くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【永久保存版・発券編】全仏オープンテニスのチケットは公式サイトでの購入が絶対お得

こんにちは、くうの親父です。

全豪オープン以降、日本の男女エース、錦織 圭選手、大坂なおみ選手といまひとつですが、全仏オープンに向けて、調子が上がるのを期待したいところです。

その全仏オープンの公式サイトでチケットの登録から発券まで完了したのでレポーします。

 

 

f:id:qoo-mile:20190422112308p:plain

 

 

全仏オープンとは

開催期間:本戦 2019年5月26日(日)~6月9日(日)、予選 5月20日(木)~24日(金)

グランドスラムで日曜日スタートはここだけ。

www.rolandgarros.com

 

開催場所:スタッド・ローラン・ギャロス(Stade Roland Garros)

 

サーフェース:クレー(赤土・レンガの粉)

創設:1891年

優勝賞金:220万ユーロ(2018年、約2億7,000万円)

コート:センターコート Court Philippe-Chatrier(収容 14,840人)

            Aコート Court Suzanne Lenglen(収容 10,068人)

            1番コート Court Simonne-Mathieu

最多優勝:ラファエル・ナダル(スペイン) 11回

 

なぜ、公式チケットサイト経由だといいの?

全仏オープン」「チケット」と検索すると複数の旅行社やチケット代理店のサイトが出ていますが、どれも、手数料が高額で公式サイトでの購入総額の数倍となっています。

公式サイトでは発売開始(2019年は3月20日10時・フランス時間)から早いもの勝ちでの購入となっており、ウィンブルドン選手権のように抽選も無く、一つ一つ手順を踏めば、好きな席を正規価格で購入出来ます。

現在、すでに後半の週のグランドチケット(ジュニア、車いす)以外はほぼ、SOLD OUTになっています。

 

観戦者登録の概要

全仏オープンでは他のメジャーのスポーツイベントと同じく、購入時に観戦者の性別、氏名、生年月日、Eメールアドレスの登録が必要です。

これは高額での転売やダフ屋行為を防止するための措置で、利用したい場合には「RESALE SERVICE」サイトが用意されています。

今回、発売より1カ月ほど経ってから登録システムがスタートしました。

 

観戦者登録の流れ

購入時に送られて来たCONFIRMATION OF YOUR ORDERの「ACCESS YOUR ACOUNT」をクリックすると全仏オープン公式チケットサイトに飛ぶのでログインします。

f:id:qoo-mile:20190422160055p:plain

 

 すると、購入済みのチケットの一覧が表示されますので、順番に「ASSIGN]

していきます。

 

f:id:qoo-mile:20190422140002p:plain

 

「TITLE(性別)」、「LAST NAME(姓)」、「FIRST NAME(名)」、「BIRTHDAY(生年月日)」、「E-MAIL ADDRESS」を入力します。自分が観戦する場合には左にある「THIS TICKET IS FOR ME」のボックスをチェックします。完了したら右下の「VALIDATE」をクリックします。

f:id:qoo-mile:20190422151625p:plain

 

 発券の流れ

観戦者登録が完了したら発券します。「DOWNLOAD」と「SEND」(但し、Eチケットで全豪オープンのように紙のチケットの送付サービスではありません)。

赤矢印の箇所に観戦者情報が表示されています。

f:id:qoo-mile:20190423085924p:plain

 

登録済みのアドレスにメールが送られて来ます。

いずれかのチケットの形式を選びます。

スマホに大会アプリをインストールして「M-TICKET」をダウンロードします。

②「Your e-ticket」をクリックするとE-TICKETがダウンロードされます。

f:id:qoo-mile:20190422143230p:plain

 

 

E-TICKETがダウンロードされたますので、プリントアウトして大会当日に持参します。

この際には写真入りのID(パスポートが良さそう)を忘れないように。

f:id:qoo-mile:20190422140051p:plain

 

まとめ

テニスグランドスラム(四大大会)の一つの全仏オープンですが公式チケットの購入はとてもわかりやすく、高い手数料で代理店などの手は借りなくても問題ありません。

ただ、欧州のど真ん中ですので良いチケットの争奪戦は相当のものです。

また、コートサイドのチケットはあらかじめ食事とセットされたホスピタリティチケット(1名50,000円以上)でほとんど押さえられているようです。

親父も行く予定もないのに、メインコートで観たいが為に秋のROLEXマスターズ1000・パリ大会との抱き合わせのチケットを購入しました(泣)ので、そう考えると良いチケットの購入は全豪オープンのように簡単では無いと思いました。

 

いずれにしてもチケットは無事確保出来たので、あとは、いざ、ローランギャロスです。

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

何かのご参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

 

 

www.qoo-mile.site