くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【旅行記】熱田神宮の厳かさを感じ、門前のあつた蓬莱軒のひつまぶしを美味しく頂きました

こんにちは、くうの親父です。

愛知県豊田市で行われたラグビーワールドカップ日本VSサモアを観戦。

名古屋マリオットアソシアに宿泊したので翌日曜日、三種の神器の一つ、草薙の剣が祀られている熱田神宮を参拝。

そのあと、ひつまぶしで有名な蓬莱軒にお伺いしました。

  

 

参拝経路が?ですが熱田神宮を参拝

日本一忙しい名鉄名古屋駅から

朝食後、名鉄本線神宮前駅を目指すので名古屋マリオットアソシアを背にして向かいの名鉄名古屋駅へ。

f:id:qoo-mile:20191023200514j:plain

 

こちらの駅はホーム3本、4番線使用で1日に800本の電車を捌く、日本一忙しい駅で有名です。

2番線、3番線が降車専用のホームで岐阜方面に1本、豊橋方面に1本のみです。

f:id:qoo-mile:20191027015411p:plain

(出所 名古屋鉄道HP)

2番線(乗車、降車専用)の1本の線路でこんなにありますので。

f:id:qoo-mile:20191026152542p:plain

(出所 名古屋鉄道HP)

 

名鉄特急で20分弱、本数はたくさんありますのでとても便利です。

 

熱田神宮、早わかり

名前だけ聞いたことのある、熱田神宮でしたが、調べてみるとその格式の高さに驚かされました。

熱田神宮の創祀は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まります。

第12代景行天皇の御代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)は神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)でなくなられました。

尊のお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)は、神剣をここ熱田の地にお祀りになられました。

以来、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として篤い崇敬をあつめ、延喜式名神大社・勅祭社に列せられ国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。

 

約6万坪の境内には、樹齢千年を越える大楠が緑陰を宿し、宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されております。

境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度、昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられております。

(出所 熱田神宮HP)

その後、大宮司の娘が源義朝に嫁ぎ、生まれた源頼朝織田信長豊臣秀吉などの戦国武将との繋がりがある、まさしく、時代の流れを見てきました。

 

勝手わからず東門から参拝に

熱田神宮、大きいです。

f:id:qoo-mile:20191026154156p:plain

(出所 熱田神宮HP)

 

初めての参拝でしたので神宮前駅から国道を渡った東門から入ってしまいました。

f:id:qoo-mile:20191026154602j:plain

 

横入りした感じですので、本宮にそうかからずに辿りつけました。

f:id:qoo-mile:20191026164002j:plain

 

このクラスの神社は初めてなので、とても厳かな雰囲気に圧倒されます。

f:id:qoo-mile:20191026163948j:plain

 

こちらから参拝させて頂きました。

f:id:qoo-mile:20191026163922j:plain

 

本宮の前で巫女さんがお鈴はらいをして頂けます。

初穂料はお気持ちです。

f:id:qoo-mile:20191026164413j:plain

 

境内散歩の後に蓬莱軒を店頭予約

参拝を済ませ、本来は通って来なくてはいけなかった参道を下っていきます。

 

ちょっと歩くと織田信長桶狭間の戦いの戦勝のお礼として奉納した信長塀があります。

こういう実物を実際に見ると1560年の時代にトリップさせてくれます。

f:id:qoo-mile:20191026172032j:plain

 

弘法大師が植えたと言われる大楠

樹齢は1,000年にも及びます。

f:id:qoo-mile:20191026172210j:plain


本当は最初にくぐらなければならなかった正門(南門)です。

f:id:qoo-mile:20191026173238j:plain

 

参道を出て一般道に出るとすぐにあつた蓬莱軒神宮店が左手にあります。 

 

時間は10:30。開店時間は11:30。

店頭で仲居さんが予約を取っていて11:15に再訪してくださいと。

ちなみに毎日、10:15ごろから予約を受け付けているとのことでした。

予約を済ませてから参拝という流れが良いと思います。

f:id:qoo-mile:20191026174332j:plain

元祖ひつまぶしを美味しく頂きました

予約の時に時間つぶしにと近所の散策の地図が貰えます。

堀川沿いの遊歩道をぐるりと戻ってきたのが11:00。

予約を受け付けを引き続きしていましたが、14:00になると。3時間待ちになっていました。

f:id:qoo-mile:20191026174354j:plain

 

あつた蓬莱軒は明治6年に料亭として創業。

当初は鰻丼での出前で繁盛していましたが、カラの丼ぶりが割れること度々。

おひつで数人前を配達のスタイルに変えるも、ご飯が残されることに。

そこでが店主が鰻を細かく切って、ご飯と混ぜることを考案。

これがお客にとても受けて「ひつまぶし」がポピュラーになりましたと。

ちなみに「ひつまぶし」はあつた蓬莱軒の登録商標とのことです。

でも、クロネコの「宅急便」と同じで一般的な呼び名になってますね。

 

「元祖ひつまぶし」は 本物の美味しさです

11:30前にそれぞれの席に案内されて、オーダーです。

待つこと10分ちょっとで元祖ひつまぶしとご対面です。

f:id:qoo-mile:20191026174408j:plain

 

厚みはそれほどではないですが、とても、気持ち弾力感があって締まっている肉感。

丁寧に焼かれ、香ばしさも半端なく、感動です。

関東ほどタレは甘くなく、親父的にはこちらが良いですね。

食べ方のガイドを熟読して。

f:id:qoo-mile:20191027010010p:plain

(出所 あつた蓬莱軒HP)

 

この薬味で一人前。

ボリュームもあってとことん、楽しめました。

メニューに1.5人前がありますが、大食いの親父でも完食出来なさそうでした。

f:id:qoo-mile:20191026174426j:plain

まとめ 

天気の良い日曜日。

前日のラグビーの興奮が覚めない中、熱田神宮参拝とあつた蓬莱軒のひつまぶしと名古屋の王道を体験出来ました。

それにしても「ひつまぶし」が登録商標とは知りませんでした。

名古屋からも遠くなく、半日あれば十分ですのでお勧めします。

ひつまぶしを食べるなら10:15に蓬莱軒目標で。

 

まだまだ、国内でも行くべきところはたくさん有りますね。

 

本日も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この修行については順次、アップしていきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

www.qoo-mile.site 

www.qoo-mile.site

 

www.qoo-mile.site