くうとマイルはお母さんと親父の鎹(かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】利益確定売りが思いのほか強く4営業日ぶり下落

こんにちは、くうの親父です。

証券会社のマーケットアナリストの話を聞いていて遅くなりました。

あまり、内容は無かったですね。

 

 

10日(木)東京株式市場概況

日経平均▼263.26円(▼1.29%)、TOPIX▼13.10(▼0.85%)、東証マザーズ▼10.68(▼1.19%)。

規模別指数はすべて下落したが、下げ率に差は見られませんでした。

東証マザーズは年明け、初めての下落もそれほどには大きくはなかったです。

f:id:qoo-mile:20190110175818p:plain

 

 

業種別、ファクターパフォーマンス

BEST5が△陸運、△電気ガス、△倉庫、△空運、△パルプ紙

WORSTが▼石油、▼化学、▼精密、▼その他製品、▼小売

ファクターは高信用リスク(負債比率が高い銘柄)、低ROE、低PBR、高配当利回り、低βなどが上昇。高PBR、低信用リスク、高ROEなどが下落。

 

 

円高進行で4営業日ぶりに下落

NY市場続伸は続伸だったもののFRBハト派が強まったことで円が反発したことで東京市場はマイナスで始まりました。10時に円が107円台まで買われ、シカゴグローベックスS&P先物軟調となると下げ幅を広げ、日経平均は一時、▼300円安まで沈みましたが、取りあえずは円が107円80銭~108円の揉みあいとなったことから下げ止まりました。

後場は極めて値幅の狭いレンジでの取引となりいつもの動きのままに大引けとなりました。

ハイテク株は半導体製造装置は買われるものの電子部品は下落と区々の動きに、総じてディフェンシブ株が堅調と昨日の流れを続けた格好になりました。

売買代金は2兆3000億円弱と閑散、値下がり銘柄が全体の2/3の1426銘柄に留まり、全面安とはなりませんでした。9432NTTなどの通信株、9020JR東日本などの電鉄株が上昇、6861キーエンス、6981村田などの値嵩ハイテク株、決算の悪かった7453良品計画などの下落が目立っていました。

 

 

FRBはハトぽっぽ状態

昨夜、12月のFOMC議事要旨が公表されました。

内容は依然年内数回(1-2回)の利上げを示唆するも利上げに慎重、「数人」の委員が据え置きを支持する声が「多くのメンバーが追加利上げについて辛抱強くなれる」、「追加利上げの規模と時期に明確さが薄れる」と強く、タカ派的な記者会見に比べてハト派的な色合いが強かったです。

一部では「この内容であの会見は有り得ない。先週金曜日のパウエルFRB議長の発言と一貫性を持たせる為に書き直した??」なんて冗談も…、パウエル議長の伝達能力に疑問符が付きかねないレベルのものでした。

また、アトランタ連銀のボスティック総裁「追加利上げには慎重になるべきだ。」、セントルイス連銀のブラード総裁「これ以上利上げするとリセッションに陥る可能性がある。」、シカゴ連銀のエバンス総裁「経済の下振れリスクの精査に時間をかけるべきだ。」他、FRB高官からはハト派発言のオンパレードの状態になっています。

ここまでハト派だと、今年中の追加利上げの可能性は皆無とドルが売られ一時、107円台まで突っ込みました。

差し当たっては当面、米国金利の上昇は考えなくて良さそうです(円高は気になりますが…)

 

 

明日の相場見通し

明日の東京市場は引き続き、上値の重たい展開となりそうです。

米中貿易次官級協議が終了しましたが中国の輸入拡大の方向は確認されたもののそれ以上の成果はありませんでした。

また、FRBハト派色が強まっているものの利上げしないという安心感だけでこちらもそれ以上はありません。

逆に米国の政府機関閉鎖は解消のメドは全く見えず、実体経済への悪影響も言われ始めてますし、Brexitも混沌としていて「合意なし離脱」も懸念されます。

大きく下げる様な状況にはないとは思いますが、上値をトライ出来る状況でもありません。個別株もトレンドどころか日替わり定食でトレンドが出てきません。

日本は三連休となりますので、様子見姿勢も強まりそうです。

 

 

運用のポイント

今週前半は昨年売られたセクターの内、一部では買い戻しがみられましが、全体がリターンリバーサルといった動きとはなっておらず、方向性は未だ出ていません。

また、業績を反映しての上げ下げは見られるものの持続性はあまり無く、長期的には方向性はあると思われますが、今日のような特段の悪材料も無いのにそこそこの幅で下落するといった短期的な値動きが激しく、振り落されるかねない状況が続いています。

ここではファンダメンタルズをベースにしながらも持たない運用で今しばらく凌ぐのが最適と思われます。