くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【MARRIOTT BONVOY】統合後初のポイント購入キャンペーン 25%ディスカウントでは見送りでも


こんにちは、くうの親父です。

MARRIOTTと旧spgが統合してから初めてのポイント購入キャンペーンがスタートしています。

2018年の旧spgのポイントキャンペーンでは35%ディスカウントで1スターポイントあたりの単価が@2.57円でした。現在のMARRIOTT BONVOYポイントに換算すると@0.85円の1円割れでした。

前回はMAX購入しましたが、今回のキャンペーンは本当にお得なのか?親父の視点で見てみました。

 

f:id:qoo-mile:20190418140035p:plain

(出所 MARRIOTT BONVOY HP)

 

 

 MARRIOTT BONVOYポイント購入キャンペーン

概要

 

期間:2019年5月15日午後11時59分(東部標準時)、日本では16日午後13時59分まで

最大購入ポイント:50,000ポイント(年間も50,000ポイント)

購入単位:1,000ポイント

購入単価:5,000ポイント以上購入で25%割引

ポイントへの加算:アカウントへ加算は24時間~48時間

 

購入ポイント単価は1.05円

 

f:id:qoo-mile:20190418143129p:plain

25%ディスカウントで通常の1ポイントの単価1.40円が1.05円に。

前述のように最後の旧spgでは0.85円ですからちょっと、パワー不足ですね。

まあ、この金額以上でポイントを利用出来ればお得な分けですが。

ただ、年間の最大購入ポイントが現状の規程では50,000ポイントまでですので、年内にこれ以上のディスカウント率で再びキャンペーンがあると今回、購入してしまうと痛いですね。

ドル建ての購入になりますので、ドル円の為替レートが気になりますが当面、動きそうにもないですし、1円動いても50,000ポイント購入しても影響は500円にも及びませんので、あまり考えなくても良いと思います。

 

ポイントのホテル利用ではあまりメリットはない

では、実際にポイントの利用はどうすれば良いか、見てみます。

まずは、MARRIOTT系のホテルの利用ですが、今回の最大購入ポイント50,000ポイントの範囲のホテルをピックアップしてみましたが、正直、塩梅は良くないですね(泣)

ちなみに、ポイント単価が1.05円を上回らないとポイント利用の宿泊はNGです。

 

メリットのないホテルたち

初めにメリットのないホテルですが世界的に、ほぼほぼすべてと言っても過言では無いでしょう。

チェックしたのはお盆休みの8/13宿泊。海外はお盆は関係ないので低料金ですし、ホテル代の比較的高いと言われる、欧米でもポイントで宿泊するのは得策ではないようです。

直近にあったカテゴリー、ポイントの見直しの影響も有るかと思われますがね。

f:id:qoo-mile:20190418140320p:plain

 

海外ではお盆は無いからということで同じホテルを年末12/31宿泊でチェックしてみました。

さすがハイシーズン!ポイント単価1.05円を軒並み、上回っています。

ただ、ポイントでの宿泊は空室があればいつでも可能なのですが、すでに空室が国内外とも出ています。

上回っていると言っても10%~30%ですので、この時期でもこの程度とは。

ディスカウント率の悪さが足を引っ張ってますね。

f:id:qoo-mile:20190418162629p:plain

f:id:qoo-mile:20190418140202p:plain

(出所  ウェスティンホテル東京 HP)

 

メリットのあるホテルたち

逆にメリットのあるホテルですが、これは見つけるのに苦労しますね。

同じ、8/13でチェックしましたが、エリアとして効率的なのは夏真っ盛りの沖縄くらいなもので、あとは宝探しをしているようです。

f:id:qoo-mile:20190418140129p:plain

 

f:id:qoo-mile:20190418140144p:plain

(出所 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート HP)

 

もしも↑にご宿泊ならご参考までに。

 

www.qoo-mile.site

 

唯一の有効活用は5連泊で1泊タダの裏技のみ

MARIOTT BONVOYにはポイントで連続5泊が4泊分のポイントで出来るという規程があります。先ほどのメリットのないホテルたちを再チェックしました。

f:id:qoo-mile:20190418164635p:plain

 

う~ん、これでもようやくポイント単価1円がやっとですから、厳しいですね。

でも、都市型ホテルで5泊は飽きそうですが、リゾートホテルでは活用したい裏技ですね。

 

航空会社マイルへの交換ではメリット

MARIOTT BONVOYのポイントは国内外の40を超える航空会社のマイルに交換することが出来ます。

ほとんどの場合、3ポイントが1マイルの交換率で60,000ポイントを1度に交換すると5,000マイルのボーナスマイルが付与されて25,000マイルになります。

 

(例)60,000ポイントをANAマイルに交換

60,000ポイント×1.05円(購入単価)×1/3(交換率)=20,000マイル+5,000マイル(ボーナス)

つまり、

63,000円で25,000マイルを購入、2.52円で1マイルを購入することになります

 

f:id:qoo-mile:20190418140117p:plain

 

 1マイルは特典航空券に交換すると2円~4円の価値が有るとされますので購入単価の1.05円でも悪くは無いと思います。

 

【注意】

・購入出来るポイントは50,000ポイントまでですので10,000ポイントは他の手段で貯めなければなりません(ボーナスが要らなければ交換は出来ますが)。

・国内線や国際線近距離のエコノミークラスですと2円近くの価値にマイルが低下しますので国際線中長距離やビジネスクラス以上への交換が必須です。

 

 

まとめ

MARRIOTT BONVOY誕生後、初めてのポイント購入キャンペーンですが、「取りあえず買っておこう」は無いですね

。ポイントを利用して宿泊するにポイントが足りない、「近々購入単価(1.05円)以上のポイント単価のホテルに宿泊するの二つに購入は限定かと。

また、有るか無いか、わかりませんが次回キャンペーンに期待したいところです。

 

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ご意見、ご指摘等あればよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村