くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【マリオット ボンヴォイ】ロイヤルハワイアン 前編~上さん憧れのピンク・パレスでマイラニ・タワーにアップグレード

こんにちは、くうの親父です。

ワイ島ではワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ、マウナケア・ビーチ・ホテルに二泊ずつステイ。

その後はオアフ島、ワイキキにある上さん一押し、憧れの「太平洋のピンク・パレス」に二晩泊。

カラカウア通りの喧噪の中にあって静寂の極上リゾートホテルです。

前後編に分けてレポートします。

 

大自然のハワイ島とワイキキの旅、6泊8日】

第1日

成田空港、ANA SUITE CHECK-INとANA SUITE LOUNGE

【ANA搭乗記】NH182 フライングホヌ ビジネスクラス&プレミアムエコノミークラス

【ハワイアン航空搭乗記】ホノルルーカイルア・コナ 

【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】ワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ 前編~部屋はプチ・アップグレード

【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】ワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ 後編 ~ウェルカムギフトは朝食をチョイス

【食べ歩記】ワイコロア・ビーチ「LAVA LAVA BEACH CLUB」

 

第2日

【旅行記】マウナケア山、星空観測と頂上からのサンライズ

【食べ歩記】ワイコロア・ビーチ、クイーンズマーケット・プレイス「Charley's Thai Cuisine」

 

第3日

【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】マウナケア・ビーチ・ホテル 前編~オーシャンビューに部屋はアップグレード

〇【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】マウナケア・ビーチ・ホテル 後編~ウェルカムギフトは「MANTA」の朝食をチョイス

〇【旅行記】はるばるドライブでキラウエア火山

 

第4日

〇【名門ゴルフコース】マウナケア・ケア・ゴルフ・コース

 

第5日

〇【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】ロイヤルハワイアン,ラグジュアリーコレクションリゾート,ワイキキ~上さん憧れのピンクパレスでマイラニ・タワーにアップグレード 前編◀今回はこちらです

〇【マリオット・ボンヴォイ宿泊記】ロイヤルハワイアン,ラグジュアリーコレクションリゾート,ワイキキ 後編

〇【食べ歩記】「Chart House WAIKIKI」

 

第6日

〇【ゴルフ名門コース】「Waialae Country Club」

 

第7日

〇ホノルル空港、ANA SUITE LOUNGE&ANA LOUNGE 

 

 

ホテル概要

ロイヤルハワイアン,ラグジュアリーコレクションリゾート,ワイキキ,

(The Royal Hawaiian,a Luxuary Collection Resort,Waikiki)

Kalakaua Avenue,Honolulu,Hawaii 96815 UDA

チェックイン 15:00~、チェックアウト ~12:00

ホテルリワード カテゴリー 7

 

  

 

創業100年近い、ワイキキの老舗リゾートホテル

多数のホテルが立地、新しいホテルの建設が続くワイキキですが、ロイヤルハワイアンはモアナ・サーフライダー、ハレクラニと一緒にワイキキのビーチを100年近く、見守って来ました。

f:id:qoo-mile:20200227044650j:plain

 

ハワイ王朝の所有地に開業したのが1927年。当初は旅客船の宿泊施設として利用されていました。

第二次世界大戦中、一時、米軍に接収されましたがその後、返還。

日本資本に一時所有されましたが、その後は米国ファンドのサーベラスに買収され、運営は旧スターウッド・ホテル&リゾート(現、マリオット・インターナショナル)となっています。

2008年に改装、2010年には本館横に新館としてマイラ二・タワーが建設されました。

f:id:qoo-mile:20200227045001j:plain

 

ベストレート保証に成功

以下のプロセスでベスト保証レートに成功しました。

①まずは最もベーシックな部屋「2ダブル・眺望なし・ヒストリックウィング・キャンセル可」を2泊を照準を。

マリオット・ボンヴォイ公式HPでは税抜きで796.10USD。それに対して旅行サイト、A社のHPで同部屋が701.10USD

②次ぎにポイントサイトのハピタスを経由して(これで宿泊料金の3.5%のポイントを獲得)、マリオット・ボンヴォイ公式HPでキャンセル可で予約。

③その日の内にA社のURLを添付してマリオットにベストレート保証を申請。

④翌朝までに承認が下りてA社HP価格の23.5%OFF(公式HPの32.1%OFF)の540.48USDにアプリケーションで予約した価格が訂正されていました。

f:id:qoo-mile:20200226143844p:plain

 

3名以上ではチャーリーズ・タクシーがお得

ワイ島からダニエル・K・イノウエホノルル国際空港に到着。

当初はレンタカーを借りてチェックイン前にワイケレアウトレットショッピングセンターに行く予定でしたが、親父が免許証を忘れるという、大失態を犯しまいまして。

ワイ島のドライブは上さんに頑張って貰ったもののホノルルは都会で交通量が多いことから断念。

ワイキキまでの足をどうするかと?

どのプランも一長一短あります。

 

交通手段 総額料金(片道) メリット(赤)、デメリット(青)
空港シャトルバス 16USD/人 チップ込みで2人までは割安、通常40分も回るホテルが多いと余計な時間が掛かることも
(SPGシャトル) 16USD/人 シェラトン、ロイヤルハワイアン、モアナサーフライダー限定なので時間が余計に掛かることがない
レンタカー 80USD/台 融通が効く、自ら運転しなくてはならない、ホテルでの駐車場代が掛かる
Uber 21USD~/台 料金が最安、相乗りの場合も、Xは荷物が載らないことも
タクシー 50USD/台 3人以上で割安、待ちがない、渋滞で料金が上がることも
(チャーリーズタクシー) 35USD/台 3人以上で割安、定額制でタクシーより割安で安心、配車に時間が掛かることも
バス 2.75USD/人 激安、大きい荷物(スーツケース)の持ち込み不可

 

人数は大人3人、スーツケース3個。

人数的に空港シャトルは割高なのでタクシーかUberに。

定額制でUber並みの料金ということで利用したことのない、チャーリーズ・タクシーにしました。

charleystaxi.com

 

乗車前夜、HPから簡単に予約。

ダニエル・K・イノウエ国際空港国内線ターミナルのバッゲージ・クレイムでオペレーターに電話(日本語)。

荷物を受け取ったら出口を右手に行ったパラソルの下で待っていてくれとのこと。

説明ではターミナル内には駐車出来ないのでターミナル外から向かうと。

配車が上手くいかなかったのか20分以上は待たされました。

20~30メートル先のタクシー・プールには客待ちのタクシーが溢れてましたので時間節約を考えればタクシーも有りかと。

ただ、事前に行き先をネットで入力していますのでその点は安心です。

f:id:qoo-mile:20200227044906j:plain

 

車内でドライバーさんと会話をすることもほとんど無く、30分弱でロイヤルハワイアンに到着しました。

クレジットカード払いでリーダー読み取り。

この時、チップの金額を選択すれば加算されて決済されます。

f:id:qoo-mile:20200227044852j:plain

 

歴史を感じさせるオープンエアーな本館

カラカウア通りを右に折れ、シェラトン・ワイキキのどでかい玄関の前を通過したらロイヤルハワイアンの正面玄関車寄せです。

f:id:qoo-mile:20200227044750j:plain

 

ベル・ボーイさん数名が荷物をおろしてくれて上さんたちはレイを頂きました。

盛り上がる気持ちを抑えて、レセプション・デスクへ。

規定の15時にまだ、1時間ありましたがチェック・インをして部屋に案内して頂けました。

この際に3人目の娘のアディショナル・チャージはエキストラ・ベッドを使用しなければ発生しないとのこと。

ベッドも大きそうなのでお断りして夕飯1回浮きます(本来の規定ではどうなのかわかりませんが)。

 

午後の昼下がりだからかゲストもほとんどおらず、外のとはまるで別世界です。

f:id:qoo-mile:20200227045021j:plain

 

頂いた冊子の中にリゾートマップのページが有りました。

f:id:qoo-mile:20200226162841p:plain

 

中国の旧正月前、真赤な提灯で受け入れ体制は万全でしたが...

いろいろ、言われていますが色々な国の人が自由に色々な国を訪れることは、とても素晴らしいことと、個人的には思います。

f:id:qoo-mile:20200227044757j:plain

 

本館のエレベーターホール。

古びてはいますが歴史を感じさせてくれます。

f:id:qoo-mile:20200227044804j:plain

 

本館からマイラニ・タワーに続く、回廊(渡り廊下?)。

オープン・エアーでスペース的にもとても贅沢な造りです。

f:id:qoo-mile:20200227044813j:plain

 

マイラニ・タワーの1階にはマイラニ・ラウンジが。

プールが眺められるスペースでゲストが思い思いの時間を過ごしていました。

f:id:qoo-mile:20200127070147j:plain

 

夜はマイラニ・イブニングを過ぎるとこんな感じで人の気配もありません。

でも、誰もいないスペースほど贅沢なものはありません。

f:id:qoo-mile:20200227045117j:plain

 

本館も静寂に包まれて、現代からタイム・トリップ出来ます。

f:id:qoo-mile:20200227045035j:plain
f:id:qoo-mile:20200227045021j:plain

 

車寄せもピンク&パープルに染まり、とてもシックです。

f:id:qoo-mile:20200227045106j:plain

 

マイラニ・タワーへアップ・グレード

2019年にプラチナ・チャレンジをしたおかげでマリオット系列のホテルに泊まればプラチナ・エリートの特典を受けることが出来ます。

 【プラチナ・エリートの主な特典】

 一部スイート・ルームを含む客室アップ・グレード

クラブ(エグゼクティブ)ラウンジへのアクセス

〇ウェルカム・ギフト(ポイント、2名分の朝食、アメニティ)の選択

〇16時までのレイトチェックアウト

〇獲得ポイントに対して50%のボーナスポイント

 

プラチナ・エリートになってからスイート・ルームへの部屋のアップグレードは2度だけでしたが、エグゼクティブフロアやスタジオ・ルームなど大きな部屋に確実にアップ・グレードして頂きました。

ワイ島でステイした、ワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ、マウナケア・ビーチホテルともベーシックルーム(=最安値の部屋)からオーシャンビューの大きな部屋へのアップ・グレードに成功。

 

こちらではヒストリック・ルーム・ビューなしからマイラニ・タワー・オーシャンへアップ・グレード。

客室タイプ 客室面積 定員
ヒストリック・ルーム 28㎡ 4名
ヒストリック・ガーデン 28㎡ 4名
ヒストリック・ガーデン・ジュニア・スイート 50㎡~66㎡ 3名
ヒストリック・オーシャンフロント 31㎡ 4名
ヒストリック・オーシャン・デラックス 44㎡~50㎡ 4名

マイラニ・タワー・オーシャンフロント

33㎡ 4名
マイラニ・タワー・プレミア・オーシャン 33㎡ 4名
マイラニ・タワー・オーシャン・コーナー 33㎡ 4名
ヒストリック・ガーデン・スイート 82㎡ 5名
マイラニ・タワー・ロフト・スイート 56㎡ 6名
ヒストリック・オーシャン・スイート 68㎡ 4名
マイラニ・タワー・オーシャン・スイート 70㎡ 4名

 

このマップだけでも部屋の位置は異なります。

f:id:qoo-mile:20200226143606p:plain

(出所 ロイヤルハワイアンHP) 

 

高層階やスイート・ルームへはアップ・グレードはなりませんでしたが、4階でもこの眺めだけで十分です。

f:id:qoo-mile:20200227045232j:plain

 

ベッドの配置は異なりますが、間取り、広さはこちらです。

f:id:qoo-mile:20200226142229p:plain

(出所 ロイヤルハワイアンHP)


シンプルな落ち着いたベッド周りにインパクトのある、パネルが飾られてます。

エキストラ・ベッドを入れるのにはちょっと手狭でしたのでエキストラ・ベッドは断っておいて良かったです。

f:id:qoo-mile:20200227045216j:plain


デスク周りもシンプルにまとめられていて、大人っぽいです。

f:id:qoo-mile:20200227045346j:plain

 

バスルームとトイレは同じスペース 。

バスタブの深さは欧米仕様でちょっと浅めですが、有るにこしたことはありません。

トイレはちょっと古いタイプのウォシュレットが付いていました。

f:id:qoo-mile:20200227045134j:plain

 

名物の可愛いピンクのバスローブ。

親父が着れはずはないですが上さん、娘も洒落っ気が無いのか袖を通すことは有りませんでした。

f:id:qoo-mile:20200227045140j:plain

 

洗面所はシングル・シンク。

このあとは二人のいろんなものが所狭しと並びました。

f:id:qoo-mile:20200227045152j:plain

 

バス・アメニティはハワイ・カウアイ島の植物のエッセンスから作られた、オーガニック・スパ・ブランドのmalieが。

歯ブラシは予め用意されてました。

f:id:qoo-mile:20200227045156j:plain

 

パック式のレギュラー・コーヒーとミネラル・ウォーター。

冷蔵庫は空で早速、ABCストアーでビールを仕入れて来ました。

f:id:qoo-mile:20200227045208j:plain

 

室内にはシングル・ソファ、デスク・チェアの二脚。

f:id:qoo-mile:20200227045351j:plain
f:id:qoo-mile:20200227045326j:plain


そしてピンク色の大きなソファとテーブル・セットのあるラナイ(バルコニー)がついていました。

日中は日差しがきつく、長くは居れませんが夜は波の音をBGMに話しながら一杯やるのに最高の場所です。

f:id:qoo-mile:20200227045228j:plain

 

あえて贅沢を言えばもう少し左サイドだったらダイヤモンド・ヘッドが見えたらと。

f:id:qoo-mile:20200227045239j:plain

 

まとめ

ワイキキのホテルと言えば真っ先に思い浮かぶ、極上のリゾート・ステイを提供するロイヤルハワイアン,ラグジュアリーコレクションリゾート,ワイキキへ。

部屋のアップ・グレードもしていただき、最高のシチュエーションで至福の時間を過ごすことが出来ました。

やはり、部屋がオーシャンビューやオーシャンフロントでワイキキの海が見えるというのはウェイト大きいと痛感しました。

 

次回はプラチナエリート特典の朝食やビーチの楽しみ方をレポートします。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

出来ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

www.qoo-mile.sit 

www.qoo-mile.site

 

www.qoo-mile.site

 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site