くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【2015 イタリア&ロンドン 旅行記】ヴェネツィア観光1日目、水の都でゴンドラに揺られました

こんにちは、くうの親父です。

記憶を呼び起こしながらの旅行記

第二弾はイタリア&ロンドン+ウィンブルドン観戦記。

現地4日目、午前中の「花の都」フィレンツェ観光を終え、水の都、ヴェネツィアに入りました。

 

2015 イタリア&ロンドン 旅行記

その1 「ローマは一日にして成らず」、は見どころ満載で「ローマ観光は一日では足らず」

その2 フィレンツェ観光1日目、「花の都」でルネッサンスを感じる

その3 ピザの斜塔は斜めすぎて観覧人数に制限が有るのか

その4 フィレンツェ観光2日目、時間も河もゆったり流れるフィレンツェも見納めです

その5 ヴェネツィア観光1日目、水の都でゴンドラに揺られました ◀今回はここです

その6 ヴェネツィア観光2日目、サンマルコ広場でアドリア海の女王を実感

その7 ミラノに行ったら、最後の晩餐は必ず

その8 ウィンブルドン、センターコートチケットをウィンブルドンキューでゲット

その9 開発目まぐるしい、10年ぶりのロンドン

親父の頭の運動には昔のことを思い出すのはいいね

 

 

本当に水の都でビックリ

フレッチャルジェント(銀の矢)であっという間に

 フィレンツェからヴェネツィアへは鉄道で約330㎞。

 

ここはトレニタリアフレッチャルジェント(FRECCIRGENTO=銀の矢、最高速度250㎞/h)に乗車しました。

f:id:qoo-mile:20200608161223p:plain

(出所 トレタニアHP)

 

フィレンツェまでは2時間14分なので最後に4㎞の長さのリベルタ橋を渡り、あっという間にヴェネツィア・サンタ・ルチア駅に到着しました。

橋を渡ると終着駅というのも水の都っぽいです。

因みにこのサンタルチアは有名なナポリ民謡からではなく、この場所にあったサンタ・ルチア教会から命名とのこと)

 

Fureccirgento9426 フィレンツェ(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅) 14:30発 >ヴェネツィア(サンタ・ルチア駅) 16:44着

イタリア国内の移動は高速列車が便利、早期予約で半額以下も

 

水上バス、ヴァポレットでカナル・グランデに揺られる

ヴェネツィア本島の面積はわずか5.17㎢と千代田区の半分弱。

島内の道は路地ばかりで自動車、自転車の利用は出来ません。

主な足はヴァポレットと呼ばれる水上バスと徒歩になります。

 

サンタ・ルチア駅前がすぐにカナル・グランデ(大運河)になっいてヴァポレット乗り場が。

f:id:qoo-mile:20200608162102j:plain


ホテルへはこのヴァポレットで向かいますので、まずは7ユーロの1回券を購入。

乗り場でヴァポレットを待っているとモーターボートが行き交います。

こちらはメーター制で初乗り13ユーロ、60秒ごとに1.80ユーロ加算とホテルに直接、着けてくれますがお高いです。

f:id:qoo-mile:20200608162107j:plain

 

出発して20分でCa' d' Oroのバス停に到着。

そこから歩いて3分の近さですが、駅から歩いても17分とのことです。

出航してすぐに、1932年に完成したスカルツィ橋をくぐります。

f:id:qoo-mile:20200608162237j:plain

ヴァポレットは庶民、観光客の欠かせぬ足なんだ

 

ヴェネツィアのホテルは小規模もどれも個性的です

ヴェネツィアでの宿泊はホテル フォスカリ パレス

もちろん、カナル・グランデ沿いでヴァポレットからも見えます。

f:id:qoo-mile:20200611071253j:plain

 

3階建ての全室23室とこじんまりとしたホテルですが、中身は濃いです。 

 

【ホテル概要】

ホテル フォスカリ パレス

(Hotel Foscari Palace)

Campo Santa Sofia, 4200/1/2, カンナレージョ, ベネチア, イタリア, 30121 

チェックイン 14:00~、チェックアウト ~11:00

 

ロビーはピンクのソファが数セット。

日差しも入り、明るい感じです。

f:id:qoo-mile:20200608211535j:plain

 

カナル・グランデ側に続く廊下を出るとテラスとホテル専用の桟橋が。

f:id:qoo-mile:20200608211726j:plain
f:id:qoo-mile:20200608211825j:plain

 

カナル・グランデを遠くまで見渡せます。

f:id:qoo-mile:20200608211808j:plain

 

階段を上がって部屋へ。

f:id:qoo-mile:20200608212058j:plain

 

決して広くはありませんが、センスの良いインテリアの部屋と最新の機能を備えたバス・スペースで十分納得です。

f:id:qoo-mile:20200608212102j:plain
f:id:qoo-mile:20200608212110j:plain

そんなに高くなかったのにおしゃれなホテルだね

 

夕暮れのサンマルコ広場へ 

時間は既に18時を回っていますが、このころのヴェネツィアの日没時間は21時ですのでまだまだ、動きます。

再び、ヴァポレットに乗船してサン・マルコ広場に向かいます。

 

出航して間もなく、右手にフィレンツェ市民の台所、リアルト市場が見えてきます。

赤色のビニールで西日を避けてますね。

f:id:qoo-mile:20200608162308j:plain

 

しばらく、進み、サン・マルコ運河に出る手前でサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会に。

1629年にヴェネツィア市民の3分の1の命を奪った黒死病に端を発して建設されました。

真っ白のクーポラが運河の反射光と太陽に照らされ、輝いています。

f:id:qoo-mile:20200608213210j:plain

 

間もなく、San Marcoのバス停に到着。

対岸にサン・ジョルジョ・マッジョーレ島が見えます。

手前の白いファザードが美しいのがサン・ジョルジョ・マジョーレ教会で17世紀に完成しました。

左には鐘楼が、眺めは格別との評判です。

f:id:qoo-mile:20200608213202j:plain

 

そのまま、王の庭園横の土産物屋が並ぶ、バザールを右手に進みます。

f:id:qoo-mile:20200608213344j:plain

 

すると、ドゥカーレ宮殿に出ると人人人です。

こちらは9世紀にヴェネツィア共和国の政庁として建てられましたが、現在の建物は火事で焼失して15世紀に再建されたものです。

今日はスルーして、明日、内部を見学します。

f:id:qoo-mile:20200608213332j:plain

 

サン・マルコ広場に向かうと左手に鐘楼がそびえたっています。

ヴェネツィアのシンボルでラスベガス、マカオなどのヴェネツィアンにコピーが建ってますが、こちらの本物は96.8mの高さでオリジナルは16世紀、1912年に再建されました。

f:id:qoo-mile:20200609071313j:plain

 

サン・マルコ寺院はファザードの一部が改修工事中でシートが掛かっていましたが、拝観は可能でした。

こちらも明日の見学となります。

f:id:qoo-mile:20200609110016j:plain

 

さて、その鐘楼に登ります。

入場料8ユーロを支払、エレベーターに。

夕方だったからか、さほど、待たされませんでした。

 

見晴台で降りると鐘が。

実際に打鐘されるらしいので、タイミングが合っちゃったら大変です。

f:id:qoo-mile:20200609110140j:plain

 

真下にはサン・マルコ広場が全体が。

f:id:qoo-mile:20200609110122j:plain

 

南西の方向にはサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会が。

f:id:qoo-mile:20200609110103j:plain

 

南南東にはサン・ジョルジョ・マジョーレ教会鐘楼が海(運河)に浮いているように見えます。

f:id:qoo-mile:20200609110501j:plain

 

南東方向(左)と北方向も海が見え、360°海に囲まれているのがわかります。

因みにこれらは地中海ではなくアドリア海となります。

f:id:qoo-mile:20200609110052j:plain
f:id:qoo-mile:20200609110044j:plain

 

ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅の西方向は建物がびっしり詰まっています。

f:id:qoo-mile:20200609130547j:plain

ここが昨年秋に1m87㎝まで浸水したとは、水の都の宿命かな

 

路地裏のレストラン、アル・マスカロンは大賑わい

お腹が空いてきたので予約しておいたオステリア、アル・マカロン(Al Mascaron)へサン・マルコ寺院の奥の路地を入っていきます。

どの道もこんなもんですから自動車はおろか、自転車も走れませんね。

f:id:qoo-mile:20200609141540j:plain
f:id:qoo-mile:20200609141522j:plain

途中、何度も運河を渡ります。

運河もゴンドラで大混雑です。

f:id:qoo-mile:20200611071332j:plain
f:id:qoo-mile:20200609141607j:plain
f:id:qoo-mile:20200609141558j:plain


歩き始めて数分で迷わず探し当てられました。

入口には悪魔や不幸除けのマスクが。

f:id:qoo-mile:20200609141837j:plain

 

 

19時を既にだいぶ過ぎていて満席状態です。

コンパクトなスペースですが飾らぬ、リラックスできる雰囲気です。

f:id:qoo-mile:20200609141620j:plain

 

イタリア料理定番のモッツアレラサラダ。

チーズにバジリコが組み合わされ、とてもさっぱりした味でした。

f:id:qoo-mile:20200609143609j:plain

 

勧められたシーフードのグリル。

素朴ながらも新鮮がわかり、レモン、マスタードで頂きます。

f:id:qoo-mile:20200609141626j:plain

 

ほろ酔い加減でお店を後にサン・マルコ広場に戻ります。

その足で政庁前のカフェ・クアードリ(Cafe' Quadri)へ。

f:id:qoo-mile:20200609141931j:plain

 

1638年創業の老舗カフェ。建物内のスペースや2階はミシュラン一つ星レストランがありますが、夏はテラス席が夜風が気持ち良いです。

4月~10月は中央で楽団の生演奏が。

f:id:qoo-mile:20200609141924j:plain

 

ちょっとおしゃれに一服しました。

f:id:qoo-mile:20200609141941j:plain

 

すっかり、日も暮れてサン・マルコ広場も良い感じです。

f:id:qoo-mile:20200609141916j:plain

イタ飯もすっかり、板についてきたみたいだな

 

ちょっと照れましたがゴンドラに

ヴェネツィア名物と言えばゴンドラ。 

上さんと並んで座るのは気恥ずかしいものがありますが、チャレンジします。

夜間料金で基本料金が40分で100ユーロになります。

f:id:qoo-mile:20200609160822j:plain

 

この方がお世話になったゴンドリエーレ(ゴンドラ漕ぎ)のおじさん。

明るくてサービス精神旺盛でした。

f:id:qoo-mile:20200609165640j:plain

 

離岸して出航です。

f:id:qoo-mile:20200609160852j:plain

 

まずはサン・マルコ運河に出ますが波がありゴンドラ木の葉のように揺れ、泳げない親父としては怖いです。

f:id:qoo-mile:20200609160907j:plain

 

針路を東に取り、サン・マルコ寺院の裏手をを時計回りに周ります。

f:id:qoo-mile:20200609160936j:plain

 

1800年代に架けられたパリャ橋をくぐって、内陸の運河に入って行きます。

f:id:qoo-mile:20200609160923j:plain

 

すると、すぐに溜息の橋です。

ドゥカーレ宮殿から牢獄に繋がる橋でこの橋を渡ると二度とこの世には戻れない、小窓から外を見て溜息をことから命名されました。

f:id:qoo-mile:20200609161134j:plain

 

ゴンドラは細い運河をゆったりと進みますが、場所によっては90°のコーナーもあり、岸に時折、接触も。

f:id:qoo-mile:20200609161047j:plain
f:id:qoo-mile:20200609161137j:plain

 

橋の欄干が低すぎて、そのままではぶつかってしまいそうなところも。

f:id:qoo-mile:20200609170307j:plain

 

キャッキャ言ってる間にサン・マルコ運河に出ました。

すっかり、暗くなり、ライトに照らされたドゥカーレ宮殿が幻想的でとても綺麗でした。

f:id:qoo-mile:20200609160950j:plain

 

遠くにはサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会がライトアップされて見えます。

f:id:qoo-mile:20200609161102j:plain

まあ、銀婚旅行なんだからこれくらいロマンティックじゃなくちゃ

 

まとめ 

ヴェネツィア市内観光1日目。

ヴェネツィア本島へは橋を渡り、駅からホテル、ホテルからサン・マルコ広場への移動は水上バスのヴァポレット。

鐘楼からは360°海を眺め、そして宵の口にはゴンドラで運河を流し。

まさしく、水の都。数々の歴史的建造物、新鮮な魚と一緒に魅せられました。

人間は生まれる前はお母さんのお腹の中では水の中にいるので、本能的にそうなるのでしょうね。 

次回もヴェネツィア市内観光2日目ををお送りします。

 

本日も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村  

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site 

www.qoo-mile.site 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site