くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【2015 イタリア&ロンドン 旅行記】フィレンツェ観光2日目、時間も河もゆったり流れるフィレンツェも見納めです

こんにちは、くうの親父です。

ブログのネタ不足から遠い昔の旅行記をアップ。

第二弾はイタリア&ロンドン+ウィンブルドン観戦記。

現地3日目、午前中の「花の都」フィレンツェ観光を終え、有名なピサの斜塔に向かいます。 

 

2015 イタリア&ロンドン 旅行記

その1 「ローマは一日にして成らず」、は見どころ満載で「ローマ観光は一日では足らず」

その2 フィレンツェ観光1日目、「花の都」でルネッサンスを感じる

その3 ピザの斜塔は斜めすぎて観覧人数に制限が有るのか

その4 フィレンツェ観光2日目、時間も河もゆったり流れるフィレンツェも見納めです◀今回はここです

その5 ヴェネツィア観光1日目、水の都でゴンドラに揺られました

その6 ヴェネツィア観光2日目、サンマルコ広場でアドリア海の女王を実感

その7 ミラノに行ったら、最後の晩餐は必ず

その8 ウィンブルドン、センターコートチケットをウィンブルドンキューでゲット

その9 開発目まぐるしい、10年ぶりのロンドン

記憶との戦いが続くな、親父

 

 

ミケランジェロ広場からのフィレンツェの眺望

イタリア4日目。

昼過ぎまでフィレンツェ観光してそのあとはヴェネツィアに向かいます。

 

まずはミケランジェロ広場に向かいます。

ホテルからは歩いて30分ちょっとで行けますが、12番のバスで行くことに。

f:id:qoo-mile:20200605183348p:plain

(出所 Google map)

 

フィレンツェ・サンタ・マリア・ノベッラが駅から出発していますが、ホテルの近くのイル・プラト・バルベッティ(Il Prato Barbetti)から乗車しました。

切符は近くのタバコ屋(タバッキ=Tabacchi)で1.2ユーロで購入。

さほど待たずにバスは来ました。

f:id:qoo-mile:20200605141755j:plain

 

アルノ川(Aruno)を渡り、住宅街を抜け丘を登って行き、30分くらいで到着。

おなじみ、ミケランジェロ作の銅製のダビデ像(コピー)がお出迎えしてくれました。

f:id:qoo-mile:20200605141843j:plain

 

人の大勢いる方に向かうと絶景が。

花の聖母協会ドゥーモ、ジェットの鐘楼、ヴェッキオ宮殿、そしてオレンジ色の屋根のフィレンツェの街並みが山をバックに広がります。

また、薄い筋雲の空に飛行機雲が数本。

遠出(わずか、30分ですが)して来て大正解です。

f:id:qoo-mile:20200605141826j:plain



サン・ニッコロ門(Porta San Niccolo)

ミケランジェロ広場を下って行くとすぐに。

1324年に建造された、フィレンツェを防御する壁・門の一部です。

f:id:qoo-mile:20200605142019j:plain

高い空、山並み「青」と街オレンジ」のコントラストが最高だね

 

ヴェッキオ橋はさながら浅草仲見世のよう

アルノ川沿いを歩いていくとヴェッキオ橋が見えてきます。

ヴェッキオはイタリア語で「古い」を表し、ヴェッキオ橋はフィレンツェで最も古い橋になります。

最初に出来たのが中世以前、洪水で流され1345年に再建されました。

f:id:qoo-mile:20200606164042j:plain

 

向こう岸に渡る前に橋のたもとにある、ジェラート屋さんで一休み。

さすが本場、どれも美味しそうで種類も豊富です。

f:id:qoo-mile:20200606164057j:plain

 

観光地価格か、これで1,200円位しました。

f:id:qoo-mile:20200606165141j:plain

 

では、渡橋します。

橋の通りの両側には商店がびっしりと並んでいます。

で、この外側はアパートになっていて住人がいるらしいです。

f:id:qoo-mile:20200606164155j:plain
f:id:qoo-mile:20200606164142j:plain

 

中でも宝石店の数が多かったですね。

話によると昔は肉屋とか皮屋が多かったらしいですが、時の国王が臭いを嫌って退去させたとのこと。

戦時中はドイツのヒトラーもここを渡ったそうです。

f:id:qoo-mile:20200606164205j:plain

橋の上に商店やアパートとは日本では見れない光景だね

 

レプッブリカ広場のジッリで一服

密なヴェッキオ橋からフィレンツェの中心部に入って行きます。

やはり、街全体がコンパクトですので徒歩で行き来が出来て便利さを実感します。

 

今日もご覧のように快晴。

新市場のロッジアの土産物屋をひやかしながら足を進めます。

 

暑さに耐えられず、途中のレプッブリカ(共和国)広場で休憩。

f:id:qoo-mile:20200606202457j:plain

 

入ったのは1733年創業の老舗カフェのジッリ(Gilli)

建物の中ではなく、前のテラスで。

といっても、エアコンの効いた完全にガッチリしたスペースになっていました。

f:id:qoo-mile:20200606202538j:plain

ヨーロッパの街にはどこにも素敵な広場が有るね

 

メディチ家礼拝堂で厳かに

3、40分涼んでフィレンツェの最後の目的地、メディチ家礼拝堂に向かいます。

 

ルネッサンス時代に繁栄を極めたメディチ家の礼拝堂(=墓所)のわりにはメディチ家菩提寺のサン・ロレンツェ教会の裏手の地味な建物になります。

 

でも、観光客は多く、必見な場所ということは察知出来ます。

君主の礼拝堂に入ると、改修中ではありましたが壁、天井、床と色とりどりの大理石、貴石に包まれメディチ家の権威を感じられます。

f:id:qoo-mile:20200606203533j:plain
f:id:qoo-mile:20200606203543j:plain

 

礼拝堂は17世紀、メディチ家の勢いが既に下向きになってが建造を開始。

壁面の墓碑には王コジモ1世からコジモ3世まで、6人の歴代トスカーナ公が埋葬されていますが財政的な理由で完成には結局、至らず。

墓碑の上部には縦長の半楕円形のスペース(壁龕)があり、大公像が飾られる予定ですが、4人の大公は飾られぬままに。

下はガリレオガリレイの最初のパトロンとなったコジモ2世(1590~1621)の大公像です。

f:id:qoo-mile:20200606203520j:plain

 

そして床にはメディチ家の紋章のタイル細工が。

f:id:qoo-mile:20200606203543j:plain

華麗な堂内にメディチ家の隆盛を示しながらも未完成に寂しさも。

メディチ家の栄枯盛衰を感じました。

メディチ家礼拝堂はミケランジェロの新聖具室も有名なんだけど…

 

まとめ 

フィレンツェ市内観光2日目。

1日目ほど賑わっていない見どころですので街並みを見ながらゆっくりと周れます。

2日間を通してフィレンツェがいかに栄えて、その中心のメディチ家が政治、経済、文化でどれほど重要な役割を担っていたのかを感じました。

また、街の雰囲気もローマのように忙しくなく、逆にゆったりと時間が流れる、素敵な街でした。

 

次回は「水の都」ヴェネツィアをお送りします。

 

本日も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村  

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site 

www.qoo-mile.site 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site