くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【あさイチの株の素】NY休場も時間外先物はダウ上昇で東京は景気敏感株の流れが継続

おはようございます、くうの親父です。

昨日、2か月ぶりに都心の夜に出ましたが人が引くのが早いですね。

天気も不安定ということもありますが、いつも混んでいるお店も半分くらいの客の入りと。

JR東日本が終電の時間を早めることになり、生活は永続的に変わりそうです。

f:id:qoo-mile:20200908071257j:plain

 

 

 

海外オーバーナイト注文動向

SELL392億円、BUY315億円

米国祝日でボリューム減少したままで売り越し継続

国内、外資系証券会社12社の海外からのオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度で。

 

7日のNY市場

NYダウ 休場

S&P500 休場

NASDAQ 休場

SOX 休場

VIX 休場

大証225イブニング 231220円(理論価格比 △140円)

米国10年国債 休場

ドル/円 106.29円(東京比 △0.10円)

WTI  休場

  

6年ぶりとなった個人の売買シェア

昨日、9月分のQUICK月次調査<株式>が発表された。

日経平均株価の月末予想は調査時点の水準よりも若干安い23020円と9月の株価は大きく上昇しないとの予想となっている。

これを裏付けるように、運用者を対象にした現在のウェートを聞く質問では、指数が45.1と8月調査よりも2.1ポイントも低下し、今年4月調査以来の低さとなっている。

また、当面のスタンスを聞いた指数も51.4と50.0を上回っているものの前月より2.8ポイント低下。こちらも今年5月以来の低さであった。

安倍首相辞任直後に調査が行われていることもあって、弱気なセンチメントが前面に出易い状況であったのかもしれない。

ただ、注目する投資主体という質問では弱気なイメージはなく、チグハグな調査結果である。というのも、最も注目する主体は外国人との答えが多く、注目度は90%である。

8月調査では48.2と市場にネガティブと予想されていた指数も9月調査では55.9と急上昇し、強気な主体と市場関係者は考えているようだ。

また、注目度(5%)も指数(57.9)も8月調査から若干低下したが、個人投資家への期待は依然として高いし、売り越しが続く投資信託の指数が54.5と2018年9月以来の高さなのだ。

悪材料が重なっている株式市場であるが、需給面からは弱気が間違いとなりそうな状況なのだろう。

 

8月最終週の売買動向について。

海外投資家が先物を大きく買い越し(2939億円)て、現物株は売り越し(▲1598億円)だったが合計では1番の買い越し(1342億円)主体であった。

また、個人投資家信用取引先物の買い越しが大きく、全体でも960億円の買い越し。

まともな買い越し主体はこれだけで、投資信託や金融機関といった国内勢の多くが売り手となっている。

当該週は安倍首相のサプライズ辞任があったが、それまでの株価上昇で売り上がりに徹した投資家が多かったということなのだろう。

また、この週の個人投資家の売買シェアが25.46%にまで上昇している。年末の特殊要因を除くと、2014年9月1週以来の高水準であった。

マーケットでの個人の存在感が着実に増してるね

 

親父の見通し

昨日はテスラの調整から米国ハイテクグロースの先行き懸念、そしてそこのコールを買い込んだソフトバンクGの大幅安と負のスパイラルとなった。

今朝の日経新聞スクランブルではその辺のことを詳細に書いているが、市場から資金が流出する可能性にまで言及している。

さも、マーケットにはハイテク株しか無いような論調で有るが、資金ジャブジャブに変わりはないことからファクターのローテーションを繰り返すだけかと。

景気が緩やかながらも回復していくことが期待されることからバリュー景気敏感株ヘ流れていくと考えるのが自然だと思われる。

ハイテクばかりに気を取られてると収益チャンスを逃すんじゃない?

 

ウォーレン・バフェットの名言

Wall Street is the only place that people ride to in a Rolls-Royce to get advice from those who take the subway.

ウォール街は唯一、ロールスロイスで送り迎えされる人が地下鉄で通う人からアドバイスをもらうところです。」

投資術を磨けば何にも勝るということかな

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。   

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村