くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。

【マカオ旅行記、その2】世界遺産30ヵ所を一気に巡礼、ポルトガル文化にどっぷり浸かれます

こんにちは、くうの親父です。

中国・深圳での女子テニス、WTAファイナルズ観戦のあとに香港から変更して寄った、マカオ

媽閣廟(マコ-ミュウ)から世界遺産の歴史地区の散策をスタート。

中華とポルトガルの建物、広場を簡単に徒歩で周れて、東西の文化を感じることができます。

駆け足でしたが少しでも雰囲気が伝えられればと思います。

 

 

マカオの歴史

世界遺産巡りの前に軽く、マカオの歴史をおさらいします。

1513年 ポルトガルが中国に初渡来、明との交易をスタート

1557年 ポルトガルマカオに居留権を獲得も領有権は明に

1887年 ポルトガルに正式割譲され領土に

1966年 マカオ暴動に発し、中華人民共和国の影響力が絶対に

1979年 ポルトガル・中国間に国交樹立

1987年 マカオ返還共同声明

1999円 マカオ変換され中国の特別行政区

マカオへのポルトガルの入り込み方はソフトで離れ方もポルトガルが随分前から興味を失い、中国が入り込んでいたので香港返還と比べてスムースでした。

ほとんど広東語が話されることがそれを証明していて、隣の揉めている香港とは事情が違うようです。

 

30ヵ所の世界遺産が徒歩で周れます

2005年、22の建造物、8の広場が歴史地区として中国における31番目のユネスコ世界遺産に登録されました。

元々、マカオ自体が広くないところでこれらの世界遺産は半島の狭いところに集中しているので、基本的に徒歩で観て周ることが可能です(少々、蒸し暑いですが)。

ポルトガルと中国他、東西文化が交わった、独特の世界となっており、マカオに行ったら絶対に訪れたい、とてもフォトジェニックな世界遺産のオンパレードです。

 

【11.ロバート・ホー・トン図書館~20.慮家屋敷まで】

 

観光客が路地溢れんばかりに増えてきます

ロバート・ホー・トン図書館(Sir Robert Ho Tung Library)

オーガスチン広場のすぐ近くに淡いオレンジ色のロバート・ホー・トン図書館が。古くは私邸でしたが現在はマカオ最大の図書館になります。

f:id:qoo-mile:20191129124345j:plain

 

民生總署(Leal Senado)

数分歩くと新馬の大通りに。

中国式の廟の三街會館(Sam Kai Vui Kun)がこのあたりに見つからず、民政總署へ。

ポルトガル統治時代にマカオ政治を掌った役所です。

f:id:qoo-mile:20191129124420j:plain

 

中に入るとおしゃれな洋風中庭があり、一息つくことができます。

f:id:qoo-mile:20191130061218j:plain

 

セナド広場(Senado Square)、仁慈堂(Holy House of Mercy)

新馬路を渡るとマカオ観光の拠点とも言えるセナド広場が広がっています。

パステルカラーのヨーロッパ風の建物が広場を囲んでおり、中国にいることを忘れてしまいます。

その中でも純白で映えているのが任慈堂(写真右)です。

こちらはポルトガルのレオノール女王が作った事前福祉団体のことですが、現在は公証役場となっています。

f:id:qoo-mile:20191129124447j:plain

 

路面には石畳が張り巡らされ、様々な模様が施されています。

f:id:qoo-mile:20191129124441j:plain

 

広場の中央に広場の雰囲気に合った、サイケなMINIが展示されていました。

f:id:qoo-mile:20191129124511j:plain

 

聖ドミニコ教会(St.Dominic's Church)

セナド広場を奥に進むとクリームイエローの建物に緑の美しいドアが特徴的な聖ドミニコ教会にたどり着きます。

別名バラ教会とも呼ばれ、1587年にメキシコのドミニコ会の宣教師によって建てられました。

f:id:qoo-mile:20191129124525j:plain

 

聖ドミニコ広場(St.Dominic's Square)

で、その前が波形の石畳が広がる広場になっています。

f:id:qoo-mile:20191130092442j:plain

 

カテドラル(大堂、Cathedral)

聖ドミニコ広場から少し離れたところにあるのが、カトリック布教の拠点のカテドラルです。

これは1576年に建てられた歴史ある建物で、元は木造でしたが、台風などで起こった劣化に伴い1849年と1937年に改修が行われ現在の姿になりました。

f:id:qoo-mile:20191129124558j:plain

 

カテドラル広場(Cathedral Square)

その前にはポルトガル式タイルのアズレージョが壁に敷き詰められた広場が。

中央に噴水、周りにベンチと人々の憩いの場となっています。

f:id:qoo-mile:20191129124543j:plain

 

タイルの装飾がどこも美しく、ポルトガル人のセンスの良さが感じられます。

f:id:qoo-mile:20191130093542j:plain
f:id:qoo-mile:20191129124606j:plain


 

マカオと言ったらエッグタルトでしょ

この辺りにに来るとショップ、レストランなどが軒を並べ、観光客の数もピークとなります。

まるで原宿の竹下通りのようです。

f:id:qoo-mile:20191129124624j:plain

 

ただ、景観は西洋風の建物も多く、路面は石畳やタイル敷きが続きます。

雨のときは滑りそうですが。

f:id:qoo-mile:20191129124635j:plain

 

いたるところ、店頭のショーウインドウに並んでいるのがマカオ名物のエッグタルトです。

元はポルトガルのお菓子のパステル・デ・ナタがマカオで広まり、定番スイーツとなったものです。

f:id:qoo-mile:20191129124645j:plain

 

道行く人、道行くが手にしているので朝食から何も食べていなかったので我慢できず買ってしまいました。

何層にもなってるタルトの上にカスタードクリームがのり、香ばしく焼き上げています。

それほど甘くなく、クセもありません。

有名なお店もあるようですが、行き当たりばったりでも美味しかったです。

f:id:qoo-mile:20191129124700j:plain
 

まとめ

次に商人の豪邸の「盧家屋敷 (CasadeLoukau)を訪れましたが写真は忘れました

 

マカオ世界遺産、弾丸巡礼。

 セナド広場からは観光客も増えてまっすぐに道を歩けないくらいに。

でも、次から次へと世界遺産が現れ、見どころ豊富です。

次回は歴史地区のクライマックス、有名な聖ポール天主堂跡からレポートします。

f:id:qoo-mile:20191130094702j:plain

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。  

ましたら、下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

www.qoo-mile.site 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site