くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【株式】FOMC、0.25%利下げで織り込み済み、注目はパウエルさんの発言

おはようございます、くうの親父です。

ぐでぐでの吉本。

いい加減、テレビもいろんな芸人の短いコメント撮って、テレビで放映するの止めませんかね。

NHKの受信料問題もですが、公共の電波をこんなのに使うのもどうだか?

ちゃんと番組作りしてもらいたいものです。

 

 

海外オーバーナイト注文動向

SELL 481億円BUY 370億円

国内大手、外資系12社のオーバーナイトオーダーを独自に集計したものです。ただ、どの程度まで報告を受けた数字が正確かはわかりませんのでご参考程度でお願いします。

 

26日のNY市場

NYダウ ドル 27192.45ドル △51.47ドル(△0.19%)

S&P500 3025.86 △22.19(△0.74%)

NASDAQ 8330.21 △91.67(△1.11%)

SOX 1593.86 ▼0.25(▼0.02%)

VIX 12.16 ▼0.58(▼4.55%)

CME225 21650円(理論価格比 △30円)

米国10年国債 2.070% ▼0.011%

ドル/円 108.65円(東京比 ▼0.03円)

WTI 56.20 △0.18ドル(△0.32%) 

f:id:qoo-mile:20190729070003p:plain

(出所 Bloomberg)

 

f:id:qoo-mile:20190729070026p:plain

(出所 Bloomberg)

 

好調な経済指標で積極的な利下げ期待が後退 

 

米株式相場は反発。

S&P500種指数とナスダック総合指数はいずれも終値で最高値を更新した。

GDPと企業決算の発表を受けて買い安心感が広がった。

米商務省が発表した4-6月期GDPは年率換算で2.1%増加した。WSJがまとめたエコノミスト予想の2.0%をわずかに上回った。個人消費が2017年以来となる高い伸びとなり、全体を押し上げた。

ファクトセットによると、4-6月期の決算発表を終えたS&P500種構成企業のうち3分の2以上が、予想を上回る1株利益を達成した。

増収を発表したアルファベットは+10.44%上昇。時価総額は少なくとも820億ドル

(約8兆9100億円)増加した。ツイッターは+8.91%高。4-6月期にユーザー数と売上高が力強く伸びた。

一方、アマゾンは▲1.55%。前四半期まで続いていた最高益の更新が途切れたことで売られた。

  

ECBドラギ総裁発言とドル円

ECB 

政策発表の内容は、想定通りだったと思います。

・預金金利は-0.4%のままで変わらず。

フォワドガイダンスは、20年前半にかけて現水準がそれ以下(「それ以下」が追加されました)。

 

その他

金利階層化んを含む選択肢の検討

・新たな資産購入の可能性

 

とここまでは、ハト派的な内容でユーロは下落、金利は低下、株価は上昇しました。

 

その後のドラギ総裁の発言で様子が一転しました。

・景気見通しは悪くなるばかりで、下期の回復はありそうもなくなりつつある

・政策パッケージで見解のニュアンスに違いがある

・本日、利下げの議論はなし

・リセッションリスクは低い

 

景気が悪いと言いながらも、利下げの議論はないし、リセッションのリスクも低いと言っているわけで、マーケットは、「あれれっ」と失望した感じです。

ユーロは上昇、金利も上昇、株は下落となっています。

 

とはいえ、ドラギさんとしては、製造業が悪いと言っており、サービス業(非製造業)はおおむね問題がないわけで、製造業を見ていると景気が悪いとなるのですが、サービス業を含めた全体ではリセッションの可能性は低いよねってことのように思います。

逆説的ですが、サービス業が悪くなると、即座に利下げということになるのでしょうね。

 

その後は、為替や金利は落ち着きましたが、株だけは下げたまま…

景気見通しが悪くなるばかりで、年内は回復しないという見通しでは、株は買いにくいですね。

9月にto be continued ですね。

 

ドル円 

ECBの結果というよりも、ドラギ総裁の発言で、米金利は上昇しました。

10年債で2.02%から2.08%へと上昇。

この金利上昇を受けて、ドル円は久しぶりに108円台後半へ。

とはいえ、重い重い109円を簡単にBreakする感じではないです。

こちらも、お預け…

109円を上放れるようだとスカッとしそうですが…)

 

今週のFOMC次第だと思います。

利下げして、でも、景気はそれほど悪くない…

持続的なトレンドに戻るための利下げとか、そんな景気に明るい発言があると、日本株にはプラスかと思います。

 

くうの勝手な今日の予想

「先週はハイテク株が買われるも、週末にかけて区々の動きに。1Qの決算発表も本格化してくるので業績がいち早く、底入れ、反発する銘柄を選択。VIX指数が下がっているので月末のリバランスもハイベータが買われそうだから、強気継続だね。あと、FOMCは0.25%利下げ濃厚もパウエルさんのコメントに注目!

  

株投資名言 

「人の行く裏に道あり花の山」

ある銘柄が賑わっていると追随したくなります。

しかし、そのタイミングによって利幅は異なり、場合によっては損失を被ることも。

如何にそうなる前に投資するかが重要です。全く、注目もされていない時に注目されるような銘柄を見つけ出すのが成功の秘訣です。

そのまま、誰にも見向きされない時も多々、ありますが(笑)。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村