くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【あさイチの株の素】東京は金曜の下げから反発も大統領選直前では大きくは動けず静かな一日に

おはようございます、くうの親父です。

大阪都構想、二度目の住民投票も否決に。

公明党が賛成に回りましたが僅差で。

その公明党、NHKの出口調査で賛成、反対票が半々と。

なんかおかしいのではと?

f:id:qoo-mile:20201102051108j:plain


 

  

海外オーバーナイト注文動向

SELL289億円、BUY327億円

大統領選直前で売り買いともボリューム減少も買い越し

国内、外資系証券会社12社の海外からのオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度で。

  

30日のNY市場

NYダウ 26501.60ドル ▼157.51ドル(▼0.59%)

S&P500 3269.96 ▼40.15(▼1.21%)

NASDAQ 10911.59 ▼274.00(▼2.45%)

SOX 2246.15 ▼37.50(▼1.64%)

VIX 38.02 △0.43(△1.14%)

CME225 23145円(理論価格比 △170円)

米国10年国債 0.874% △0.051%

ドル/円 104.62円(東京比 △0.27円)

WTI  35.79ドル ▼0.38ドル(▼1.05%)

 

【NYダウ】

f:id:qoo-mile:20201102063213p:plain

 

 【NASDAQ

f:id:qoo-mile:20201102063252p:plain

 

新型コロナ感染拡大とアップル急落で下げるも思った程ではなく

米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。

米国の新型コロナウイルスの1日当たり感染者数が過去最多を更新し、景気懸念が高まった。前日夕発表の決算を材料にアップル(▲5.60%)など主力株が売られたのも相場の重荷となった。

米大統領選挙を控え、買い手控えムードも強かった。ダウ平均は週間では6.5%下げ、3月第3週(17.3%)以来の下落率となった。

ジョンズ・ホプキンス大学の集計では29日の米国の新型コロナの感染者数が8万8,500人と、23日に記録した過去最多を上回った。累計では900万人近くに達した。

欧州ではドイツやフランスが行動規制などを強化しており、米国も外出自粛や経済活動の制限規制が強まるとの見方が広がり、投資家心理を冷やした。

決算を受けた主力ハイテク株の下げも相場を押し下げた。

前日夕に発表した7~9月期決算でスマートフォン「iphone」の売上高が大幅に減ったアップルは下落。10~~12月期の営業利益見通しが市場予想を下回ったアマゾン・ドット・コム(▲5.44%)も売られた。

ダウ平均の下げ幅は一時500ドルを超えた。11月3日に米大統領・議会選挙を控え、市場では選挙直前の週末とあって「短期投資家も買いを入れにくい状況だ」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)との声が聞かれた。

ダウ平均構成銘柄ではアップルのほかセールスフォース・ドットコム(▲2.05%)やマイクロソフト(▲1.09%)も安い。景気敏感株の一角も売られ、ボーイング(▲2.62%)やビザ(▲1.70%)はともに売られた。ただ、ダウ平均は引けにかけて下げ幅を縮めた。今週は前日までに1,700ドル近く下げており、押し目とみた買いが入ったとの見方があった。「ハイテク株に売られる一方、バリュー株の一角に資金が流入した」(キングスビュー・アセットマネジメントのポール・ノールト氏)という。キャタピラー(+1.53%)やJPモルガン・チェース(+0.89%)などが上昇して終えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数も反落し、約1カ月ぶりの安値で終えた。主力ハイテク株の一角に加えて、半導体関連株への売りが目立った。前日夕に市場予想を上回る決算を発表したアルファベット(+3.80%)は上昇した。 

新型コロナやアップル決算よりも大統領選目前では身動きは取れないね

 

今朝のダウ採用銘柄の風向きから東京を読む 

金曜日は時間外の流れを受けてアップルなどハイテクの下落が鮮明となった。

東京市場は金曜日のうちに織り込んでいると思われるので今日はそれほどは下げないのでは。

ランク 名称 価格 前日比 変化% ダウ寄与額
1 IBM 111.66 2.75 +2.53% 18.094
2 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 34.04 0.52 +1.55% 3.421
3 キャタピラー 157.05 2.38 +1.54% 15.659
4 シェブロン 69.5 0.7 +1.02% 4.606
5 3M 159.96 1.48 +0.93% 9.738
6 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 98.04 0.87 +0.90% 5.724
7 シスコシステムズ 35.9 0.21 +0.59% 1.382
8 ユナイテッドヘルス・グループ 305.14 1.46 +0.48% 9.606
9 ベライゾン・コミュニケーションズ 56.99 0.23 +0.41% 1.513
10 インテル 44.28 0.17 +0.39% 1.119
11 ハネウェルインターナショナル 164.95 0.35 +0.21% 2.303
12 アメリカン・エキスプレス 91.24 0.17 +0.19% 1.119
13 コカ・コーラ 48.06 0.04 +0.08% 0.263
14 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 137.11 -0.08 -0.06% -0.526
15 ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー 121.25 -0.29 -0.24% -1.908
16 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 137.1 -0.47 -0.34% -3.092
17 アムジェン 216.94 -0.88 -0.40% -5.79
18 ゴールドマン・サックス・グループ 189.04 -0.9 -0.47% -5.922
19 ウォルマート 138.75 -1.17 -0.84% -7.698
20 メルク 75.21 -0.68 -0.90% -4.474
21 マクドナルド 213 -1.95 -0.91% -12.83
22 ホーム・デポ 266.71 -2.92 -1.08% -19.212
23 マイクロソフト 202.47 -2.25 -1.10% -14.804
24 トラベラーズ 120.71 -1.75 -1.43% -11.514
25 Dow Inc 45.49 -0.76 -1.64% -5
26 ビザ 181.71 -3.16 -1.71% -20.791
27 セールスフォース・ドットコム 232.27 -4.87 -2.05% -32.042
28 ナイキ 120.08 -2.78 -2.26% -18.291
29 ボーイング 144.39 -3.9 -2.63% -25.66
30 アップル 108.86 -6.46 -5.60% -42.504

景気敏感株の上昇も相対的に強いかな~という程度だね

 

日銀はコロナ特別オペ延長せず、NTTドコモの売却代金も大型株をサポート

TOPIXは木曜日まで4日続落で前場の下落率は0.48%でも日銀によるETF買いが入った。金曜日は前場で文句無しの下落で買いがあったが下値支持にはならなかった。

ところで、木曜日の日銀金融政策決定会合では、新型コロナ対応オペ利用期限の延長が見送られた。

足もと地域金融機関の貸出は一服している模様で、新興市場の支えになりにくい。特別オペ等は12月の決定会合では延長されると思うが、例年、年末までは損出し売り等の悪影響があるので新興市場は見送るべきと思う。むしろ、現在の日本株の底堅さは、TOB価格近傍でのNTTドコモ(9437)の売却代金が支えていると思う。

4兆円規模は大きく、TOPIXウェイトは1%程度ある。ファンドマネージャーなら別の株式に置き換えざるを得ない。対象は大型株になりがちだろう。

実際、大型株はTOB報道を境にアウトパフォームしている。TOBに応じた場合、TOBが成立すれば11/24が決済開始日となる。それまで大型株が底堅いだろう。

4兆円がすべて市場に還流しないとしても大きいね

 

2日の決算発表  

58件予定されております。

11:00   (3401)帝人

13:00   (4739)CTC、(2282)日本ハム15:00~  (9613)NTTデータ、(8591)オリックス、(7951)ヤマハ、(9008)京王、(6806)ヒロセ電、(6471)日精工など

 

No. コード 社名 区分 主市場 業種 発表日 発表時刻 株価 時価総額【億】
1 3401 帝 人 半期 東証 繊維製品 11/2 11:00 1,596 3,159
2 3190 ホットマン 半期 東証 小売業 11/2 11:00 516 38
3 9878 セキド 半期 東証 小売業 11/2 11:00 669 13
4 3125 内外綿 半期 東証 繊維製品 11/2 11:00 502 10
5 4739 CTC 半期 東証 情報・通信業 11/2 13:00 3,555 8,532
6 2282 日本ハム 半期 東証 食料品 11/2 13:00 4,270 4,396
7 8130 サンゲツ 半期 東証 卸売業 11/2 13:00 1,501 918
8 7723 愛時計 半期 東証 精密機器 11/2 13:00 4,435 228
9 2599 ジャパンF 半期 東証 食料品 11/2 13:00 1,253 64
10 3577 東海染 半期 東証 繊維製品 11/2 13:00 1,132 41
11 4182 三菱ガス 半期 東証 化学 11/2 14:00 1,893 4,273
12 4534 持田薬 半期 東証 医薬品 11/2 14:00 3,800 1,544
13 7705 ジーエル 半期 東証 精密機器 11/2 14:00 2,776 311
14 5217 テクノクオーツ 半期 東証 ガラス土石製品 11/2 14:00 23,600 184
15 7971 東 リ 半期 東証 化学 11/2 14:00 244 163
16 9613 NTTデータ 半期 東証 情報・通信業 11/2 15:00 1,175 16,479
17 8591 オリックス 半期 東証 その他金融業 11/2 15:00 1,216 15,971
18 7951 ヤマハ 半期 東証 その他製品 11/2 15:00 4,920 9,425
19 9008 京 王 半期 東証 陸運業 11/2 15:00 6,050 7,777
20 6471 日精工 半期 東証 機械 11/2 15:00 829 4,570
21 2229 カルビー 半期 東証 食料品 11/2 15:00 3,200 4,286
22 9090 丸和運輸 半期 東証 陸運業 11/2 15:00 4,475 2,881
23 8174 日ガス 半期 東証 小売業 11/2 15:00 4,990 2,084
24 5444 大和工 半期 東証 鉄鋼 11/2 15:00 2,499 1,691
25 3191 ジョイ本田 四半期 東証 小売業 11/2 15:00 1,622 1,674
26 7451 三菱食品 半期 東証 卸売業 11/2 15:00 2,723 1,583
27 3132 マクニカ富士 半期 東証 卸売業 11/2 15:00 1,857 1,170
28 1333 マルハニチロ 半期 東証 水産・農林業 11/2 15:00 2,182 1,149
29 5803 フジクラ 半期 東証 非鉄金属 11/2 15:00 275 814
30 1379 ホクト 半期 東証 水産・農林業 11/2 15:00 2,197 733
31 9960 東テク 半期 東証 卸売業 11/2 15:00 2,299 322
32 1723 日本電技 半期 東証 建設業 11/2 15:00 3,385 277
33 4968 荒川化学 半期 東証 化学 11/2 15:00 1,153 238
34 8860 フジ住 半期 東証 不動産業 11/2 15:00 534 197
35 7609 ダイトロン Q3 東証 卸売業 11/2 15:00 1,470 164
36 6930 日アンテナ 半期 東証 電気機器 11/2 15:00 994 142
37 3484 テンポイノベ 半期 東証 不動産業 11/2 15:00 767 137
38 8101 GSIクレオス 半期 東証 卸売業 11/2 15:00 1,812 117
39 6924 岩崎電 半期 東証 電気機器 11/2 15:00 1,340 105
40 7236 ティラド 半期 東証 輸送用機器 11/2 15:00 1,242 104
41 5955 ヤマシナ 半期 東証 金属製品 11/2 15:00 65 93
42 2689 カワニシHD 四半期 東証 卸売業 11/2 15:00 1,370 86
43 5367 ニッカトー 半期 東証 ガラス土石製品 11/2 15:00 701 85
44 7461 キムラ 半期 東証 卸売業 11/2 15:00 548 83
45 2675 ダイナックHD Q3 東証 小売業 11/2 15:00 1,181 83
46 8256 プロルート 半期 東証 卸売業 11/2 15:00 269 76
47 2406 アルテHD Q3 東証 サービス業 11/2 15:00 549 57
48 3566 ユニネク Q3 東証 小売業 11/2 15:00 1,568 39
49 6307 サンセイ 半期 東証 機械 11/2 15:00 397 36
50 3467 アグレ都市 半期 東証 不動産業 11/2 15:00 622 35
51 7214 GMB 半期 東証 輸送用機器 11/2 15:00 610 32
52 7268 タツ 半期 東証 輸送用機器 11/2 15:00 311 19
53 6806 ヒロセ電 半期 東証 電気機器 11/2 16:00 14,540 5,551
54 8935 FJ ネクスト 半期 東証 不動産業 11/2 16:00 918 318
55 9768 いであ Q3 東証 サービス業 11/2 16:00 1,829 137
56 4736 日本ラッド 半期 東証 情報・通信業 11/2 16:00 713 38
57 5697 サンユウ 半期 東証 鉄鋼 11/2 16:00 328 20
58 9882 イエローハット 半期 東証 卸売業 11/2 1,705 851

連休の谷間でぐっと少なくなったね

 

親父の見通し

金曜日は月末のアセットアロケーション変更の株売りが朝から走り軟調に。

後場も日銀のETF買いが入った模様も薄商いで他に買い手がいない中では厳しい引けとなった。

金曜日のニューヨークは時間外ほど下げなかったことでイブニング日経先物は半分弱は戻して帰って来たものの、本格反発とは大統領選直前ではいかないだろう。

その大統領選はもう、どちらが勝つか、いつ、決着がつくかわからない状況となっているが、ニューヨークをはじめとして株価が伸びきっていないことは良いと思われる。4年前に振り回された東京にはトラウマが一層効いていると思われ、水曜日に選挙結果をリアルで反映することになるが免疫ができているのではないか。全体的に調整を受けていることを踏まえて業績両行銘柄の押し目を広い、ポジションを増やす好機と思われる。

大統領選後のマーケットはやはり、金融緩和継続で強いと見てるんだ?

 

ウォーレン・バフェットの名言

Derivatives are financial weapons of mass destruction.

デリバティブは「金融の大量破壊兵器」である。」

デリバティブはヘッジの手段として用いられている分にはいいけど、それ自体が投資の対象となるとメインの市場に大きな影響を及ぼすことになるんだよね

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。   

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村