くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【あさイチの株の素】新コロ新規感染者拡大が止まらず、追加経済対策も決まらず、経済回復に暗雲で大幅続落

おはようございます、くうの親父です。

プロ野球ドラフト会議。

1位指名で阪神が4球団競合で佐藤輝明の交渉権を獲得。

コロナで揺れた1年間ですが、矢野監督は仕事をしてくれました。

福留、藤川、能見と球団を去ることは残念ですが、あたらしいチームに期待したいです。 

f:id:qoo-mile:20201027051207j:plain

 

  

海外オーバーナイト注文動向

SELL523億円、BUY367億円

買いのボリュームが増加も売り越し継続

国内、外資系証券会社12社の海外からのオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度で。

 

26日のNY市場

NYダウ 27685.38ドル ▼650.19ドル(▼2.29%)

S&P500 3400.97 ▼64.42(▼1.86%)

NASDAQ 11358.94 ▼189.34(▼1.64%)

SOX 2308.45 ▼51.78(▼2.19%)

VIX 32.46 △4.91(△17.82%)

CME225 23405円(理論価格比 ▼90円)

米国10年国債 0.801% ▼0.042%

ドル/円 104.85円(東京比 ▼0.02円)

WTI  38.56ドル ▼1.29ドル(▼3.24%)

 

【NYダウ】

f:id:qoo-mile:20201027063707p:plain

 

 【NASDAQ

f:id:qoo-mile:20201027063743p:plain

 

新型コロナ新規感染者数が過去最高に達し、経済再開回復に懸念が広がる

米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続落した。

米国で新型コロナウイルスの感染拡大が過去最多を更新したうえ、追加経済対策の合意も遠のき、米景気回復が遅れると警戒された。下げ幅は965ドルに達する場面もあった。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると米国の1日あたりの感染者数は23~24日に8万人を超え、7月の記録を上回って過去最多となった。飲食店の営業制限など経済活動への規制が広がり、景気を押し下げるとの懸念につながった。

追加経済対策の与野党協議を巡り、野党・民主党ペロシ下院議長とメドウズ米大統領首席補佐官がお互いの交渉姿勢を非難する事態となり、大統領選前の成立の可能性が低下している。新政権が発足する来年1月下旬まで成立しないとの見方も出ており、経済支援の遅れが景気を冷やす可能性が意識された。

ボーイング(▲3.90%)やキャタピラー(▲3.19%)など景気敏感株が安い。旅行・レジャー需要の持ち直しに時間がかかるとの見方から、ビザ(▲2.49%)やアメリカン・エキスプレス(▲4.06%)に加え、空運株も下げた。新型コロナのまん延でテーマパークや映画事業への悪影響が警戒されたウォルト・ディズニー(▲3.34%)も売られた。

ハイテク株にも売りが広がった。独ソフトウエアのSAPが25日、2020年12月期通期の業績見通しを下方修正した。新型コロナ禍で企業のIT需要が減速しており、マイクロソフト(▲2.84%)、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコム(▲3.40%)などが連想売りで大幅安となった。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は大幅に反落した。

死者は少ないとはいえ、経済への影響は無視できないよね

 

今朝のダウ採用銘柄の風向きから東京を読む 

昨日のダウはアップルを除き下落と全面安の様相に。

バリュー、景気敏感株の下落が比較的目立つことから東京市場もシクリカル銘柄は小休止か。

ただ、難しいのは好調な電子部品株でこれはもはやグロース株ではないのか?

ランク 名称 価格 前日比 変化% ダウ寄与額
1 アップル 115.05 0.01 +0.01% 0.066
2 ベライゾン・コミュニケーションズ 57.81 -0.15 -0.26% -0.987
3 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 141.3 -1.08 -0.76% -7.106
4 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 143.97 -1.27 -0.87% -8.356
5 アムジェン 224.89 -2.27 -1.00% -14.936
6 ウォルマート 142.16 -1.69 -1.17% -11.119
7 メルク 78.84 -0.99 -1.24% -6.514
8 ナイキ 128.37 -1.62 -1.25% -10.659
9 コカ・コーラ 49.8 -0.72 -1.43% -4.737
10 ゴールドマン・サックス・グループ 201.14 -3.9 -1.90% -25.66
11 マクドナルド 224.27 -4.44 -1.94% -29.213
12 3M 166.16 -3.64 -2.14% -23.949
13 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 37.21 -0.83 -2.18% -5.461
14 シェブロン 70.94 -1.63 -2.25% -10.725
15 ユナイテッドヘルス・グループ 323.06 -7.54 -2.28% -49.61
16 ホーム・デポ 276.04 -6.96 -2.46% -45.793
17 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 101.24 -2.57 -2.48% -16.909
18 ビザ 193.07 -4.94 -2.49% -32.503
19 マイクロソフト 210.08 -6.15 -2.84% -40.464
20 Dow Inc 47.15 -1.38 -2.84% -9.08
21 シスコシステムズ     37.67 -1.15 -2.96% -7.566
22 ハネウェルインターナショナル 170.17 -5.37 -3.06% -35.332
23 インテル 46.72 -1.48 -3.07% -9.738
24 キャタピラー 163.2 -5.39 -3.20% -35.464
25 IBM 112.22 -3.78 -3.26% -24.871
26 ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー 124.06 -4.29 -3.34% -28.226
27 セールスフォース・ドットコム 241.98 -8.54 -3.41% -56.189
28 トラベラーズ 121.54 -4.43 -3.52% -29.147
29 ボーイング 160.83 -6.53 -3.90% -42.964
30 アメリカン・エキスプレス 96.88 -4.1 -4.06% -26.976

アップルだけがプラスとは

 

臨時国会の法案数が少なく解散のオプション、風力発電に成長のポテンシャル

昨日臨時国会が召集され菅総理による初めての所信表明演説が行われた。

内閣発足以来 1ヵ月以上期間をあけるのは異例だ。それにもかかわらず、内閣からは法案9本と条約1本しか提出されない模様で、秋の臨時国会としては法案数が少ない。

同様に審議する閣法が少なかった2017年は解散総選挙に進んだ。今回も国会途中での解散の可能性を感じさせる。

年内に成立させたいのは、来年の祝日を移動する法案、コロナワクチン関連、来年初発効を目指す日英EPA条約の承認の3本程度とされる。11月中下旬までには成立するだろう。12月半ば投開票の可能性は十分ある。

加えて、与党国対委員長会談では国民投票法の改正案の成立も目指すことが確認された。緊急事態条項にパンデミックを加える必要性が議論されているが、野党は反対の姿勢だろう。国民に信を問う大義となり得るので注目だ。

さて、昨日の所信表明演説では温暖化ガスを2050年に実質ゼロを目指す事が打ち出された。日本は再 生可能エネルギー利用に突出して遅れた経済大国となりかねない情勢なので当然だろう。

再生可能エネルギーに関しては、日本経済新聞による社長100人アンケートでは、規制改革をしてほしい案件の2番目に位置している。各種規制が多いとともに、ビジネス・ポテンシャルが大きいのだろう。菅総理の政策推進の流儀にも沿っている。

中でも大規模発電力のポテンシャルが高いのは風力で、現在の日本はかなりシェアが低い。よって、風力発電機器事業からは多くの企業が撤退してしまったが、発電市場としては逆に成長のポテンシャルが大きいと言える。

地方経済の活性化にも役立つ。菅ノミクス関連株として期待したい。

総選挙は今の野党では到底太刀打ちできないから株式市場にとってはガースーの後押しと評価するだろうね

 

27日の決算発表  

11:00   (3003)ヒューリック

13:30   (7741)HOYA15:00~  (4063)信越化、(6702)富士通、(7309)シマノ、(3064)MonotaRO、(9202)ANA、(4967)小林製薬、(6305)日立建、(5486)日立金など

No. コード 社名 決算 主市場 発表日 発表時刻 株価 時価総額【億】
1 8628 松井証 半期 東証 10/27 08:00 927 2,403
2 3003 ヒューリック Q3 東証 10/27 11:00 1,019 6,867
3 8698 マネックスG 半期 東証 10/27 11:00 301 780
4 9932 杉本商 半期 東証 10/27 11:00 1,855 211
5 4951 エステー 半期 東証 10/27 13:00 1,955 450
6 8877 エスリード 半期 東証 10/27 13:00 1,341 207
7 6798 SMK 半期 東証 10/27 13:00 2,607 196
8 7741 HOYA 半期 東証 10/27 13:30 11,785 44,298
9 4212 積水樹 半期 東証 10/27 14:00 2,083 986
10 9818 大丸エナ 半期 東証 10/27 14:00 1,388 112
11 4063 信越 半期 東証 10/27 15:00 14,630 60,958
12 6702 富士通 半期 東証 10/27 15:00 13,545 28,038
13 3064 MonotaRO Q3 東証 10/27 15:00 5,150 12,907
14 9202 ANA 半期 東証 10/27 15:00 2,365 8,242
15 4967 小林製薬 Q3 東証 10/27 15:00 9,750 8,000
16 6305 日立建 半期 東証 10/27 15:00 3,075 6,615
17 5486 日立金 半期 東証 10/27 15:00 1,540 6,605
18 4185 JSR 半期 東証 10/27 15:00 2,525 5,710
19 2002 日清粉G 半期 東証 10/27 15:00 1,666 5,071
20 2212 山崎パン Q3 東証 10/27 15:00 1,803 3,972
21 3231 野村不HD 半期 東証 10/27 15:00 1,960 3,783
22 7518 ネットワン 半期 東証 10/27 15:00 4,170 3,586
23 2327 NSSOL 半期 東証 10/27 15:00 3,120 2,955
24 8218 コメリ 半期 東証 10/27 15:00 2,947 1,603
25 3632 グリー 四半期 東証 10/27 15:00 518 1,255
26 4479 マクアケ 本決算 東証 10/27 15:00 10,000 1,167
27 7177 GMOFHD Q3 東証 10/27 15:00 655 772
28 4099 四国化 半期 東証 10/27 15:00 1,191 665
29 7931 未来工業 半期 東証 10/27 15:00 1,938 496
30 1934 ユアテック 半期 東証 10/27 15:00 631 456
31 6349 小 森 半期 東証 10/27 15:00 735 428
32 7102 日車輌 半期 東証 10/27 15:00 2,633 386
33 6955 FDK 半期 東証 10/27 15:00 989 342
34 2540 養命酒 半期 東証 10/27 15:00 1,862 307
35 5015 BPカストロール Q3 東証 10/27 15:00 1,220 280
36 3778 さくら 半期 東証 10/27 15:00 722 272
37 2359 コ ア 半期 東証 10/27 15:00 1,476 219
38 4557 医学生 半期 東証 10/27 15:00 3,440 179
39 9691 両毛シス 半期 東証 10/27 15:00 2,351 83
40 5906 MK精工 半期 東証 10/27 15:00 369 58
41 6337 テセック 半期 東証 10/27 15:00 756 44
42 8700 丸八証券 半期 東証 10/27 15:00 899 36
43 3316 東日システム 半期 東証 10/27 15:00 510 32
44 9909 愛光電 半期 東証 10/27 15:00 1,569 14
45 7309 シマノ Q3 東証 10/27 15:30 20,090 18,627
46 5809 タツタ 線 半期 東証 10/27 16:00 612 429
47 8699 澤田HD 半期 東証 10/27 16:00 899 368
48 7551 ウェッズ 半期 東証 10/27 16:00 454 73
49 5279 日興業 半期 東証 10/27 16:00 777 24
50 9709 NCS&A 半期 東証 10/27 17:00 472 94
51 6967 新電工 半期 東証 10/27 1,910 2,582
52 9081 神奈交 半期 東証 10/27 3,750 473

発表企業がだんだんと多くなってきたね

 

親父の見通し

昨日の東京市場は寄付きこそ先週末の巻き戻しの動きが見られたものの小型株中心に売りに押される展開となり、マザーズは大幅安と厳しい展開に。東証もグロース系小型株軟調となったが、好決算の村田製等の大型ハイテクは上昇し対照的な動きとなった。そんな後でのNY大幅続落だが、イブニングの日経先物は大きくは崩れず、戻ってきた。

大統領選まで神経質な動きが続き、買い方の整理売りが継続しそうだが、その後の展開はしっかりと見極めていきたい。 

NY崩れた割にはドル円もしっかりなんだよね

 

ウォーレン・バフェットの名言

Success in investing doesn’t correlate with I.Q. once you’re above the level of 25. Once you have ordinary intelligence, what you need is the temperament to control the urges that get other people into trouble in investing.

「25以上のIQがあれば投資での成功は頭の良さとは何ら関係ない。それなりの頭があれば、投資で必要なのは多くの投資家を失敗に陥れる衝動をコントロールできる気質だ。」

株式投資はお金に直結するからどうしても欲が支配しがちだけどそれをいかに制することができるかが重要ということだね

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。   

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村