くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【あさイチの株の素】GAFA好決算で時間外上昇も円安、景気減速、大統領選延期?と重たい話題も

おはようございます、くうの親父です。

東京都は飲食店等に22時までの営業を要請。

すでに感染は全国に広がってますので遅かったですね、今回は。

これで8月いっぱい、外呑みが無くなり、ポイ活は依然、再開せずです(泣)。

f:id:qoo-mile:20200731073644j:plain

  

 

海外オーバーナイト注文動向

SELL493億円BUY498億円

ボリューム減少もトントンに改善

国内、外資系証券会社12社の海外からのオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度で。

 

30日のNY市場

NYダウ 26313.65ドル ▼225.92ドル(▼0.85%)

S&P500 3246.22 ▼12.22(▼0.38%)

NASDAQ 10587.81 △44.87(△0.43%)

SOX 2147.55 △41.25(△1.96%)

VIX 24.76 △0.66(△2.74%)

CME225 22255円(理論価格比 ▼60円)

米国10年国債 0.546% ▼0.028%

ドル/円 104.74円(東京比 ▼0.32円)

WTI  39.92ドル ▼1.35ドル(△0.56%)

 

【NYダウ】

f:id:qoo-mile:20200731072755p:plain

 

NASDAQ

f:id:qoo-mile:20200731072824p:plain

 

FRBの資産購入維持で安心感が広まり反発

米株式相場は小幅に反落した。

4~6月期の米実質GDP速報値が過去最大の減少となるなど米景気の不透明感が強まり、金融やエネルギーなど景気敏感株を中心に売られた。

4~6月期のGDP速報値は前期比年率32.9%減と過去最大の減少だった。週間の米新規失業保険申請件数と失業給付の継続受給者数はともに前週から増えた。

米国では6月下旬からのコロナ感染の再拡大で経済再開が停滞しており、景気回復の遅

れが懸念された。市場では「V字型の急速な景気回復は年後半までみられない」(ウェルズ・ファーゴ証券)との声があった。

原油先物の下落を受け、エクソンモービル(▲4.90%)が下落した。ダウ(▲4.11%)やレイセオン・テクノロジーズ(▲3.26%)も大幅安。

長期金利が一時0.53%と4カ月半ぶりの低水準を付け、JPモルガン・チェース(▲2.66%)など金融株の下げも目立った。

ナスダック総合株価指数は続伸した。引け後に主力株「GAFA」(アルファベット(+0.97%)、アップル(+1.21%)、フェイスブック(+0.51%)、アマゾン・ドット・コム(+0.60%))の4~6月期決算発表を控え、好業績への期待した買いが入った。

前日夕に発表した4~6月期決算が市場予想を上回ったクアルコム(+15.22%)が急騰するなど、半導体株の一角に買いが入った。

増々GAFAはだけになるねね、米株は

 

今年になって最も狭い値幅

今日で7月も終わるが、今日余程の大きな上げ下げが起きなければ、この7月は2020年に入って以降で最も狭い値幅の月となる。

今月の中で日経平均株価が最も高い株価となったのは、15日に記録した22965.56円であり、同様に最も安い株価は1日22039.56円であった。

今日次第ではあるが、この7月は日経平均株価で日中高安を含めても22000円台で推移してきたということなのだ。

高値と安値の幅は926.00円に止まり、月初終値をベースにした率でも4.19%となる。

因みにコロナの影響がまだ出ていなかった今年1月がこれまでで最も値幅の狭い月であったが、それでも値幅は1223.00円で率でも5.27%である。

ここにきて国内の感染者増や、ファンダメンタルズ悪化への懸念が台頭してきているが、株式市場は極めて落ち着いた状況にあると言える。

この市場の落ち着きは先物の売買の少なさにもはっきりと表れている。

日経平均先物の当限の売買枚数(カレンダースプレッド取引分を除く)を見ると、今月の1日当たりの売買枚数は56522枚で、6月までの平均である98438枚を大きく下回っている。

相場全体を動かすエネルギーに乏しいことが、結果的に狭い値幅に止まる要因となっているのであろう。

7月は持ち合ったということになると8月はどちらかに動きそうだね

 

親父の見通し 

GAFAが好決算で時間外で吹っ飛び、ナスダック先物も上昇しているので東京もしっかりでスタートしそう。

しかし、このところのNY高を受けて高く始まるものの30分で息切れのケースが多く、今日もどうなるか。

ただ、日本株のまちまちながらもハイテクの決算は良好でSOX指数も最高値にあることから半導体中心に期待したい。

一方、円高、米国景気が早くも減速していることから半身に構えることも忘れずに。

GAFAみたいな企業は日本には無いね~

 

本日の主な決算発表 

予定 406件

11:00   (6902)デンソー、(6201)豊田織機

12:00   (4507)塩野義、(4528)小野薬、(2875)東洋水産

13:00   (4568)第一三共、(8031)三井物、(7259)アイシン精、(1803)清水建

13:15   (9007)小田急

14:00   (2267)ヤクルト

15:00~  (6861)キーエンス、(9433)KDDI、(4502)武田、(6981)村田製、(2914)JT、(8411)みずほ、(9022)JR東海、(4689)ZHD、

(6701)NEC、(9143)SG、(6586)マキタ、(9064)ヤマトHD、

(3064)MonotaRO、(8015)豊通商、(9502)中部電、(5802)住友電、

(9503)関西電、(9021)JR西、(8308)りそなHD、(8601)大和証、

(5332)TOTO、(6963)ローム、(5201)AGCなど

今日は村田製とNECに注目かな

 

相場の格言  

「今の姿ではない、今よりさらによくなるかを見よ」

日本人は現状追従型といわれる。
好調な姿が現実となってから買いに動く傾向がある。
しかし、株価は織り込んでいることがほとんど。
「今よりさらによくなるのか」という見方をすれば高値掴みは避けられるかと。
下げの場合も「今よりさらに悪くなるのか」と冷静にみれば底値での売りも避けることができる。

機械株の見方が典型だね

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。   

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村