くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【マカオ旅行記、その1】世界遺産30ヵ所を一気に巡礼、ポルトガル文化にどっぷり浸かれます

こんにちは、くうの親父です。

中国・深圳での女子テニス、WTAファイナルズ観戦のあとに香港から変更して寄った、マカオ

カジノの印象が強かったですが、ポルトガルの香りのする(行ったことありませんが...)、歴史を感じる素敵な街でした。

その象徴とも言える世界遺産巡りを駆け足ですがしてきましたのでご報告します。

 

 

マカオの歴史

世界遺産巡りの前に軽く、マカオの歴史をおさらいします。

1513年 ポルトガルが中国に初渡来、明との交易をスタート

1557年 ポルトガルマカオに居留権を獲得も領有権は明に

1887年 ポルトガルに正式割譲され領土に

1966年 マカオ暴動に発し、中華人民共和国の影響力が絶対に

1979年 ポルトガル・中国間に国交樹立

1987年 マカオ返還共同声明

1999円 マカオ変換され中国の特別行政区に 

マカオへのポルトガルの入り込み方はソフトで離れ方もポルトガルが随分前から興味を失い、中国が入り込んでいたので香港返還と比べてスムースでした。

ほとんど広東語が話されることがそれを証明していて、隣の揉めている香港とは事情が違うようです。

 

30ヵ所の世界遺産が徒歩で周れます

2005年、22の建造物、8の広場が歴史地区として中国における31番目のユネスコ世界遺産に登録されました。

元々、マカオ自体が広くないところでこれらの世界遺産は半島の狭いところに集中しているので、基本的に徒歩で観て周ることが可能です(少々、蒸し暑いですが)。

ポルトガルと中国他、東西文化が交わった、独特の世界となっており、マカオに行ったら絶対に訪れたい、とてもフォトジェニックな世界遺産のオンパレードです。

 

【1.媽閣廟~10.聖オーガスチン広場まで】

 

海の神様の媽閣廟(マコ-ミュウ)から北東へ周遊スタート

セントレジスマカオ、コタイセントラルのチェックインを昼過ぎに済ませ、行動開始です。

 

一番札所?の媽閣廟(マコ-ミュウ)へは移動時間短縮でタクシーで。運賃がそう高くないので使いやすいです。

 

媽閣廟(マコ-ミュウ、A-Ma Temple)

こちらには海の守り神の媽閣が祀られています。

建てられたのは1488年でマカオ世界遺産のなかで数少ない中華風建物のうちの一つで

す。

f:id:qoo-mile:20191127224649j:plain

 

ここは風水上非常に良い位置にあり、パワースポットとしても有名です。

独特の香りのお線香の煙が垂れこめています。

中国だな~と感じます。

f:id:qoo-mile:20191127224713j:plain
f:id:qoo-mile:20191127224658j:plain

 

廟内一角には灯篭型の多くの「許願球」が掛けられています。

その下には札がぶら下がっていますが、願い事を書くもので日本の絵馬のようなものです。

f:id:qoo-mile:20191127224706j:plain

 

ちなみに、ポルトガル人が初めてマカオに来たときに、この廟の前でローカルの人に「ここはどこだ?」とと聞いたので「マコーミュウ!」と答えたのが地名の由来と言われいます。

 

バラ広場(Barra Square) 

で、媽閣廟の目の前に広がるのがカルサーダスというポルトガル式の石畳のバラ広場です。

地元の方がのんびりと佇んでいました。

f:id:qoo-mile:20191127224728j:plain

 

港務局(Moorish Barracks)

しばらく、一方通行の道を登っていくと右上手に見える黄色い建物が港務局です。

f:id:qoo-mile:20191127224736j:plain

 

1874年に建設され、インドのムーア人の兵舎として使われていました。

ムーア人の多くがイスラム教徒なのでイスラム教の影響を大きく受けています。

f:id:qoo-mile:20191127224743j:plain

 

ただ、残念ながら現在は改修中のため回廊も含めて内部の見学はできません。

f:id:qoo-mile:20191127224749j:plain

 

リラウ広場(Lilau Square)

そのまま5分ほど歩くと右にリラウ広場が。

この一帯はポルトガル人が最初に住んだところで、貴重な湧水があったと。

井戸は現在もありますが、使用されてはいません。

f:id:qoo-mile:20191127224802j:plain

 

鄭家屋敷 (Mandarin'sHouse)

リラウ広場の向かい側にどっしりあるのが鄭家屋敷です。

思想家・鄭觀應の邸宅として1881年に建設された、中国建築と西洋建築が混ざった、独特の建物です。

中まで見学できますが、4,000㎡と大きいです。

f:id:qoo-mile:20191127224812j:plain

 

聖ローレンス教会(St.Lawrence's Church)

再び、一方通行を5分進んで左にこれも黄色い、聖ローレンス協会があります。

1569年、イエズス会によって建築されたマカオ三大古堂のうちの一つです。

f:id:qoo-mile:20191127224834j:plain

 

中に入ると正面に聖母伝説を表したステンドグラス、ブルーグリーンに塗られた天井と彩りが鮮やかです。

f:id:qoo-mile:20191127224847j:plain

 

聖ヨセフ修道院及び聖堂(St.Joseph's Seminary and Church)

すみません、見落としました…

 

ドン・ペドロ5世劇場(Dom Pedro V Theatre)

1860年に建設されたマカオ初の西洋式劇場です。

ここまで黄色い建物だけでしたので薄いグリーンが新鮮です。

f:id:qoo-mile:20191127224911j:plain

 

オーガスチン教会(St.Augustine's Chuurch)

この一帯には世界遺産が固まっています。

再度、黄色い建物の聖オーガスチン教会です。

1586年に建設されましたが、珍しくスペイン人の力によるものでした。

f:id:qoo-mile:20191127224901j:plain

 

オーガスチン広場(St.Augustine's Square)

で、その前に広がる広場です。

オーガスティン教会とドン・ペドロ5世劇場、聖ヨゼフ修道院及び聖堂、ロバート・ホー・トン図書館という4つの世界遺産に面した広場ですがそれほど大きくはないので、広場と気が付きませんでした。

 

まとめ

マカオ世界遺産、弾丸巡礼。

10/30を終えましたが、中華からポルトガルと東西の異なる文化を短時間で体験できました。

ここまではそれほど、観光客も多くなく、ゆったりと見物でき,ここまで費やした時間は1時間半。

驚いたのはどこも入観料を取らないこと。

速足で端折りまくりは否めませんが、頭に残る遺産群でした。

次回はマカオ世界遺産、中盤戦をご報告します。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site