くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【パリ旅行記・前編】スリに怯まず弾丸パリ観光、ポイントだけを駆け足しで巡ります

こんにちは、くうの親父です。

5月終わりに行ったスイス+フランス旅行。

後半のパリの旅行記になりますが、目的が全仏オープンテニス観戦なので極めて弾丸チックな観光になってしまいました(笑)。

今から考えるとちょっと、もったいなかったですね。

 

 

鉄道チケットはなるべく早くの購入が鉄則です

スイス・ジュネーブからフランス・パリへの移動は陸路、TGVです。

 

ここで大失敗が。 

初めからそのつもりで予約サイトで時刻、運賃を数か月前からチェックしていました。

その時の運賃が手数料込みで二等車で9,000円弱。

余裕こいて二週間前に予約しようとサイトを見たら、15,000円!

欧州の鉄道は日本とは違い、乗車日に近くなるほど値段が上がる、航空運賃と同じシステムだという、基本中の基本を忘れてました。

LCCも考えましたがさほど、時間の優位性がないのでTGVにしました。

物事はギリギリまでしない、親父のダメなところが出ましたね(泣)。

 

ジュネーブ中央駅 9:41発>パリ・リヨン駅 12:49 

TGV Lyria 9768

3時間8分の旅です。

f:id:qoo-mile:20190630212429j:plain
f:id:qoo-mile:20190630212445j:plain

 

最初は峠で速度は遅かったですが、中盤はのどかな田園地帯を行き、後半は新幹線並みの速さでした。

f:id:qoo-mile:20190707202832j:plain
f:id:qoo-mile:20190707202822j:plain


予定時刻にパリ・リヨン駅駅に到着。

駅の構内でスイスとは違う、パリの華やかさが感じられます。

f:id:qoo-mile:20190707203106j:plain

 

このあと、節約でメトロ(地下鉄)1号線へ。

メトロは距離に関係なく、1回券のビエ(Billet)が1.9ユーロ。それが10枚つづりのカルネ(Carnet)で14.5ユーロ。

翌日も利用するので、カルネを購入。

自動販売機でも買えますが、モタモタしてるとよからぬ奴も寄って来ますので、親父はいつも窓口です。

f:id:qoo-mile:20190707205336j:plain

 

スリのご挨拶から「黄色いベスト」

その後、メトロ1号線に乗車しましたが、ドアが閉まるなりスリにご挨拶されました。

これは4年前に訪れたローマでもありましたので、下に詳しく書きますので、行かれる方は注意してください!

【手口】

1.大人ではありません。10歳台前半の2~3人。パリ、ローマとも男1人、女2にんんでした。

2.黒人ではありません。両方、東欧系でした。

3.今回は私たちが乗車したのを追って来て、男が話しかけて来ました。何かを尋ねて来て、私たちがそれに気を取られている間に、女二人が上さんのバッグから財布を掏るもの。

4.ローマでは入口に立っていて、乗り込もうとすると接触して掏ろうとしてきて、そのあとバッグのファスナーは全開でした。

失敗すると両件とも次の駅で降車していきました。

 

幸いにして被害には合いませんでしたが、欧州の地下鉄を利用する際にはプロテクトは欠かせません。

【予防策】

1.バッグは必ず、体の前面に。財布などの貴重品は奥に入れる。
2.それらしき輩に話しかけられたりしても相手にしない。

3.間違えても捕まえようとはしない。ナイフを持っているかもしれません。

 

そんなこんながありましたが、また、新たなアクシデントが。

Gare de Lyonから乗車してGeorge Vで降車の予定が、 Concordeから停車せず、 Porte Maillotまで行ってしまいました。車内で若い女の子が「デモの警戒で今日は通過なの。」と教えてくれました。

f:id:qoo-mile:20190707215047p:plain

(出所 Wikipedia)

 

地上に出たら自動小銃を持った警官が物々しく警備をしていて、シャンゼリゼ通りも通行規制が。

タクシーをなんとか拾ってホテルに向かいましたが、中東系の運転手でパリの狭い裏道を猛スピードで飛ばすは他の車をあおるは、生きた心地がしませんでした(怖)。

 

駆け足で弾丸市内観光、シャンゼリゼ通りからルーヴル美術館

ホテルにチェックイン後、早速、市内に飛び出しました。

ホテル前の通りからシャンゼリゼ通りに出た角にルイヴィトン本店が。

入って見たかったですが、ここは近寄るべからずです。

f:id:qoo-mile:20190630212344j:plain

 

シャンゼリゼ通りの広い歩道にはレストランのテントが並んでいます。

Googleもしないでハズレがないとイタリアンレストランに入りました。

f:id:qoo-mile:20190707220455j:plain

 

シャンゼリゼ・ロータリーからエトワール凱旋門(Arc de Triomphe)を臨みます。

とにかく、デモ警備でパトカーが列をなして走ってました。

f:id:qoo-mile:20190708202704j:plain

 

このままシャンゼリゼ通りを直進して、コンコルド広場(Palace de la Concorde)

に行きたかったのですが、やはり、でも警備で行けませんでした。

左折してオペラ座に向かって途中のマドレーヌ寺院

f:id:qoo-mile:20190708203446j:plain

 

小雨の降る中、ようやく通称オペラ座、ル・パレ・ガルニエ(Le Palais Garnier)に着きました。

f:id:qoo-mile:20190630212746j:plain

 

南下してルーブル美術館へ。

弾丸観光なのでここも入りません(笑)。

f:id:qoo-mile:20190708203906j:plain

 

ここまでの経路です。

結構歩きましたが、歩けない距離ではないですね。

 

 パリのシンボル、エッフェル塔の雄姿を拝見します

東に来ましたので、ボンヌフ駅からメトロ7号線、9号線でトロカデロ駅に向かいます。

タクシーは大渋滞で使い物になりません。

メトロは二人で400円弱ですから節約です!

 

最も美しいと言われるシャイヨー宮(Palais de Chaillot)からのエッフェル塔(Tour Eiffel)です。

黒人の露店土産物売りが凄かったですが、結構、気さくそうでした。

f:id:qoo-mile:20190708205440j:plain

 

 

近くに迫ると大迫力です。

ただ、鉄骨に赤錆が目立っていましたね。

f:id:qoo-mile:20190708212857j:plain

 

セーヌ川と一緒だとまた、趣が違います。

f:id:qoo-mile:20190708212620j:plain


そのあと、ホテル近くのLA MASON DU CHOCOLATへ。 

f:id:qoo-mile:20190630212556j:plain

 

で、店内で試合を翌日に控えた、錦織 圭選手に遭遇。

親父の声かけはせず、上さんだったら女性なのでそんなにはと思い、「頑張ってください。」と激励を。

f:id:qoo-mile:20190630212606j:plain

 

近くには、芸術的なヌードショーのクレイジー・ホース(Crazy Horse)が。

昼間の店先と夜の店先のギャップがいいですね。

f:id:qoo-mile:20190708214217j:plain
f:id:qoo-mile:20190708214225j:plain

 

まとめ

わずか4時間でパリのポイントを早回りしました。

ただ、シャンゼリゼ通りはパトカーだらけ、警官だらけ。

おかげで、コンコルド広場はお預けに。

でも、たまたま寄ったLA MASON DU CHOCOLATで錦織 圭選手に会えたのはビッグ・サプライズでした。

でも、どこも入らずでちょっと、もったいなかったとも。

後編はセーヌ川クルーズに出掛けます。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site