くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【2019全米オープン観戦記】チケットの価格差はグランドスラム一番も、$80のチケットで一流選手の試合を近くで楽しめます

 

 こんにちは、くうの親父です。

米国ニューヨークでは全米オープンテニスが後半戦に入りますが、ANA ダイヤモンド修行の第一旅程の際についでにグッドタイミングで1日だけ観戦できましたので報告します。

錦織 圭選手はすでに敗退してしまいましたが、ディフェンディングチャンホピオンの大坂 なおみ選手が勝ち進んでいますので、是非とも連覇してもらいたいです。

 

 

リ・セール方式が定着していてチケット入手は簡単

まずはコートとチケットの種類のご説明を

【コート】

〇アーサーアッシュ・スタジアム

座席数23,000席とまさしくメインスタジアム

全席指定

開閉式屋根あり

f:id:qoo-mile:20190902200203j:plain

 

スタンドは個室席階も入れると実質5階建てで3階シートからの眺めは東京ドームの3階から見ているように小さいです 

f:id:qoo-mile:20190902200856p:plain

(出所 USオープン HP)

 

〇ルイ・アームストロング・スタジアム

座席数 10,000席強で下層が指定席で上層が自由席

開閉式屋根あり

f:id:qoo-mile:20190902200234j:plain

 

自由席からでもリアル感十分(グレー部分が自由席です)

f:id:qoo-mile:20190902201203p:plain

(出所 USオープン HP)

 

〇グランドスタンド

座席数 8,000席で下層が指定席で上層が自由席

f:id:qoo-mile:20190902201545p:plain

(出所 USオープン HP)

 

自由席からのリアル感、文句無し(こちらもグレー部分が自由席です)

f:id:qoo-mile:20190902201712p:plain

(出所 USオープン HP)

 

〇グランドコート

市営のコートのようですが、各コートにスタンドあり

座席数はNO.17は2800人。NO.4、7、11は1000人以上

観戦の臨場感は抜群です

 

【チケット】

〇デイセッション

券種 AA指定 LA指定 GS指定 グラウンズアド
アーサーアッシュスタジアム(AA) × × ×
ルイアームストロングスタジアム(LA) 自由席のみ〇 自由席のみ〇 自由席のみ〇
グランドスタンド(GS) 自由席のみ〇 自由席のみ〇 自由席のみ〇
グランドスタンドコート

 

〇ナイトセッション

アーサーアッシュスタジアム、ルイアームストロングスタジアムで設定あり。

ゲートオープンは18:00なのでそれまでは自由に観戦可能。

また、ルイアームストロングスタジアムにはデイセッションに自由席の設定があるが、イブニングセッションにもあるかは未確認です。

あれば、グラウンズアドミッションチケットでも一日中、たっぷり楽しめます。

 

すみません、公式販売チケットの情報は不十分です

全米オープンのチケットはアメリカンエキスプレスカード会員先行販売が6月上旬から、一般販売が6月中旬からだったようです。

今年、全仏オープンを観戦したことでグランドスラムと言われる四大会の内の三大会を制覇(他に2015にウィンブルドン、2018に全豪オープン)。

残る全米オープンは2020年に行くつもりでした。

が、冒頭にあるようにANA ダイヤモンド修行を急遽決定したのが6月下旬。

だったら、来年の下見のつもりでの観戦となったのですが、チケット公式販売サイトを見るとSOLD OUTの状態となっていました(どこまでチェック出来ていたのかわかりませんが)。

そんなことなのでこちらについての情報は不足しています。

 

公式販売が終わると早くもリ・セールサイトが大賑わい

しかし、公式リ・セールサイトが早くもスタートしているではないですか。

他には非公式転売サイトでも販売していましたが、公式サイトでは観戦日、スタジアム、席のグレード、その位置まで選び放題です。

ただ、販売価格に上限が決められていないようで、やや上方に分散されていました。

 

開催日に向けて価格は定価近くに収斂

開催日に向けてオファーは定価に収斂してくるイメージになっていました。

やはり、売り手側としてこのままでは売れないリスクがあることから当然、損をしないことを最優先とすることから売れなければ値下げは止むを得ないのでしょう。

買い手には開催の1~2週間前が価格、席の場所とも選べてベストタイミングのようです。そこからは案件自体が少なくなることから席、日程によっては値上がりのことも。

米国自体が自由経済を標榜(今は少し怪しいですが)していますのでチケット価格も需給で決まっているようです。

グランドアドミッションチケットは売り切れだったのに、2回戦までは公式販売チケットがなぜか、出て来るなど良くわからないことも。

尚、大坂なおみ選手が連日、アーサーアッシュでの試合となりましたが、その指定席券を前日に購入することは十分可能でした。

 

アーサーアッシュスタジアム3階席を購入も他アカウントに譲渡

チケットの購入は早々に公式リ・セールサイトでクレジット支払いにて完了。

その際にメールアドレスでのサイト登録が必要でした。

スマホにアプリをダウンロードするとその後の管理が出来、モバイルチケットが送られてきます。

しかし、親父は購入後、スマホを替えてしまったため、メアドもGmailアドレスになってしまい、モバイルチケットの受け取りが…と。が、他の特定の個人への譲渡がネット上でできるので、新たなGmailアドレス宛てに譲渡して事なきを得ました。

尚、モバイルチケット(バーコード)は観戦日の一週間前くらいにしか送られて来ないので、焦りました。

Wifiなどのネット環境を当日持っていなくてもバーコードのスクリーンショットで入場O.K.でした。

 

荷物チェックは厳しいのでなるべく手軽に

場内への荷物の持ち込みには大きさ(容量)に制限がありますので、極力、手荷物は無い方が。

f:id:qoo-mile:20190902202905j:plain

親父はリュックを持ち込もうしましたが30㎝×30㎝×40㎝の制限の高さがちょっと超えていただけでセキュリティをパスできず。

手荷物預かり(コインロッカー)代5ドルが掛かってしまいました。

ちなみにスーツケースなど大型のものも預かり料は高くはなります預かって貰えますので、ニューアーク空港から直接でも行けました。

 

錦織圭選手は3回戦で敗退

タイムズスクエアのホテルから徒歩で42St-Times Sq駅へ。焦っていたので間違えて地下鉄1号線をアップタウンに向かってしまい、戻るはめに。

地下鉄7号線に乗り直してMets-Willets Point駅へ。Single Ride(片道)が固定運賃で$3です。

 

トイプーも地下鉄に乗って観戦です(このあと、ホントに会場で見かけました)。

f:id:qoo-mile:20190902224728j:plain

 

そんなことや手荷物でセキュリティに拒否られたり、そもそもシンガポールからの飛行機が遅延したため、9:30のゲートオープンに間に合わず。

でも、アーサーアッシュスタジアムも見えて胸が高鳴ります。

(なぜかブリッジの床は板張りです)

f:id:qoo-mile:20190902204938j:plain
f:id:qoo-mile:20190902204919j:plain

 

駅の反対側にはニューヨークメッツの本拠地、シティフィールドがあります。

f:id:qoo-mile:20190902223322j:plain
f:id:qoo-mile:20190902223301j:plain



お目当ての錦織 圭選手の試合もグランドスタンドの一試合目、11:00とこれにも間に合わず。グランドスタンド自由席に着いたときは0-2での第3セットの途中でした。

f:id:qoo-mile:20190902205201j:plain

(奥が錦織選手、手前がA.デミノー選手)

 

錦織 圭(JPN)[7]

29歳

シングルスランキング 7位 、最高4位(2015/3/2)

通算 12勝

身長178㎝、体重 73.0㎏

ご存知、日本男子のエース。全米オープンは最高、準優勝と相性は抜群です。

 VS 

A.de Minaur(AUS)

21歳

シングルスランキング 38位 、最高24位(2019/3/4)

通算 2勝

身長183㎝、体重 68.9㎏

オーストリアの若手の成長株。ただ、粗さもありますが、調子が良いとやりずらい相手です。

 

f:id:qoo-mile:20190902205848j:plain

 

結果はA.デミノー選手の3-1(62、64、26,、63) 勝利。

相手の固いプレーに最後まで調子に乗れない錦織選手。

最後までイライラしてました。

 

アーサーアッシュスタジアムは巨大過ぎです

錦織選手を応援していたら、持っていた指定席券のアーサーアッシュスタジアム一試合目、R.フェデラー選手の試合が終わっていました。

二試合目も始まっていたので、駆け足でアーサーアッシュスタジアムへ。

f:id:qoo-mile:20190902210412j:plain

 

S.Williams(USA)[8]

37歳

シングルスランキング 8位 、最高1位(2002/7/8)

通算 72勝

身長175㎝、体重 70.3㎏

ご存知、元世界女王。出産後もパワフルさは以前と変わらず。日本人にとっては昨年の全米オープンの決勝のバタバタがあったのでヒール役ですが、米国での人気は絶大です。

VS

K.Muchova(CZE)

23歳

シングルスランキング 44位 、最高43位(2019/7/15)

未勝利

身長175㎝、体重 70.3㎏

すみません、知りません。

f:id:qoo-mile:20190902211546j:plain

(奥がS.ウイリアムス選手) 

結果はS.ウイリアムス選手の2-0(63、62)の完勝。

 

アーサーアッシュスタジアムはデイセッションでは基本2試合が組まれます。

この日はあまりにも早く終わったことで、他のコートで組まれていた、お騒がせのN.Kyrgios(AUS)のダブルスがコート変更されました。

 

試合数の少なさ、高くない席だとあまりにも遠い(1階5~8万円、2階3万円が相場)などから、メインコートの雰囲気は味わえますが、観戦にはイマイチですね。

 

ところでS. ウィリアムスの試合の途中で他コートの結果が巨大スクリーンで流れました。

そこで映されたのが先ほどまで観戦していたグランドスタンドでの錦織選手の試合。

最終セット、調子が上がらないのを苛立ってコートにラケットを叩きつけるシーンが流されると見ていた観客の多くが引いてました。

錦織選手は時々、このようなプレーをしますが日本のマスコミやファンはあまり、何も言いません。でも、テニスは紳士淑女のスポーツ。

マナー、エチケットには気を配るべきですし、自分の調子の悪さにラケット、コートはなんの責任もありません。

このような姿勢は改めるべきだと思います。

 

ルイアームストロングスタジアムも指定席券要らず

N.キリオス選手も観たかったですがナンバー2コートのルイアームストロングスタジアムへ。

S.ウイリアムスの試合が終わったので怒涛の人がこちらに向かいます。

 

途中のテラススタジオでブンブンまること、B.ベッカーさんが出演されていました。

f:id:qoo-mile:20190902212806j:plain

 

ルイアームストロングスタジアムに着くと自由席長蛇の列です。

f:id:qoo-mile:20190902213120j:plain

(奥がワウリンカです)


S.Wawrinka(SUI)

34歳

シングルスランキング 24位 、最高3位(2014/1/27)

通算16勝

身長183㎝、体重 81.2㎏

グランドスラムで3勝を挙げている、ビッグ4には隠れてしまっているが実力派。

この後の4回戦では第一シードのN.ジョコビッチを破った。

片手バックハンドは今のテニスでは珍しい存在。

ワウリンカ、バブリンカ、両方で呼ばれている(笑)

VS

P.Lorenzi(ITA)

37歳

シングルスランキング 135位 、最高33位(2017/5/15)

通算1勝

身長183㎝、体重 78.0㎏

こちらの選手も知りませんでしたが、イタリア人応援団の声援が凄かったです。

 

f:id:qoo-mile:20190902214159j:plain

(S.バブリンカの美し過ぎるバックハンド)

結果はS.バブリンカ選手の3-0(63(9)、62(4))で勝利しました。

 

全米オープン、観戦のツボ

わずかですが、全米オープン観戦に役立てばと何点か列挙します。

〇チケットの購入はリ・セール制度がきちんとしていますので慌てず、リ・セールサイトで。

〇飲食は他のグランドスラムに比べて店舗が多いのですので、そんなには並びません。しかし、値段は500㎖のハイネケンが$12とインフレしています。

〇スポンサーのAmerican Expressが大々的にイベントをやっていますのでお子さんも楽しめます。

〇会場最寄りのMets-Willets Point駅は券売機が非常に少ないです。かと言って先に購入しても使用しなくても発行から2時間で無効になります。Pay-per-Ride(プリペイドカード)利用が得策です。

〇ナンバー2、3コートも半分は自由席ですのでグラウンズアドミッションチケット(自由席券)でも一週目、特に1回戦は存分に楽しめます。

f:id:qoo-mile:20190902222922j:plain
f:id:qoo-mile:20190902222937j:plain

(AMEXイベント)

 

まとめ

予定より1年早く、観戦グランドを達成してしまいましたが、事前調査も浅く、観戦も1日だけ、翌朝のフライトが早いので18時に退散と消化不良でした。

でも、その独特の熱い雰囲気は感じられましたね。

f:id:qoo-mile:20190902224838j:plain
f:id:qoo-mile:20190902224849j:plain


来年は計画を念入りにして、存分に堪能したいと思います。

そのための第一歩でANAの米国行きの特典航空券の予約に現在、奮闘中デス!

 

今回も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

下をポチっとして頂ける、文筆活動(大袈裟ですね)の励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログへ

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

www.qoo-mile.site

  

www.qoo-mile.site