くうとマイルはお母さんと親父の鎹 (かすがい)

子育ても終了、仕事もピークアウト。これからの夫婦円満とボケ防止のためにのんびりと陸マイル活動をスタート。





【2015 イタリア&ロンドン 旅行記】ヴェネツィア観光2日目、サンマルコ広場でアドリア海の女王を実感

こんにちは、くうの親父です。

記憶を呼び起こしながらの旅行記

第二弾はイタリア&ロンドン+ウィンブルドン観戦記。

現地4日目、午前中の「花の都」フィレンツェ観光を終え、水の都、ヴェネツィアに入りました。

 

2015 イタリア&ロンドン 旅行記

その1 「ローマは一日にして成らず」、は見どころ満載で「ローマ観光は一日では足らず」

その2 フィレンツェ観光1日目、「花の都」でルネッサンスを感じる

その3 ピザの斜塔は斜めすぎて観覧人数に制限が有るのか

その4 フィレンツェ観光2日目、時間も河もゆったり流れるフィレンツェも見納めです

その5 ヴェネツィア観光1日目、水の都でゴンドラに揺られました 

その6 ヴェネツィア観光2日目、サンマルコ広場でアドリア海の女王を実感

◀今回はここです

その7 ミラノに行ったら、最後の晩餐は必ず

その8 ウィンブルドン、センターコートチケットをウィンブルドンキューでゲット

その9 開発目まぐるしい、10年ぶりのロンドン

しかし、よくラグーナの上にこんな街を造ったね、高潮が大変だけど

 

 

朝一でサン・マルコ広場へ

イタリア5日目の朝。

前日もハードスケジュールでしたので疲れも残っていますが、早起きして動きます。

こちらのホテルも朝食付きのプランで宿泊しましたが、そのブッフェの内容が素晴らしい。

特にヨーロッパのホテルではどこも、その彩りがとても豊かなのには感心します。

f:id:qoo-mile:20200611065003j:plain
f:id:qoo-mile:20200611064955j:plain

 

朝食を済ませ、チェックアウト。

荷物はフロントに預けていざ、出陣。

まずはヴァポレットでサン・マルコ広場に向かいます。

f:id:qoo-mile:20200611104446j:plain

 

まだ、時間が早いので船の行き来も多くありません。

朝からヴァポレットに揺られて心地良いです。

f:id:qoo-mile:20200611104552j:plain

 

サン・マルコ広場に到着。

昨夕の喧騒が嘘のように人もまばらで静まり返っています。

f:id:qoo-mile:20200611104626j:plain

 

早くに来たのは9時半からのサン・マルコ寺院(Basilica di San Marco) のオープンに間に合わせるためです。

昼間は入るのに100m以上並ぶことが有るので。

尚、現在はサン・マルコ寺院公式サイトでの事前予約も可能です。

f:id:qoo-mile:20200612095034j:plain


サン・マルコ寺院は9世紀にエジプトから運ばれた聖マルコの遺骸を納めるために建築されました。

寺院内部は数々のモザイク画や黄金の金銀宝石が散りばめられた祭壇画のパラドーロヴェネツィアの繁栄を伺えますが、残念ながら場内は撮影禁止。

服装や手荷物についても厳しい制限が有りますので注意です。

 

中央入口上の栄光のキリストと最後の審判のモザイク画だけでも。

f:id:qoo-mile:20200611142457j:plain

写真が無いのが残念だけど相当に内部は豪華なんだね

 

ドゥカーレ宮殿フィレンツェの隆盛を感じる

続けて、右隣にあるドゥカーレ宮殿(Plazzo Ducale)へ。

ヴェネツィア共和国の総督邸兼政庁として9世紀に建てられ、何度かの火災に遭い、現在の建物は15世紀のもの。

住宅、行政府、立法府、司法府、刑務所という複合機能をもったとされます。

f:id:qoo-mile:20200608213332j:plain

 

内部には大きなドーチェの中庭。

北側はサン・マルコ寺院のクーポラに接しています。

中央に見えるのはブロンズ製の井戸。

立地からして飲料水の確保は大変だったと思われます。

f:id:qoo-mile:20200611175532j:plain

 

それでは建物内部に入って行きます(順不同ですみません)

 

四つ扉の間。

重要な部屋に入る控室。

控室なのにこの装飾はなんと贅沢なんでしょう。

f:id:qoo-mile:20200611203342j:plain

 

「祈りをささげるグリマーニ総督」ティツィアーノ・ヴェチェッリオ作 ( 1575~1576年頃 )。

f:id:qoo-mile:20200611211312j:plain

 

ヴェネツィアに赴いたハインリッヒ三世」。

f:id:qoo-mile:20200611211335j:plain

 

謁見の間。

各国大使との謁見や、条約の調印などに使われた部屋です。

金色に輝く天井画はパオロ・ヴェロネーゼ作です。

f:id:qoo-mile:20200611204537j:plain

 

元老院の間。

主に外交政策・戦争に関する議論が行われました。

f:id:qoo-mile:20200611211250j:plain

 

大評議の間。

縦54m、横25m、高さ15m。

最高、評議員を2,000人まで収容したそうです。

豪華な天井画が迫力ですが、その先の壁画が。

f:id:qoo-mile:20200611212800j:plain

 

近くから観た、縦7m、横22m世界最大の油絵、ティンレット作の「天国」

その迫力に圧倒されます。

f:id:qoo-mile:20200611204420j:plain

 

投票の間。

大評議の間と長さ、高さは同じで幅が3分の2と一回り小さいですが、天井画、壁画とも黄金に輝き、負けていません。

奥には17世紀にトルコ軍を破ったフランチェスコ・モロズィーニに捧げた凱旋門が設置されています。

f:id:qoo-mile:20200611213031j:plain

 

芸術の部屋から武器庫へ。

ヴェネツィアは経済的に栄えていましたが、当然、軍事的な裏付けがあってのことでした。

f:id:qoo-mile:20200611214006j:plain

 

中世の槍や鉄鎧もありました。

f:id:qoo-mile:20200611214045j:plain
f:id:qoo-mile:20200611214026j:plain

 

当然、当時、使用されていたものでしょうから重さを感じました。

f:id:qoo-mile:20200611214203j:plain

 

宮殿から嘆きの橋で運河を渡ると牢獄になります。

f:id:qoo-mile:20200609161040j:plain

 

この広さなら雑居房だったのでしょうか。

窓もなくて外界とは完全に隔離されています。

f:id:qoo-mile:20200611220349j:plain

 

頑強な鉄格子。

網目にまでしないと脱獄されてしまうのでしょうか。

因みになんと好色、ジャコモ・カサノヴァ(1725~1798)はこの牢獄からの脱獄に成功しています。

f:id:qoo-mile:20200611220413j:plain
f:id:qoo-mile:20200611220419j:plain

ヴェネツィア共和国の中枢として機能したんだ

 

リアルト市場はヴェネツィア人の台所 

サン・マルコ広場からは路地を歩いてリアルト橋へ。

16世紀に石造り再架橋され白が川面に映えます。

f:id:qoo-mile:20200612113914p:plain

 

リアルト橋の近くにで1階に赤いシートが張ってある建物がルト市場です。

11世紀頃から続く、ヴェネツィア本島の最も古い商業地で市民の胃袋を支えてきました。

f:id:qoo-mile:20200608162308j:plain

 

色鮮やかなみずみずしい野菜たち。

f:id:qoo-mile:20200612110307j:plain

 

アドリア海で獲れたばかりの魚たち。

一般客も買い物が可能とのことです。

f:id:qoo-mile:20200612110241j:plain

 

店のお兄さんたちも元気良かったです。

どの国のお魚屋さんも一緒です。

f:id:qoo-mile:20200612110251j:plain

 

近くのお惣菜屋さんで昼食を。

ショーウィンドに美味しそうな料理が並び、好みで選びます。

店内にイート・イン・・コーナーがあり、レストランより安上り。

味も負けていませんでした。

f:id:qoo-mile:20200612172103j:plain

市場は見て回るだけでもその国、地域が感じられて飽きないね

 

まとめ 

これにて二日にわたるヴェネツィア市内観光も終了。

早朝からサン・マルコ広場に出掛け、サン・マルコ寺院、ドゥカーレ宮殿と見学し、その豪華絢爛さにアドリア海の女王と呼ばれる所以を感じました。

街並みも綺麗でコンパクト、料理も新鮮な魚料理が食べれるなど一泊二日と言わず、もう少し長く滞在したいですね。

 

次回はミラノ市内観光をお送りします。

 

本日も拙いブログを最後までお読み頂き、ありがとうございました。

下のバナーをポチっとしていただけたら、幸いです。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村  

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site 

www.qoo-mile.site 

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site

www.qoo-mile.site