くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】NY7営業日ぶり下落も悪材料見当たらず、スピード調整かと

おはようございます、くうの親父です。

NY市場は特段の材料も無く下落。まあ、上げ続けてましたからね。

錦織 圭くん、41億円でスポーツ選手で世界第35位ですか。

  

 

11日のNY市場

NYダウ ドル 26048.51ドル ▼14.17ドル(▼0.05%)

S&P500 2885.72 ▼1.01(▼0.03%)

NASDAQ 7822.57 ▼0.60(▼0.01%)

SOX 1418.02 △4.13(△0.29%)

VIX 15.99 △0.05(△0.31%)

CME225 21165(理論価格 ▼40円)

米国10年国債 2.143% ▼0.005%

ドル/円 108.54円(東京比 △0.06円)

WTI 53.27 △0.01ドル(△0.02%) 

f:id:qoo-mile:20190612065620p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20190612065636p:plain

(出所 Bloomberg)

 

利益確定の売りに押されて久しぶりの下落

 

米株式市場は7営業日ぶりに反落。

中国の投資促進策を好感し買いが先行したが、大きく上昇した後とあって次第に

目先の利益を確定する売りに押された。

中国が10日、地方債の使途制限を緩和し、地方政府の投資を促進する方針を打ち出した。中国景気を支え、世界景気にも好影響を及ぼすとの観測を誘った。

中国株や欧州株が上昇し、投資家心理が上向いた。

米市場ではキャタピラー(+1.22%)など中国売上高比率の高い銘柄を中心に買われた。だが、買い一巡後は伸び悩んだ。

ダウ平均は前日までの6営業日で1247ドル上げており、目先の利益を確定する目的の売りが優勢になった。

前日に発表したレイセオン(-5.11%)との合併を巡る不透明感から、ユナイテッド・テクノロジーズ(-3.96%)が大幅に下げたこともダウ平均の重荷となった。

  

今週末のメジャーSQ 

今週末はメジャーSQである。

今日も相場自体は薄商いであるが、先物市場のロールオーバー取引は盛んに行われている。

SQ週というと、よく耳にするのが「SQ週の水曜日は荒れる」とのコメントなのだが、昔はあったかもしれないアノマリーであるが、最近はあまり関係ないようである。最近10回(2016年12月SQから今年3月SQまで)のSQ週の水曜日は、4勝6敗で確かに負け越しとなっている。しかし、変動幅の合計はマイナス236円なので、特別大きな下落がSQ週の水曜日に起きている印象はない。

その前日の火曜日が10回分で216円プラスになっているので火曜と水曜でトントンといったところのようだ。

実はSQに関して、最近は翌週の方が注目である。

この10回のSQの翌週は6週で上昇し4週で下落なのだが、下落はそれほどではなく、上げは大きい傾向がある。更に、最近5回に絞ると4勝1敗と勝率が大きく上がる。また、この1敗も昨年12月SQ後の週であり、SQ要因というよりも外部環境の悪化が理由と考えられる。SQ後に期待したいところだ。

 

 メジャーSQというと、決まって波乱はありそう?と言われる。荒れる水曜日と同様に、SQそのもので波乱が起こると警戒する向きが依然として多いのだろう。

結論から言えば、波乱を下落方向と考えるならば心配はいらないであろう

SQで波乱が起きる仕組みは、想定外の現物売りが出ることである。SQ要因での現物株売りは裁定解消売りなので、裁定残高が少ない時に波乱は起こりようがないのだ

SQでの裁定解消売りは先物ロング(合成先物ロングでも一緒)の投資家がSQ決済に持ち込み、建玉の相手である裁定業者も先物ショートをSQ決済し、同時に現物パッケージを寄り付きで売ることによって起こる仕組みである。

カレンダースプレッドの様子からも先物ショート筋の動きの方が活発である。

SQで何かが起こるとすれば、下への波乱ではなく、上への波乱の方が可能性は高いと言えるだろう。 

 

くうの勝手な今日の予想

「米中貿易交渉が静かです。ボチボ動きかありそうですが、いつ出てくるかわからないお化けを気にしすぎるのも。ただ、大きなトレンドも出ずらいですか、やはり、半身に構えてだね。」

 

株投資名言

「本当に熟練したトレーダーは、マーケットが逆の動きを示したら、損を出してでもポジションを180度転換するのである。」(作者不詳)

発想の転換とそれに伴う機敏な行動。特に損切りとなると二の足を踏んでしまいますが。「ドテン」はなかなかできないですが、ハマった時は気持ち良いです。

 

 今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村