くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【あさイチの株の素】経済指標良好でダウだけ反発、東京は先週末の重たさが気にかかる

おはようございます、くうの親父です。

男子ゴルフ、日本オープン最終日。

稲森佑貴が逆転で2勝目と面白かったです。

そこで珍事が。

2位だった@河本力が前日、マークの後にボールを半分違うところにマークしたとして2ペナルティに。

おそらく、テレビの視聴者から指摘があったと思われますが、ゴルフは自己申告、判定は自分指針で原則ですから。

苦い経験となりましたが、これを教訓に頑張って欲しいです。

f:id:qoo-mile:20201019071524j:plain

 

  

海外オーバーナイト注文動向

SELL506億円、BUY388億円

買いのボリューム減少して売り越しに

国内、外資系証券会社12社の海外からのオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度で。

 

16日のNY市場

NYダウ 28606.31ドル △112.11ドル(△0.39%)

S&P500 3488.81 △0.47(△0.01%)

NASDAQ 11671.56 ▼42.31(▼0.36%)

SOX 2399.76 ▼11.38(▼0.47%)

VIX 27.41 △0.44(△1.63%)

CME225 23515円(理論価格比 △100円)

米国10年国債 0.746% △0.013%

ドル/円 105.41円(東京比 △0.10円)

WTI  40.88ドル ▼0.08ドル(▼0.20%)

 

【NYダウ】

f:id:qoo-mile:20201019070424p:plain

 

 【NASDAQ

f:id:qoo-mile:20201019070445p:plain

 

経済指標良好で景気敏感株は買われるもセンチメントは重いまま

米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発した。

朝方発表の9月の米小売売上高が市場予想を上回って伸び、米経済の底堅さを意識した買いが優勢となった。

9月の小売売上高は前月比1.9%増と5カ月連続で増え、市場予想(0.7%増)も上回った。春先の現金給付などで家計の預金は大きく増加したことに加え、株高による資産効果が寄与しているとの見方があった。

消費者心理を映す米ミシガン大学が同日発表した10月の消費者態度指数も81.2と9月分から上昇し、市場予想(80.5程度)も上回った。

ワクチンの実用化が意識されたことも投資家心理の改善につながった。

製薬大手ファイザーは16日、独ビオンテックと共同開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、11月下旬にも米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請すると明らかにした。建機のキャタピラー(+2.24%)や機械のハネウェル・インターナショナル(+1.30%)、工業製品・事務用品のスリーエム(+1.11%)など景気敏感株に買いが入った。

運航停止中の主力旅客機「737MAX」について、欧州の航空規制当局が運航再開を容認したと伝わったボーイング(+1.89%)も上昇した。ファイザー(+3.83%)が大幅高なるなど医薬品株の上昇も目立った。

一方、業績が景気の影響を受けにくく、新型コロナ禍でも買われてきたハイテク株は売られやすく、相場の重荷となった。アップル(▲1.40%)が続落。のアマゾン・ドット・コム(▲1.97%)とネットフリックス(▲2.05%)は売られた。

欧米での新型コロナの感染再拡大への警戒もくすぶった。米ジョンズ・ホプキンス大によると、米国の累計感染者は16日に800万人を超えた。1日あたりの新規感染者数は7月のピーク時に近づきつつあり、相場の上値を抑えた。ナスダック総合株価指数はと4日続落した。 

ダウは反発したけど基調は弱いままだね

 

今朝のダウ採用銘柄の風向きから東京を読む 

先週末のNYダウは上昇、キャタピラーボーイング、ハネウェルなどの景気敏感株がプラスが主導。一方、銀行株、アップルなどが値を下げた。

東京についてはその動きが先行した感じの相場付きだったことから週初ということもあり、そう色濃くは出ないのではないか。

ランク 名称 価格 前日比 変化% ダウ寄与額
1 キャタピラー 168.75 3.71 +2.25% 24.41
2 ボーイング 167.35 3.11 +1.89% 20.462
3 ユナイテッドヘルス・グループ 329.9 5.33 +1.64% 35.069
4 ハネウェルインターナショナル 174.86 2.25 +1.30% 14.804
5 3M 170.97 1.89 +1.12% 12.435
6 メルク 79.83 0.77 +0.97% 5.066
7 IBM 125.93 1.04 +0.83% 6.843
8 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 148.1 0.91 +0.62% 5.987
9 トラベラーズ 113.32 0.68 +0.60% 4.474
10 Dow Inc 49.3 0.29 +0.59% 1.908
11 インテル 54.16 0.31 +0.58% 2.04
12 シスコシステムズ     40.16 0.19 +0.48% 1.25
13 アメリカン・エキスプレス 104.91 0.48 +0.46% 3.158
14 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 144.39 0.56 +0.39% 3.685
15 ビザ 200.26 0.71 +0.36% 4.671
16 セールスフォース・ドットコム 258.55 0.83 +0.32% 5.461
17 アムジェン 235.72 0.71 +0.30% 4.671
18 ウォルマート 144.71 0.18 +0.12% 1.184
19 コカ・コーラ 50.03 0.04 +0.08% 0.263
20 ホーム・デポ 287.66 0.12 +0.04% 0.79
21 マイクロソフト 219.66 0 +0.00% 0
22 マクドナルド 229.37 -0.27 -0.12% -1.776
23 ベライゾン・コミュニケーションズ 58.05 -0.11 -0.19% -0.724
24 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 101.51 -0.21 -0.21% -1.382
25 ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー 126.81 -0.55 -0.43% -3.619
26 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 37.41 -0.23 -0.61% -1.513
27 ナイキ 128 -1 -0.78% -6.58
28 シェブロン 72.89 -0.62 -0.84% -4.079
29 ゴールドマン・サックス・グループ 206.21 -2.39 -1.15% -15.725
30 アップル 119.02 -1.69 -1.40% -11.119

景気敏感株優位には出ているけど相変わらずの猫の目だね

 

通期会社計画の上方修正が増加、株価反応を考える

2月決算企業の中間決算発表が終わりに近づき、3月決算企業の決算発表本格化が迫る中、日本企業の通期会社計画の上方修正が目立っている。

経済の正常化が漸進的に進む中、中間決算発表に対して一定の期待が持てよう。

コロナ禍という未曽有の事態を前に、元々保守的な性質の強い日本企業の期初会社計画は、一段と慎重な予想となっていたと考えられる。

1年を通じて最も業績修正が多い中間決算シーズンに、引き続き保守的でありつつも、より現実的な会社計画に数字を修正してくる事が見込まれ、通期会社計画の上方修正が続くと予想される。

収益リビジョン・インデクスは約2年ぶりにマイナス圏を抜け出してプラスに転換してており、セルサイドアナリスト予想も目線が上向きに転じつつある。

10月15日時点では、2・3月決算企業のうち49社が業績予想を上方修正している。一方で、下方修正は7社にとどまっている(純利益、1Q決算時の修正を除く、当社調べ)。

会社計画の修正に対する株価反応は未だサンプル数が限定的な点は考慮する必要があるが、これまで株価パフォーマンスが堅調であった銘柄は上方修正に対しての反応が鈍い一方で、アンダーパフォーマンスが続いていた銘柄の反応は強い。

また、バリュー(P/B)との相関も見られ、割安銘柄の反応が強い。業績モメンタムの転換が見込まれる中、中間決算シーズンは株価パフォーマンスの転機になる可能性がある。

中間決算では個別の動きが大きくなりそうだから用心しなくちゃ

 

親父の見通し

先週の金曜日の東京市場日経平均こそ90円下落で小幅だったが、ユニクロの上昇が100円寄与していたことから実質は200円安と結構な下落幅だった。また、マザーズの下落幅も一時3%に達し、調整色が強まっていた。引け味も売りで良くなく、米大統領選と中間決算を前にして動きづらい展開となっている。

また、VIX指数がジワジワ上昇と警戒感が増加していることから今週も慎重なスタンスで臨みたい。

売り手も少ないけど買い手も少ないんだよね

 

ウォーレン・バフェットの名言

There seems to be some perverse human characteristic that likes to make easy things difficult.

「どうもひねくれた人間の性質なのか、簡単なことを難しくしたがる傾向がある。」

株式に投資する時はいろんな角度からより深く考察して決定することが必要で、勘だけに頼っててはダメなんだね

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。   

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村