くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【修行僧にお勧め】チャンギ国際空港「yotelAIR」はファーストクラス!ロケーションの良さが最高です!

こんにちは、くうの親父です。

世界最長フライトのSQ021便で到着したシンガポールチャンギ国際空港

シンガポール乗り継ぎなので、そのまま、夕刻の東京行きのフライトに飛び乗っても良かったのですが、さすがにベッドで横になりたいと。

シンガポールに住んでいる友人夫婦に会いたいこと、F1シンガポールグランプリが開催されていることも理由で、シンガポールに宿泊することに。

そして新興ホテルチェーンの展開する、yotelAIR シンガポールチャンギ空港に宿泊しましたのでレポートします。

 

 

ホテル概要

ヨーテルエアー・シンガポールチャンギ空港

(yotelAIR SINGAPORE CHANGI AIRPORT)

Jewel Changi、78 Airport Boulevard #04-280、Singapore 819666

キャビン数 130キャビン

www.yotel.com

 

Yotelのコンセプトは、ファーストクラスをイメージして、巧妙なデザインとテクノロジーを使用して、コンパクトな空間で贅沢な雰囲気を実現することにあります。

 

ブランド エリア 滞在期間 その他 ホテル数(建設中も含む)
yotel 市内中心部と都市部 1~3泊 クラブラウンジ、ジム、レストラン 10
yotelAIR 空港他トランスポートハブターミナル 4~24時間 1時間毎の予約が可能 6
yotelPAD 市内中心部及びリゾート 長期滞在 快適なバスルーム、簡易キッチン 3

 

ヨーテル・チャンギ空港に決めるまで

今回のシンガポール乗り継ぎあたっては、①前述のように、夜行便で日本に帰国、②空港内のラウンジをハシゴ、③ホテルでのびのび眠ると三つの選択肢がありました。

F1シンガポールGPでホテル価格は高騰

まずは、保有するMARRIOTT BONVOYのプラチナエリートのステイタスでマリオット系列のホテルに宿泊を検討。白羽の矢を立てたのが4月に宿泊したJWマリオットホテル・シンガポール・サウスビーチでした。

www.qoo-mile.site

 シンガポールは香港ほどホテル代も高くなく、快適なステイがリーズナブルな値段で楽しめます。

が、料金を調べたらこの春の3倍にも。何かの間違いかと思い、近くのマンダリンオリエンタルとかも調べたら、やはり高い。

調べてみたら、F1シンガポールGPの決勝の日であることがわかりました。

この試合は公道を使用しますが、これらのホテルはそのサーキットの中。

当然、高い訳で他のマリオット系列も結構お高く、断念しました。

尚、ホテル料金は試合までジリジリと値上がりを続けていました。

f:id:qoo-mile:20191018213210j:plain

(出所 F1シンガポールGP HP)

真夜中のラウンジホッピングは体力的理由から断念

で、次に考えたのが空港内のラウンジ・ホッピング

チャンギ国際空港ターミナル3にはプライオリティパスで入れるラウンジが4カ所(ランドサイド1カ所、エアサイド3カ所)あり、どこも24時間営業。

利用できるのは最長3時間という決まりがありますが、3時間×4カ所=12時間で昼まで繋げます。

 

が、前のフライトのハードさから断念しました。若ければベンチにでも寝てたんですがね~。

f:id:qoo-mile:20190905174539j:plain
f:id:qoo-mile:20190905171924j:plain

 

予約便の変更は高すぎて

シンガポール>東京は翌日のSQ012便を予約してありましたが、当日の夜行便に空席が。変更を試みましたが、変更料がホテル一泊分の料金程度かかることから断念。安い航空券はこういう時に融通が効きません。

救世主、LINEトラベルキャンペーンで当日、イミグレで予約

どうしようか、どうしようかとしていた出発前日にLINEトラベルのサイトでBooking.com利用でポイント20%キャンペーンが。直前で救いの神が現れました。

これで実質40%引きで宿泊できます

www.qoo-mile.site

それでもまだ、うだうだやっていて米国に出発。

予約したのはチャンギ空港に到着、入国審査待ちの列の中でした。

 

今回はホテルでの滞在時間が短いこと、翌朝のフライトが早いことでエアポートホテルに。

料金も手頃なyotelAIRにしました。

 

それにしても、LINE>東京メトロのポイント移行がこの12月27日停止となるのは痛いです。 

JEWEL内でターミナル3に直結で立地は最高

何事もなく、シンガポールに入国。

ターミナル3からyotelAIRのあるJEWELlへはブリッジ(黄線)で直結です。

f:id:qoo-mile:20190905130132p:plain

 

ブリッジは3階に繋がっていますので、エスカレーターで4階へ。

f:id:qoo-mile:20191017155752p:plain

 

ちょっと、怪しい人形の並ぶ店の前を通過して。

f:id:qoo-mile:20191019091911j:plain

 

一番奥にyotelAIRがありました。

f:id:qoo-mile:20191019091930j:plain

 

チェックインカウンターは2カ所。

スムースに宿泊客を捌いていました。

f:id:qoo-mile:20191019092013j:plain

 

チェックイン15:00までだいぶ時間があるので。

JEWEL名物、人工滝のHSBC Rain Vortexを望める、テラスラウンジでしばし休憩。

コーヒーサーバー(無料)が用意されています。

f:id:qoo-mile:20191019092310j:plain

 

あまりの静けさに寝坊が怖い

チェックイン後、すぐに出かけたかったのでトイレで着替えていたら。15:00前でしたが部屋が使えることに。

f:id:qoo-mile:20191019093205j:plain

 

 コンセプトのファーストクラスのようなコンパクトでシンプルも機能性が満載の部屋です。

部屋の中はシーンと静まり返っています。

f:id:qoo-mile:20191019093303j:plain

 

 ベッドの高さが高いのはその下にスーツケースを収容するため。

狭い居室面積をカバーしています。

f:id:qoo-mile:20191019093313j:plain

 

 コンセント2個にUSB2個と2人での利用で部屋は用意されています。

ミネラルウォーター(無料)もしっかりあるのは暑いシンガポールではありがたいですね。

f:id:qoo-mile:20191019093943j:plain

 

 さすがにバスタブはありませんが、シャワーの湯量は十分です。

f:id:qoo-mile:20191019094645j:plain

 

 水回りから部屋はガラス越しに見え、少しでも狭さを感じさせないようにしています。f:id:qoo-mile:20191019094705j:plain

 

まとめ

流れ流れて泊まることになった、yotelAIR シンガポールチャンギ空港

空港内のキャビンということでカプセルホテルをイメージしていましたが、ランクの高いホテルの客室をコンパクトにした、機能性に溢れ、快適でした。

それ以上に魅力的なのがその立地。

空港まで歩いて行けて、アクセスのことを全く、心配しないで良い点ですね。

逆に観光をするならシンガポール市街まで行かなければなりませんが、滞在時間が短い、修行向けには利用価値のあるホテルと思われます。

機会があったら、他の国のyotelにも泊まってみたいデスネ。

 

今回も拙い内容のブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

良かったら下のバナーをポチして頂けたら、嬉しいです。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site
www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site