意味でも悪い意味でも大きく動いています。

勝っていても(少ないと思いますが)、負けていても(多いと思いますが)、逆に転換する可能性があるので、逃げずに真摯に向き合わねばならないということでしょうかね。

 

 今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。  

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村