くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【あさイチの株の素】NYはテレビ討論会で足踏みも強い日本株がそのテレビを観ながら上昇するか

おはようございます、くうの親父です。

本日は米国大統領選第1回テレビ討論会。

舌鋒のトランプと大丈夫のバイデン。

ボケとツッコミで下手な漫才見てるより面白いかも知れません?

ただ、前場中ということで攪乱しなければいいですが。

f:id:qoo-mile:20200930072259j:plain

 

 

海外オーバーナイト注文動向

SELL613億円、BUY551億円

ボリューム水準変わらずで売り買いトントンに

国内、外資系証券会社12社の海外からのオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度で。

 

29日のNY市場

NYダウ 27452.66ドル ▼131.40ドル(▼0.48%)

S&P500 3335.47 ▼16.13(▼0.48%)

NASDAQ 11085.25 ▼32.28(▼0.48%)

SOX 2242.52 △4.88(△0.22%)

VIX 26.27 △0.08(△0.31%)

CME225 23450円(理論価格比 ▼90円)

米国10年国債 0.650% ▼0.003%

ドル/円 105.53円(東京比 △0.19円)

WTI  39.29ドル ▼1.31ドル(▼3.23%)

 

【NYダウ】

f:id:qoo-mile:20200930071321p:plain

 

 【NASDAQ

f:id:qoo-mile:20200930071340p:plain

 

新型コロナ感染拡大、経済対策の先行き不透明で足踏み

米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落した。

欧米で新型コロナウイルスの感染が広がる中、金融株やエネルギー株が売られて相場を押し下げた。ダウ平均は前日までの3営業日で820ドル上昇した。

29日夜に米大統領選候補の討論会を控え、積極的な買いは入りにくかった。

欧州や米国の多くの地域で新型コロナの新規感染者数が増加傾向にある。冬場が近づき、ウイルスがまん延しやすくなるとの観測も出ている。感染者の増加が経済活動の再開の動きを鈍らせるとの見方が投資家心理を冷やした。

JPモルガン・チェース(▲0.84%)やゴールドマン・サックス(▲1.14%)が下げた。原油安を受け、シェブロン(▲2.74%)やエクソンモービル(▲2.91%)も売られた。前日に大幅に上げたボーイング(▲1.49%)も安い。アメリカン航空グループ(▲3.99%)など旅行・レジャー株の下げも目立った。空運株は、国際航空運送協会(IATA)が今年の旅客者数の見通しを下方修正したことも売り材料となった。

民主党ペロシ下院議長は28日、新たに2兆2,000億ドル規模の経済対策法案を用意したことを明らかにした。ムニューシン米財務長官と協議を続ける方針と伝わったが「追加経済対策が大統領選前に成立するか確信は持てない」(スレートストーン・ウェルスのロバート・パブリック氏)との見方が根強い。交渉の先行きを見極めたい雰囲気が強まったことも買いを鈍らせた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落した。

主力ハイテク株はまちまち。アマゾン・ドット・コム(▲0.91%)やアップル(▲0.75%)は下げ、フェイスブック(+1.93%)は上昇した。アドバンスト・マイクロ・デバイス(+2.88%)など半導体株の一角が買われ、相場を支えた。

NY市場も新型コロナウィルス感染で行ったり来たりだね

 

今朝のダウ採用銘柄の風向きから東京を読む 

ダウは反落したもののどのセクターが足を引っ張ったということもなく、全体に様子見という感じ。あえて言うならば銀行、クレジットの下げが目立つ。

東京はこの感じだと今週に入って景気敏感株が上昇していたことで利確が出やすいか。

ランク 名称 価格 前日比 変化% ダウ寄与額
1 ナイキ 126.35 2.03 +1.63% 13.356
2 アムジェン 248.3 1.27 +0.51% 8.356
3 セールスフォース・ドットコム 247.45 0.78 +0.32% 5.132
4 ユナイテッドヘルス・グループ 304.15 0.92 +0.30% 6.053
5 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 147.06 -0.05 -0.03% -0.329
6 ハネウェルインターナショナル 164.51 -0.13 -0.08% -0.855
7 ウォルマート 137.14 -0.11 -0.08% -0.724
8 ホーム・デポ 272.11 -0.22 -0.08% -1.447
9 シスコシステムズ     39.06 -0.07 -0.18% -0.461
10 キャタピラー 147.41 -0.27 -0.18% -1.776
11 ベライゾン・コミュニケーションズ 59.24 -0.12 -0.20% -0.79
12 ビザ 199.44 -0.88 -0.44% -5.79
13 インテル 51.19 -0.24 -0.47% -1.579
14 ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー 125.4 -0.59 -0.47% -3.882
15 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 137.26 -0.75 -0.54% -4.935
16 IBM 120.94 -0.79 -0.65% -5.198
17 マクドナルド 218.68 -1.58 -0.72% -10.396
18 コカ・コーラ 48.92 -0.36 -0.73% -2.369
19 アップル 114.09 -0.87 -0.76% -5.724
20 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 95.35 -0.81 -0.84% -5.329
21 マイクロソフト 207.26 -2.18 -1.04% -14.343
22 メルク 81.9 -0.86 -1.04% -5.658
23 アメリカン・エキスプレス 97.75 -1.07 -1.08% -7.04
24 3M 159.81 -1.85 -1.14% -12.172
25 ゴールドマン・サックス・グループ 196.79 -2.28 -1.15% -15.001
26 ボーイング 163.6 -2.48 -1.49% -16.317
27 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 35.38 -0.69 -1.91% -4.54
28 Dow Inc 46.57 -0.91 -1.92% -5.987
29 トラベラーズ 107.44 -2.78 -2.52% -18.291
30 シェブロン 71.9 -2.03 -2.75% -13.356

テレビ討論会を前にして様子見ってところだね

 

日経500平均が史上最高値を更新

一昨日、日経500種平均が1989年の史上最高値を昨日更新した。

日経225種平均とはかなり異なった動きだ。

日経225流動性が高く、ボラティリティが小さい銘柄を採用する方針なので、相対的に値動きが大人しい銘柄が入りやすい。

一方、日経500は流動性が高く、時価総額が大きい銘柄を採用する方針なので、結果的に派手な値動きのモメンタム株が入りやすい。

ここもとの相場傾向が日経500のサポートになっている。
流動性などの計測期間は、日経225銘柄が5年間なのに日経500が3年間なので、日経500の方が入れ替えが激しく、採用銘柄の新陳代謝が激しい。米S&P500や英FT100は基本的に時価総額順位基準なので、日経500の方がグローバル基準に近いと言える。

日経500採用かつ日経225非採用銘柄を保有し、日経225に採用されたら売却するのも一つの投資アイディアかもしれない。

 

【日経500採用・日経225非採用銘柄、時価総額上位】

ランク 銘柄名 コード 時価総額(億円)
1 キーエンス 6861 70117
2 任天堂 7974 59350
3 日電産 6594 37658
4 HOYA 7741 37605
5 村田製 6981 32178
6 SMC 6273 29579
7 OLC 4661 24688
8 ユニチャーム 8113 16513
9 ニトリHD 9843 15278
10 日ペイントH 4612 14682
11 オリックス 8591 13698
12 シマノ 7309 12964
13 小野薬 4528 12508
14 シスメックス 6869 11823
15 マキタ 6586 10921
16 ネクソン 3659 10216
17 SGHD 9143 9062
18 豊田織機 6201 8719
19 ダイフク 6383 8534
20 パンパシHD 7532 8403
21 阪急阪神 9042 7262
22 近鉄GHD 9041 7222
23 日清食HD 2897 7125
24 NRI 4307 7124
25 M&A 2127 6945
26 ヤクルト 2267 6693
27 参天薬 4536 6524
28 ホトニクス 6965 6273
29 島津製 7701 6149
30 ミスミG 9962 5994

万年225銘柄候補から勢いのある企業まで並んでいるね

 

親父の見通し

昨日の東京市場は日経で配当落ち分を一日で埋めるという大健闘ぶり。

配当再投資やNTTドコモストップ高買い気配でTOPIX先物がプレミアムで買われるなどあちこちで買いの動きが。

その中でも目立っていたのがキーエンス日本電産東京エレクトロンなどの値がさハイテク株の上昇でまるで、外国人が日本を買いに来ているかのようだった。

ここまでのレンジの23500円も抜け始めてきており、意外高も頭の片隅に入れておいた方が良さそうな展開となって来ている。

日経新聞スクランブルも10月株安のアノマリーを出して弱気になっており、逆指標として使えるかも。

でも、大統領選まではフルアクセルは控えた方が良さそうかな?

 

ウォーレン・バフェットの名言

The business schools reward difficult complex behavior more than simple behavior, but simple behavior is more effective.

ビジネススクールはシンプルなものよりも、難しく、そして複雑な行いをもたらすが、シンプルな行いはより効果的なのだ。」

投資はより複雑かつ入念に考えた上で行った方がリターンが多いということかな?難しいね、今回は

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。   

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村  

 

www.qoo-mile.site