くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【あさイチの株の素】追加経済対策対策合意期待が剥落しニューヨークは反落、神経質な動きが続く

おはようございます、くうの親父です。

菅首相ベトナムに初外遊で夫人の真理子さんもファーストレディーデビュー!

普段、ほとんど表に出られませんが前の出過ぎる方に比べると全然、慎ましくて良い感じです。

これからもパートナーとして首相を支えてもらいたいです。

f:id:qoo-mile:20201020060736j:plain

 

  

海外オーバーナイト注文動向

SELL479億円、BUY551億円

買いのボリューム増加して買い越しに転換

国内、外資系証券会社12社の海外からのオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度で。

 

19日のNY市場

NYダウ 28195.42ドル ▼410.89ドル(▼1.44%)

S&P500 3426.92 ▼56.89(▼1.63%)

NASDAQ 11478.88 ▼192.68(▼1.65%)

SOX 2385.85 ▼13.91(▼0.58%)

VIX 29.18 △1.77(△6.46%)

CME225 23535円(理論価格比 ▼140円)

米国10年国債 0.769% △0.023%

ドル/円 105.47円(東京比 △0.08円)

WTI  40.83ドル ▼0.05ドル(▼0.12%)

 

【NYダウ】f:id:qoo-mile:20201020070505p:plain

 

 【NASDAQ

f:id:qoo-mile:20201020070555p:plain

 

追加経済対策の与野党の攻防で揺れ動くマーケット

米株式市場でダウ工業株30種平均は反落。

追加経済対策が成立するとの期待が剥落し、売りが膨らんだ。欧米での新型コロナウイルス感染の再拡大も投資家心理を冷やした。

野党・民主党ペロシ下院議長が週末に経済対策の与野党協議に48時間の期限を設けた。合意が近いとの観測から朝方は買いが先行し、ダウ平均は100ドル強上げる場面があった。

だが、規模などで与野党案の隔たりは大きく、大規模な対策に消極的な上院共和党を説得する必要もある。協議は難航するとの見方が次第に優勢になり、ダウ平均は買い一巡後に売られる展開となった。米紙が「交渉は成立しそうにみえない」と報じると売りが加速した。

朝方は高く始まった主力ハイテク株が下げに転じ、資本財や一般消費財などの景気敏感株にも売りが広がった。

欧米での新型コロナ感染の拡大も売りを誘った。欧州では英仏に続きイタリアが経済活動の規制強化を準備していると伝わった。米国では新型コロナの新規感染者数が40近い州で増えている。経済活動が再び制限される可能性が意識された。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は1.7%安で終えた。アップル(▲2.55%)、マイクロソフト(▲2.47%)、アマゾン・ドット・コム(▲2.00%)など主力ハイテク株が軒並み2%前後下げた。

追加経済対策の思惑だけで動いてるけど、VIXの上昇は気になるね

 

今朝のダウ採用銘柄の風向きから東京を読む 

昨日のダウはインテル以外は下落と全面安の様相に。

アップル、マイクロソフトなどハイテク株の弱さが目立ったが、前述のインテルだけは上昇とハイテクという括りにでは見誤りそう。

東京市場の昨日はどちらかというと景気敏感株主導の上昇となったが、ダウの流れからは今日も継続か。但し、ハイテクでも半導体関連は押し目は拾いたい。

 

ランク 名称 価格 前日比 変化% ダウ寄与額
1 インテル 54.58 0.42 +0.78% 2.763
2 ボーイング 167.11 -0.24 -0.14% -1.579
3 ゴールドマン・サックス・グループ 205.69 -0.52 -0.25% -3.421
4 IBM 125.52 -0.41 -0.33% -2.698
5 ナイキ 127.43 -0.57 -0.45% -3.75
6 キャタピラー 167.53 -1.22 -0.72% -8.027
7 コカ・コーラ 49.62 -0.41 -0.82% -2.698
8 3M 169.55 -1.42 -0.83% -9.343
9 Dow Inc 48.84 -0.46 -0.93% -3.027
10 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 36.97 -0.44 -1.18% -2.895
11 ウォルマート 142.95 -1.76 -1.22% -11.58
12 ベライゾン・コミュニケーションズ 57.3 -0.75 -1.29% -4.935
13 トラベラーズ 111.84 -1.48 -1.31% -9.738
14 ホーム・デポ 283.73 -3.93 -1.37% -25.857
15 セールスフォース・ドットコム 255.01 -3.54 -1.37% -23.291
16 メルク 78.67 -1.16 -1.45% -7.632
17 マクドナルド 226 -3.37 -1.47% -22.173
18 ビザ 196.97 -3.29 -1.64% -21.647
19 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 99.8 -1.71 -1.68% -11.251
20 ユナイテッドヘルス・グループ 324.22 -5.68 -1.72% -37.372
21 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 141.91 -2.48 -1.72% -16.317
22 ハネウェルインターナショナル 171.59 -3.27 -1.87% -21.515
23 ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー 124.23 -2.58 -2.03% -16.975
24 アムジェン 230.71 -5.01 -2.13% -32.963
25 シスコシステムズ     39.3 -0.86 -2.14% -5.658
26 シェブロン 71.28 -1.61 -2.21% -10.593
27 アメリカン・エキスプレス 102.47 -2.44 -2.33% -16.054
28 マイクロソフト 214.22 -5.44 -2.48% -35.793
29 アップル 115.98 -3.04 -2.55% -20.002
30 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 144.32 -3.78 -2.55% -24.871

景気敏感株優位がニューヨークは続いてるね。

 

買入金額減少も発動条件はそのまま

週初の日本株は反発となった。堅調であった夜間取引の日本株先物の動向を受けて日本株は上昇してスタートとなった。その後も米株先物の堅調推移に連動する形で順調に上げ幅を拡大。

後場途中からは流石に上げも止まったが、日経平均株価は木曜日と金曜日に続落となった分を取り返す上昇となった。ただ、決して商いが活発となった訳ではなく、売買代金は1兆6853億円と先週月曜日と比べても6000億円程度少ない水準である。少しの買いでも、売りの少ない市場では株価を押し上げ易くなっているのである。

 

土曜日の日経新聞に書かれている通り、先週金曜日も日銀によるETF買入が行われ、通常枠の買入累計が年間ベースでの過去最高を更新した。これまでの最高は2018年の6兆2112億円(日銀が発表している日々の買入金額を合計すると6兆2100億円となるが、クロス取引から推計だとこの金額となる)だったが、金曜日の買入でこの2020年の累計が6兆2154億円となった。2018年の買入回数は87回と、現状61回の買入である今年よりも多かったが、コロナショック時に1回の買入金額をMAX2004億円まで増やした効果が買入金額を押し上げている。

この10月に入って以降、買入金額は701億円に減っており、日銀のETF買入は非常時モードから通常モードに戻ったと考えて良いだろう。12兆円目標と比べると現状の買入は少ない金額に止まるが、だからといってそもそもの買入目標である6兆円ペースは維持されている印象である。また、先週金曜日の前場TOPIXは0.285%の下落率に止まり、0.5%下落という通常の発動条件では買入が行われない下落率であった。それでも買入が行われたのは以前コメントした買入の新ルールが適用されたからであり、買入金額は元に戻ったが、発動条件は4月以降のルールが継続しているということを覚えておきたい。  

買い手が日銀だけなのも如何だけどサポーターになっているは間違いないね

 

親父の見通し

昨日の東京市場は米国先物の時間外が堅調で主力株が買われ、意外高に。

ペロシ下院議長の追加経済対策20日期限を時間外米国株先物が前向きに捉え上昇、それによるところが多かったかと。それが剥落してニューヨークは下落したが、シカゴ日経先物は底堅くは終わった。

いずれにしても大統領選を前にして各国株式市場は神経質な動きが続くと思われ、今日の日経スクランブルに書いてるように単純に海外勢が日本株を買ってくるということはないのではないか。実際、昨日の上げは先週の海外勢の先物の売りの反動との指摘もある。

選挙でどちらが勝利するかを予想するよりも選挙後にゴタゴタしないかを注視したい。

日経の記事はネガティブ・インディケーターだからな~

 

ウォーレン・バフェットの名言

No matter how great the talent or efforts, some things just take time. You can’t produce a baby in one month by getting nine women pregnant.

「どれだけ優秀な才能や努力を持ってしても、時間のかかるものはあるのです。9人の妊婦を持ってしても、1ヶ月では子供は生まれません。」

どんなに良い会社でも直ぐに成長はしないわけで投資は長期的観点でしなくてはダメなんだね

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。   

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村