くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【あさイチの株の素】米国追加経済対策の小競り合いが続くが楽観ムードはそのままに

おはようございます、くうの親父です。

 Gotoトラベルキャンペーン、東京都が対象となったと思ったら大手旅行サイトは予算達成で割引ダウン!

JTBや近ツリに比べたら新興勢ですから枠も多くなかったのと逆にネット予約の時代なんでしょうね。

また、見誤った霞が関はどうするのでしょうか?

f:id:qoo-mile:20201012073417j:plain

 

 

海外オーバーナイト注文動向

SELL409億円、BUY359億円

休み明けでボリューム大きく減少、売り越しに

国内、外資系証券会社12社の海外からのオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度で。

 

8日のNY市場

NYダウ 28586.90ドル △161.39ドル(△0.57%)

S&P500 3477.13 △30.30(△0.88%)

NASDAQ 11579.94 △158.96(△1.39%)

SOX 2398.04 △41.88(△1.78%)

VIX 25.00 ▼1.36(▼5.16%)

CME225 23560円(理論価格比 ▼60円)

米国10年国債 0.774% ▼0.012%

ドル/円 105.66円(東京比 ▼0.27円)

WTI  40.60ドル ▼0.59ドル(▼1.43%)

 

【NYダウ】

f:id:qoo-mile:20201012072335p:plain

 

 【NASDAQ

f:id:qoo-mile:20201012072359p:plain

 

追加経済対策への期待が継続し3日続伸

米株式市場は3日続伸した。

追加の米経済対策への期待から、景気敏感株などに買いが優勢だった。

ムニューシン米財務長官と野党・民主党ペロシ下院議長は9日午後に経済対策について協議する。9日は「米政権が経済対策案の規模を1兆8,000億ドルに引き上げ、民主党に再提案する」と報じられた。その後、クドロー米国家経済会議委員長がこの増額案について「トランプ氏が承認した」と述べたとも伝わった。

民主党案の2兆2,000億ドルには届かないが、市場では歩み寄る姿勢が前向きに受け止められた。

ダウ平均の前日比の上げ幅は昼ごろに250ドルに達したが、その後は伸び悩んだ。

経済対策の成立には共和党が過半を握る上院での可決が必要になる。共和党上院トップのマコネル院内総務は9日、野党の主張との隔たりが大きいとして「大統領選前に追加の経済対策で合意できないだろう」との認識を示したと伝わった。早期の経済対策の実現は難しいとの警戒感を誘い、積極的な株買いが見送られた。

マイクロソフト(+2.58%)とセールスフォース・ドットコム(+2.21%)がともに上昇した。

アドバンスト・マイクロ・デバイス(▼3.94%)による買収協議が進展していると報じられた同業のザイリンクス(+14.10%)は急騰した。

アップル(+1.73%)やキャタピラー(+1.45%)、ウォルト・ディズニー(+1.53%)も上げた。

一方、非中核事業の売却を発表し、前日に大きく上げたIBM(▲2.14%)は下げた。原油相場が下落し、シェブロン(▲1.62%)など石油株も売られた。

ナスダック総合株価指数は過去最高値を付けた9月2日以来の高値で終えた。

アマゾン・ドット・コム(+3.01%)やアルファベット(+1.82%)などが買われた。

追加経済対策の金額についてはマーケットはとらわれてはいないようだね

 

今朝のダウ採用銘柄の風向きから東京を読む 

NYダウマイクロソフト、セールスフォースの1・2フィニッシュでハイテク株優位に。

ナスダック、SOXも好調なことから東京もハイテク株が堅調となるだろう。

ランク 名称 価格 前日比 変化% ダウ寄与額
1 マイクロソフト 215.81 5.23 +2.48% 34.411
2 セールスフォース・ドットコム 265.98 5.76 +2.21% 37.898
3 ビザ 206.64 3.66 +1.80% 24.081
4 アップル 116.97 2 +1.74% 13.159
5 ユナイテッドヘルス・グループ 327.84 5.43 +1.68% 35.727
6 ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー 124.98 1.89 +1.54% 12.435
7 キャタピラー 158.94 2.28 +1.46% 15.001
8 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 150.97 2.08 +1.40% 13.685
9 ウォルマート 142.78 1.42 +1.00% 9.343
10 ナイキ 130.98 1.27 +0.98% 8.356
11 3M 169.3 1.59 +0.95% 10.461
12 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 142.92 1.27 +0.90% 8.356
13 コカ・コーラ 50.81 0.35 +0.69% 2.303
14 ホーム・デポ 285.92 1.4 +0.49% 9.211
15 ハネウェルインターナショナル 174.38 0.6 +0.35% 3.948
16 アメリカン・エキスプレス 106.34 0.28 +0.26% 1.842
17 ベライゾン・コミュニケーションズ 59.33 0.14 +0.24% 0.921
18 トラベラーズ 115.83 0.21 +0.18% 1.382
19 シスコシステムズ     39.85 0.06 +0.15% 0.395
20 Dow Inc 49.36 -0.02 -0.04% -0.132
21 メルク 80.36 -0.12 -0.15% -0.79
22 ゴールドマン・サックス・グループ 207.54 -0.44 -0.21% -2.895
23 ボーイング 167.33 -0.67 -0.40% -4.408
24 マクドナルド 224.83 -0.97 -0.43% -6.382
25 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 101.2 -0.58 -0.57% -3.816
26 インテル 52.82 -0.55 -1.03% -3.619
27 アムジェン 236.7 -3.39 -1.41% -22.305
28 シェブロン 74 -1.22 -1.62% -8.027
29 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 36.34 -0.73 -1.97% -4.803
30 IBM 127.79 -3.7 -2.81% -24.344

東京は金曜日、半導体お休みしてたから反発するかな

 

台湾TSMCが設備投資計画額を引き上げか。バイデン氏当選で半導体株はデメリット終息の可能性あり

水曜日のテレビ討論会に関しては、判事出身のカマラ・ハリス氏はコロナ対策に関しては明確に攻めた。ただ、他にも攻めることができる場面があったが、予備選時の様にはしなかった。それが好感度を優先した作戦だったなら、狙い通りの良い出来だったと思う。

4年前の「ヒラリー嫌い」のような空気を作らないことに成功した。 その討論会の中で、シェール開発に用いるフラッキング技術を禁止しないとハリス氏が明言したことが、木曜日の米石油株が突出して上昇した一つの要因となったと思う。この様にバイデン氏当選後の影響を市場は考え始めている。

ペンス副大統領はバイデン氏を中国のチアリーダーと指摘した。本当にそうであるなら、バイデン政権下ではハイテク出荷の規制は取りやめになるはずだ。この点では半導体株にポジティブかもしれない。

そうした中で、木曜日一部の海外メディアが台湾のTSMC(2330 TT)の設備投資計画が上方修正されるとの観測を報じた。TSMCの設備投資額はインテルと並び巨額で、半導体製造装置株には影響が大きい。またファウンドリー会社は世界のIT企業の生産計画を知る立場にもあり先見性に関し信頼性が高い。

半導体株(SOX)指数は3年程度のサイクルで、そのボトムではTSMCの設備投資の増額が買いサインになっていることを頭に入れておきたい。

金曜日は半導体関連は押したけど息が上げ基調だね

 

親父の見通し

第2回テレビ討論会のリモート開催をトランプが拒否したものの週末の米国は静かで大統領選の趨勢は決まってしまったかのようだが、また、何か動きがありそうで引き続き、警戒はしておきたい。

東京は先週はコロナ後の高値を抜いたあとは上値が重たくなって、週の取引を終えたが、中国の景気回復を受けて安川電機(6506)の決算が良かったこと、NYで半導体株を中心にしっかりなことから、堅調な週となりそう。

下がっても限定的と思われることから24000円にぐいぐいとはいかないが、アクセルはまだ、踏んでいきたい。

23500円の値固めの週だね

 

ウォーレン・バフェットの名言

You only have to do a very few things right in your life so long as you don’t do too many things wrong.

「人生においてはほんのいくつかのことを正しくやればいいんです、、、たくさん間違いを犯さない限り。」

投資する銘柄、全てが儲からなくても良いんですよということだね

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。   

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村